× Q 翻訳訳語辞典
own   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜なりの
   
have one’s own agenda: 自分なりの行動律をもつ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 300
(人)なりの
   
have one’s own agenda: (人には人)なりの計画がある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 387
(人)一流の
   
work out one’s own little methods of thought: (人)一流の下らん思考法を考え出す ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 105

ある
   
own some woods and a few fields: 山と田地が少しあるぎりだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
おのが
   
own destruction: おのが破壊 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 343
ご当人の
   
betray one’s own intelligence and grace with the remarks: (人の)口にした台詞はご当人の知性と品性を疑わせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 523
しようの
   
one’s own canal: 私用の用水路 ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 28
その
   
reach one’s own absorptive limits: その吸収力の限界に達する ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 13
それぞれまったく異なる
   
A and B stand on their own plateau: AとBはそれぞれまったく異なる基盤に立っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
それ自体
   
take its own mental toll: それ自体が精神的な影響をもたらす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 250
だけ
   
stand in its own clearing: 〜が、そこだけ切りひらいた空地に建っている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
てめえの
   
mind your own business: てめえのことに精出しなよ 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 15
ほかならぬ
   
reach sb’s own family: ほかならぬ(人の)家に届けられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 35
みずから
   
have one’s own ideas about ...: 〜に関してみずから一家言もっている オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 62
みとめる
   
own up that one made a mistake: (人が)わるかったということは自分からみとめる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 151
めいめい
   
build one’s own specials: めいめい好きに飲み物を調合する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
もつ
   
don’t pay fair market value for all the property one own: いまもってる不動産は、すべて相場以下の値段で手に入れてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
もともとは(人)自身がいいだした
   
sb’s own idea: もともとは(人)自身がいいだした案 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232

個人的な
   
a man with his own troubles: 個人的な悩みをかかえた男 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
孤軍奮闘
   
struggle on one’s own: 孤軍奮闘する トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 22
己が
   
insist on one’s own freedom: 己が自由を主張する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 98
使っている
   
make a flight from the trouble, in one’s own cook’s dress: 今度の騒ぎで、使っているコックの服を着て、辛うじて逃げ出す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
思い思いの
   
head in his or her own direction: 思い思いの方向に進む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
持ち前の
   
be your own charming self: 持ち前の魅力を発揮しろ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 246
   
one’s own palace guard: 自陣営 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
自らの
   
head irrevocably towards one’s own death: 自らの死に向かってもはや引き返せぬ道を行く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 167
become over-confident about one’s own strength: 自らの力を過信するに至る 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 178
自家薬籠中のもの
   
make sth one’s own: 自家薬籠中のものにする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 86
自身の
   
one’s own integrity: 自身の潔白 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
be only proof of one’s own immaturity: (人)自身の未成の証拠にこそなれ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 81
自前
   
My boys had to bring their own damn toilet paper: おかげで、おれの部下は便所の紙まで自前のを持っていかにゃならん デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 214
自前の
   
never had one’s own sth before: 自前の〜を持ったのは生まれてはじめてだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 78
bring in one’s own stuff under one’s coats: コートの下に自前の酒をしのばせて持ってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
自然な
   
advance at one’s own pace: 自然なペースで進む オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 51
自宅の
   
pull into one’s own driveway: 自宅の私道に車を乗り入れる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
自分
   
people who have had experiences like one’s own: 自分と似た経歴の主 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
on one’s own: 自分で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
自分たちだけ
   
eat at one’s own isolated table: 自分たちだけ離れた席で食べる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
自分で
   
forget what one is told in answer to one’s own questions: 自分で質問して置きながら(人の)説明を忘れる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
自分でも
   
realise one’s own absurdity: 自分でもおかしいと思う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
自分なりに
   
be taking one’s own step into ...: 〜へ自分なりに一歩踏み込もうとしている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
自分なりの
   
develop one’s own inner pictures of ...: 自分なりの〜のイメージをつくりあげる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 35
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
自分の
   
whack one’s own people: 自分の身内を殺す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 257
some rudimentary personal security of one’s own: 自分の基本的な安寧 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
slight one’s own beauty: 自分の美しさを等閑にする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
sb’s own lack of training: 自分の修養が足りない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 215
Ms Mind Your Own Personal Business: ミズ詮索好きめ、自分のことだけかまってろ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
meet the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs: 将来の世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく現在のニーズをみたす ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
live one’s life in accordance with one’s own free will: 自分の自由意志で人生を生きている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
force sb to share one’s own destiny: (人を)自分の運命の犠牲にする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
fight back one’s own tears: 自分の涙をけんめいに押しとどめる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
consider her as one of his own people: (人を)自分の片割れと思う 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 102
cannot run one’s own operation: 自分で自分の商売をやれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 255
be so busy talking about one’s own troubles that ...: 自分の事に一切を集中しているから〜だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 227
be dressing in accordance with one’s own net worth: 自分の地に合った服装だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 158
be brought home to one through one’s own personal experience: 自分の個人的体験から思い至る 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
achieve one’s own ends: 自分の欲望を達する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
自分のところの
   
one’s own concierge: 自分のところの管理人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
自分の持ち物
   
can’t even call ... one’s own: (物)は自分の持ち物ですらない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 153
自分の立場
   
hold one’s own: 自分の立場を固持する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
   
own sth: 〜の主 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 320
手なづける
   
everybody owns sb: だれかれに手なづけられている ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 107
手にかかる
   
to a large extent sb be one’s own creation: (人と)いう人間の大半はこの自分の手にかかる創造物なのだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 89
手持ちの
   
accommodate ... to the landscape of one’s own memory: 〜を自分の手持ちの記憶にはめ込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
所有する
   
own simply sth: 〜を所有する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
乗っ取る
   
own ...: 〜を乗っ取る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 70
占めている
   
own a big hunk of sth: 〜の大きな部分を占めている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 146
専用の
   
own table: 専用のテーブル ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
束縛する
   
<例文なし> マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 229
地所を保有する
   
own a very large chunk of ...: 〜にかなりの地所を保有する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
直属
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
同じ
   
inform a client company about ... in its own industry: クライアントに同じ業界の〜を紹介する ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 22
得意の
   
in one’s own oleaginous way: 得意の弁舌をふるって トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
独自の
   
have a flair all one’s own: (人に)はたしかに独自の才能がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 244
独特の
   
smile in an allusive way, reflecting one’s own inscrutability: 独特のなぞめいた表情でかすかな笑いを浮かべる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 345
   
one’s own name of ...: 〜という本名 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
本心を白状する
   
And yet I should have dearly liked, I own to have touched her lips;: しかも、本心を白状すれば、私はたまらなくあの唇に触れたかったのだ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 64
練り上げた
   
present in a systematic manner one’s own ideas: 練り上げた思想を系統的にまとめる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 66
Tweet