× Q 翻訳訳語辞典
steady   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いつも
   
a steady geniality one radiate even with sb: (人に)対してさえいつも愛想がいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
おちつかせる
   
steady sth with both hands: 両手でおちつかせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 43
かわらない
   
be fairly steady: ほとんどかわらない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 118
きちっと仕事をする
   
be quiet and steady: 無駄口をきかずに、きちっと仕事をする オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 157
しずめる
   
get a good shot of ... to steady one’s nerves: 〜をガブ飲みして気をしずめる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 153
しっかりした
   
one’s voice was steady: しっかりした声で答えた バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 116
じっと
   
never relax its careful and steady watch on the other: 油断せずにじっと相手をうかがう 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 34
たえまなく
   
She could hear the steady idiot buzz of the open line drifting up: はずれた受話器からはむなしい信号音がたえまなく洩れてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
たしかな
   
with a very steady eye: たしかな目で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
ためらいがない
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 302
ついてはなれぬ
   
a steady note of indignation: ついてはなれぬ憤懣のひびきがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 405
つづいて
   
there is steady rain falling: しとしとと雨が降りつづいている オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 41
はっきりと
   
in sb’s eyes, there is the steady dark stare of hope: 黒い瞳の中に希望の光がはっきりと見てとれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 92
ひっきりなしに
   
a steady wind is blowing: 風がひっきりなしに吹いている ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 270
まじろぎもせぬ
   
steady eyes: まじろぎもせぬ目 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 11
またたきもせぬ
   
the steady lamplight: またたきもせぬ電燈の光 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 107
もたれる
   
steady oneself against the wall: 壁にもたれる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 80

リズミカルな
   
steady sweeping out of swh: (場所からは)リズミカルなホウキの音 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 95

一定の
   
keep a meek appearance and a steady pace: 神妙な態度と一定の歩調で進む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
押えつける
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
気分が落ち着く
   
It made him choke a bit as well as steadying him: ちょっとむせかえったがどうやら気分は落ち着いた レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 50
狂いのない
   
have a real steady hand: 手元にぜんぜん狂いのないやつだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 433
姿勢をととのえる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 450
支える
   
steady oneself: 身を支える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 47
次第に
   
the steady encroachment of oyster bed over the rock: 牡蠣が岩の上に次第に繁殖していく有様 リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 76
信頼できる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 178
絶え間ない
   
steady work: 絶え間ない仕事 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
a steady rumble: 絶えまない轟音 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 315
足を踏ん張る
   
steady oneself against the uneven roll of the deck: 不規則に動揺する甲板に足を踏ん張る リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 168
動じない
   
steady gaze rested on ...: 動じない目がじっと〜に注がれる レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 245
平静な
   
keep one’s voice steady: 平静な声を出す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
方向をととのえる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 354
落ちつける
   
steady oneself: 気持ちを落ちつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
落ち着ける
   
steady one’s nerves: 気を落ち着ける ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 370
力強く
   
grow increasingly firmer, steadier, more thankful and heartfelt: それでもますます確乎として、力強く、感謝と誠意をいっそうこめて ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 264

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

steady sb: 〜の気をとりなおさせる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 320
steady sb: (人を)ささえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
steady rhythmic click: リズミカルな音
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
steady oneself: かまえなおす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 54
steady oneself: よろめく足を踏みこたえる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 148
steady oneself: バランスをとる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 99
steady oneself: 身をささえる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 234
steady oneself: 落ち着きを取り戻す
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 149
steady on: あまり調子づかないでくれ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263
steady on: こら
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 12
steady down now: ちょっと待ってくれ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 297
sb’s steady concentration: (人の)集中した顔つき
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
one’s steadying hand: ささえる手
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
let’s go steady: ばっちりやろう
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 188
be still steady: いまだにとぎれず続いている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 213
be steady: 揺るがない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 478
a steady job: 定職
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 327
a steady customer: お得意さん
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 29
with one’s erect carriage and steady stride: 背筋をぴんと伸ばし堂々と歩く
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 137
walk on in a steady and set silence: むっつり黙り込んだまま、道を急ぐ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 126
walk among the terrors with a steady head: あの昂然として、恐怖のまっただ中を歩む
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 171
under sb’s steady gaze: (人は)いつまでも凝視するのをやめない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 94
try to keep one’s voice steady: ともすれば声が上ずりがちだ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 229
the steady concussion of fastballs coming in 160-odd mph: 二七○キロを超える剛速球の衝撃
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 209
steady oneself for the worst: 最悪の事態を覚悟する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
steady oneself against ...: 〜に両足をふんばる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
steady drumming of the rain: 降りしきる雨音
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 441
steady and accelerating advance of the multifarious ways of ...: 〜が着々と進行している
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 89
receive a steady flow of letters from around ...: (場所)各地から手紙をどっさり受け取り続ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
keep up a steady stream of small talk: 取りとめのないはなしをしている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
in a steady rain: 降りしきる雨の中
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 543
hold the aircraft rock steady: 機体をこゆるぎもさせない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
have never had a steady job: 一度も定職を持ったことがない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
have especially cultivated a calm, steady manner: わざとのようにゆるやかなものいいだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 9
have a steady supply of ...: 〜にはこと欠かない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 85
drop in a steady rain: 雨のように落ちる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 19
drop a steady barrage of objects: いろいろなものをつぎつぎと集中投下する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
caress ... with a finger which is not quite steady: ともすればふるえがちな指で〜を撫でる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
be in a steady decline: 衰微の一途を辿るだけだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 195
be cool and steady: 冷静沈着になる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 260
at a steady rate: スピードにむらのない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 184
a strong and steady buzz of bewilderment: 当惑を隠せないひそひそ声は根強くつづいていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
a steady walking gait: いかにも歩きつけたあしどり
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 38
a steady drumroll of ...: 増加の一途をたどる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 6
It was also steady work: これまた絶え間ない仕事でもあった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
certainly esteem oneself a steady reasonable kind of body: 自分でも相当しっかりした理屈のわかる人間と思っている
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 69
be colorless, steady subdued: 淡々として、落ち着いていて、控え目だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 142
steady on course: 針路をたてなおす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
the steady monotonous beating of her heart exasperates her: 自分の心臓の揺るぎない鼓動が癪に触る
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 180
If the flow was steady enough, Stern could satisfy his rent of $35 a month: 仕事が着実にありさえすれば、月三十五ドルの家賃が払えるというものだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 227
The hand groped forward, he clutched at a steam pipe as if to steady himself: その手が前方におよぎ、彼は身をささえるかのようにそばのスチーム・パイプをつかんだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 234
Her Swiss German had a steady note of indignation;: そのスイス・ドイツ語には、ついてはなれぬ憤懣のひびきがあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 405
be not steady than ...: おさおさ〜にも劣らぬほどしっかりしたものだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 182
in steady quiet tears: 声を殺して涙を流している
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 318