× Q 翻訳訳語辞典
grief   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かなしみ
   
push back the rage and sorrow and grief for ...: 〜のくやしと悲しみを忘れさせてくれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 96

哀しみ
   
some of the shock and grief have worn off: ショックと哀しみがいくぶんかは薄らぐ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 294
暗い
   
bear a lot of grief and nastiness: 暗い、いじけた性格だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
顔をつぶす
   
save sb grief: (人の)顔をつぶさんようにする エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 72
後悔
   
come to substantial grief: かなり後悔することになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 127
煮え湯
   
give sb grief: (人に)煮え湯を飲ませる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 57
心がうずく
   
He looked at Gaunt with a hurt so deep it was grief: 深く傷つけられて心がうずいている--そんな眼で、彼はゴーントを見た スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
嘆き
   
grief or no grief sb mean to have the truth: その嘆きの深さにもかかわらず(人が)本気で真相を知りたがっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
恥の部分
   
Mostyn is our grief Smiley decided arbitrarily: モスティンはわれわれの恥の部分だ、と彼は勝手にきめつけた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 61
悩み事
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 5
破滅
   
bring sb to grief: (人を)破滅させる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
悲しい
   
fall a groaning with Grief and Pain: 悲しいやら痛いやら、ウンウン唸りはじめる スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 18
悲しみ
   
you have to deal with your grief: 悲しみも乗り越えなきゃならんぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
with that instant look of terror and grief: (人の)目に恐怖と悲しみの色が一瞬うかがえる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
feel grief and anger, and deep and painful humiliation: 怒りと悲しみと、苦痛に満ちた深い恥辱を感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478
break down in a crushed, insatiable grief: どうにもならないほどの激しい悲しみに沈みこむ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 586
be immobilized by grief: 悲しみでぐったりする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
悲しみよう
   
sb’s grief isn’t right: 悲しみようがさほどでない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 215
悲哀
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 288
悲嘆
   
it is the voice of grief: 声は悲嘆のひびきを帯びている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
a lot of pining and precious little grief: たっぷりの恋わずらいと、ほんのちょっぴりの悲嘆のブレンドだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
悲嘆という気分
   
owe more grief: 悲嘆という気分を清算できていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
悲痛な思い
   
suddenly the old grief rises up and folds sb in its gray embrace: 心の底に長く眠っていた悲痛な思いが、おぼろげな形をとって(人を)つつみこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
面倒
   
get a lot of grief: 面倒臭い 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 134
露骨にぎくしゃくしたもの
   
there is nothing but interagency grief: 二つの組織の関係は露骨にぎくしゃくしたものになっている エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 21

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

good grief: 弱ったな
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 119
in fury and grief cry out ...: 歯を食いしばって〜と怒鳴りつける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 271
how sb handled one’s grief: 悲しみのどん底で〜の取った行動
greet sb with an appropriate look of grief: 殊勝な面持ちで、(人に)一礼する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
feel sb’s grief as if it were one’s own: 自分も胸が一杯になる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 332
cause sb no grief: 格別恨む風もない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 122
be grief-stricken and angry: 憂憤する
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 178
the author of sb’s grief: (人の)悲しみを生んだ相手
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 435
Because grief is too real: だって、悲嘆っていうのはあまりにも生々しいからな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
hopeless, choking grief: 絶望と悲しみにうちひしがれた嗚咽
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 369
deal with grief: 悲しみに向き合う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 112
demanding grief: 押しつけがましい悲哀
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 14
enjoy one’s luxury of grief uncomforted: 慰めてなどもらわずに思いきり悲しみにひたる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 363
the full horrible weight of sb’s grief falls on sb: (人の)悲嘆をずっしりと受けとめる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 52
feel sick with grief: 悲しみに胸が張り裂けそうだ
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 79
be truly grief-stricken: 悲しみに沈みこむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 341
I don't know how I would handle my grief in similar circumstances: 同じ立場に置かれたら、わたしはその悲しみにどう対処するだろうか
some new incision of grief: 悲しみの新たな傷口
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 30
have the briefest intimation of the grief: 悲しみが、短い先触れを〜に送って寄こす
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 162
the keenest grief: この世のもっとも切実な悲しみ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 63
grief that lay in wait: この先に待っているはずの悲しみ
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 162
enjoy one’ s luxury of grief uncomforted: 慰めてなどもらわずに思いきり悲しみにひたる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 363
be overcomed with penitence and grief: 後悔と悲しみでいっぱいになる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 87
push back the rage and sorrow and grief for ...: 〜のくやしさと悲しみを忘れさせてくれる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 96
rising tide of one’s grief: 湧き起こる悲しみの渦
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
roughened grief: 悲嘆
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 18
deal separately with grief: ひとりひとりがその悲しみに向き合う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 112
stem the rising tide of one’s grief: (人の)悲しみの渦を鎮める
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
be stricken with grief: 悲しみにうちひしがれる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 444
toll of grief: 不幸の犠牲者
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 46
be twisted with grief: 嘆きに痛めつけられる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 191
ツイート