× Q 翻訳訳語辞典
barely   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜したかせぬかに
   
be barely completed: 〜を終了したかせぬかに マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 80
〜そこそこ
   
be barely twenty: 二十歳そこそこだ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 450
〜にも足りない
   
barely an inch and a quarter: 3センチにも足らない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 113

あやうく
   
barely suppress the urge to put one’s arm around ...: 〜に抱きつきそうな衝動をあやうくおさえる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 79
かすかに
   
can barely hear ...: 〜はかすかに聞こえる程度 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 57
かつかつに
   
barely in time to do: 時間かつかつに 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 51
からくも
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 102
かろうじて
   
barely audible: かろうじて聞きとれるほどの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
これっぽっちも
   
there is not barely one little word about ...: 〜のことなんかこれっぽっちもいいやしない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
しかねる
   
in barely concealed agitation: 興奮を抑えかねる様子で ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 32
すれすれに
   
hurtle over sth barely at head height: 頭上すれすれに艦橋をおどりこえる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 461
せいぜい
   
There was barely enough rubble to fill a bucket: 石屑もせいぜいバケツに一杯である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 283
barely exchange more than a sentence or two: かわす会話は、せいぜい一つか二つといったところ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
そこそこ
   
last barely a minute: 一分そこそこ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 63
have barely ...: 〜そこそこなのに マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 208
ちょっとやそっとじゃ
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
どうしても
   
can barely contain oneself: どうしても黙っていることができない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 235
なんとか
   
find acceptable, if barely: なんとか我慢できる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
ほとんど
   
people sb barely know: (人が)ほとんど顔も知らないような連中 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
barely know sb: (人の)ほとんど素性がわからない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 109
ほとんど〜しない
   
the barely visible streak of the ball itself: ほとんど眼にとまらないボールそのものの軌跡 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
ほとんど〜に近い
   
barely a murmur: ほとんどつぶやきに近い マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 183
ぼんやりと
   
hear sb just barely: (人の)声がすごくぼんやりと聞こえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 212
まだ
   
preferable to sth, but barely: 〜よりはまだまし デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 241
be barely at ...: まだ〜についたところ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 202
まともに〜もしない
   
barely glance up: まともに顔を上げもしない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 346
めったに〜ない
   
barely see anyone: めったに人とも会わない オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 151
もう少しのところで
   
barely miss ...: もう少しのところで〜をとりそこねる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 94
ものの
   
barely half an hour later: それからものの半時間後 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 332
ようやく
   
be barely able to do: ようやく〜できるようになる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 17
ろくに
   
with barely a glance at sb: (人に)ろくに視線もくれずに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
barely look at sb: (人に)ろくに目もくれない ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 37
ろくに〜しない
   
barely look at sb: ろくに(人を)見ない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 52
ろくに〜ない
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125

何秒とたたぬうちに
   
The door had barely shut behind them when it opened again: ふたりの背後で閉じられたドアは、何秒とたたぬうちにふたたびひらかれた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
危うく
   
barely escape: 危うく〜を逃れる 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 114
手を加えていない
   
a broad barely finished burl: 木目が見えるようにわざと手を加えてない一枚板 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
足らず
   
barely one page: 一ページ足らず 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 217

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sth barely there: 〜も気にならない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 621
murmur, barely conscious: 夢うつつのあいだに思う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 16
in a barely audible voice: 虫の息で
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 279
glance up barely: ちらっと(人を)見る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
can barely walk: 歩くのに骨が折れる
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 5
can barely swim: 泳ぎは金槌同然
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
can barely do: ろくに〜できない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 186
can barely believe one’s ears: 耳を疑う
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 449
barely visible: はっきり見えたわけでもない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
barely visible: ぼんやりと浮かび上がる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
barely thirty: 三十を過ぎたばかり
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 10
barely noticing: 上の空
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
barely listen: ほとんど上の空
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 401
barely feel ...: ほとんど気づかないでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
barely begin: とば口にさしかかったばかり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
barely acknowledged part: ふだんはその存在を意識しないような部分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
when they have barely shaken hands: 握手もそこそこに
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 214
wear a look of barely disguised distaste: 不快の表情をほとんど隠そうともしない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
the tests are barely under way and already there is a name: 検査が始ってもいないうちから、すでに名がついている
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 141
the roof barely clear sb’s head: 天井は頭すれすれである
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 66
sb is barely two months dead: (人が)死んでから二か月たつかたたないかに
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 239
one can barely contain oneself: 我慢できず(人は)感情を剥き出しにする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 36
one’s voice is now barely above a whisper: かろうじて聞き取れるくらいの小さな声で、(人が)言う
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 458
in a voice barely louder than a whisper: ようやく聞こえるような小さな声で
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 405
in a state of shock and barely conscious: ショックで意識がもうろうとする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 155
have only barely managed to escape with one’s life: 九死に一生を得て戻ってきた身だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 476
have barely done when ...: 〜したか〜せぬかに、〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 389
have barely done before ...: 〜するか〜ぬうちに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 448
had barely done when ...: 〜するとみるまに〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
congratulations are barely out: おめでとうの声がまだ鳴りやまない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 54
can barely speak above a whisper: ささやくようなしゃべりかたしかできなくなっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
can barely make out sb’s features: (人が)どんな様子をしているか見分けにくい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 92
can barely hear it: 聞こえるか聞こえないかの音だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 19
can barely hear ... for all the shouting: まわりにすごい喚声がうずまいていて、〜はそれ以上聞こえない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 299
be considered barely respectable: よく思う者はいない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 9
be barely familiar with ...: 聞いたこともないような〜
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 179
be barely eight Turns old: 八巡歳になるやならずの
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 258
be barely aware of where one is: (人の)意識はまるで混沌としている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 269
be barely a half hour: まだ30分と経っていない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 24
barely visible in the shadows: 影に隠されて姿はよくみえない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 9
barely touch one’s cup of sake: 酒はほとんど飲めない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33
barely stifling a sharp cry: 押し殺した泣き声が洩れる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 55
barely speak on the drive: 車のなかでは話らしい話はしない
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 45
barely scrape one’s way through high school: 高校だけはなんとか卒業する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 278
barely pause to shake hands: 握手するのももどかしげである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 108
barely pause to do: 〜するのももどかしい
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 15
barely open one’s eyes: ほんのすこししか目をあけていない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 71
barely notice sb is alive: (人の)ことなどろくに眼中にない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 225
barely look at sb: (人の)ほうをほとんど見向きもしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
barely look at people: 客の顔はろくろく見ない
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 191
barely have time to read the paper: 朝食が済んだばかりでまだろくに新聞を読むひまもな
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 88
barely glance at sth: (物に)は目もくれない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 53
barely give ... a glance: ろくすっぽ眼もくれない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 325
barely get a word out: いつだって無口なんだから
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
barely fit in ...: 〜にぴったり収まらない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
barely escape being killed: 九死に一生を得る
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 121
barely aware of sb’s ministrations: (人が)横にいることさえほとんど念頭にない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 310
after barely an hour: ものの1時間もそうしているうちに
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 61
a talent barely indistinguishable from that of an amateur: 素人に毛のはえたような技術
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 46
a kid barely out of one’s teens: 二十歳かそこらの若者
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 187
a girl barely out of her teens: まだ二十歳そこそこの若い女
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 475
a barely perceptible lightening: あるかなきかの光
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 436
... with barely life enough to do: 〜するのがやっとという〜
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
Much had been accomplished, but the work was still just barely begun: 収穫は多かったものの、仕事はまだほんのとば口にさしかかったばかりなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
barely acknowledge: 上の空でいる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 44
barely articulate the words: ほとんど、ろれつの廻らぬ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 105
in a barely audible voice: 聞き取りにくい声で
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 394
... barely in check: 〜をほとんどおさえかねている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
The Aldis had barely begun to clack when the Vectra cut through the signal: 発光信号灯がまたたくとみるまに、ヴェクトラの信号が割ってはいった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
with barely concealed impatience: いらだちをかろうじて押さえこみ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
consequently that proceeding is considered barely respectable: しぜんそれをよく思うものはいない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 9
barely manage to cringe back against one’s chair: 椅子にすわったままわずかに身をちぢめるだけだ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 149
can barely distinguish sth: 〜がかろうじて見てとれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 478
barely manage to answer in faltering English: しどろもどろの英語で答える
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 106
the flight of the ball is barely discernible: ボールの軌跡がほとんど識別できない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
Turner's eyes were narrowed, his fury barely in check: ターナーの目がほそり、もう憤怒をほとんどおさえかねていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
barely hear ...: 〜がほとんど耳に届かない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 91
Smiley suggested, with barely a glance at him: スマイリーは相手にろくに視線もくれずにいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
barely linger in a pleasant thanatopsis: かろうじて生きながらえて快い死の瞑想にふける
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 45
barely manage to do: 〜するのがやっとだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 165
barely notice: ほとんど眼をくれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
barely hold one’s own: かろうじてもちこたえる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 372
barely pause to do: 握手するのももどかしげである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 108
ツイート