× Q 翻訳訳語辞典
loneliness   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
さみしさ
   
one’s loneliness be so intense that one is half-mad with it: あまりのさみしさに(人は)気が狂いそうになる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
ひとりぼっち
   
at the thought of her loneliness: ひとりぼっちなんだと思うと ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 91

一人
   
think of one’s own loneliness: 一人で一人を見つめる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
sb’s experience of sorrow and loneliness: 一人でさびしく生きてきた(人の)身の上 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
孤独
   
sweeten loneliness: 孤独を温め合う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
sb’s loneliness: (人の)孤独な人となり ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
a clarifying loneliness: だんだんはっきりしてくる孤独 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
孤独感
   
the loneliness one feel becomes even more acute: 孤独感はひときわつのる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 292
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 454
寂しさ
   
polar tug of loneliness: 寂しさの発する磁力 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
寂寞
   
the gloom and the loneliness of old age: 老いの厭世と寂寞 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 77
淋しい
   
live with one’s loneliness quietly: 淋しくても動かずにいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 23
experience loneliness terrible: 淋しくって仕方がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
侘しさ
   
sb’s loneliness seems to grip sb’s whole body: 侘しさが( 人の) 身体に食い込むような感じがする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 219

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sadness and loneliness of one’s life: 辛い悲しい気持ち
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 13
be not from loneliness certainly: 孤独だから、というのは論外だ
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 85
used to complain of loneliness: 寂しいというのが悩みの種だった
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 39
cry from debasement and loneliness: わが身の堕落と孤独に泣く
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 208
feel none of the gloom and the loneliness of old age: 老いの厭世と寂寞におそわれない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 77
all the fear and the loneliness and the longing go out of sb: もろもろの不安と孤独と渇望が霧散する
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 233
feel only a great loneliness and a great fear: ただ底知れぬ孤独と不安を感じているだけだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 232
hang on to such torments as sadness and loneliness: 悲しいとか寂しいとかいって悩んでいる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 115
suddenly be hit by indescribable loneliness: 言いようのない寂しさにおそわれる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 87
look at sb as though to measure the loneliness of sb: (人の)孤独を測る目つきになる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
the moldy smell of one’s loneliness: 不潔で陰湿な孤独の匂い
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 127
sb’s loneliness is of position only: (人の)孤独はひとえに地位の高さのためだ
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 195
this kind of terrible loneliness: こんな凄じい淋しさ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 158
Tweet