× Q 翻訳訳語辞典
sand   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
サンドペーパー
   
be sanded off: サンドペーパーをかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 12

荒れ地
   
pick crabgrass out of sand: 荒れ地の雑草を一本一本抜く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
   
amid an aura of sand: 砂ぼこりの立つ中 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 262

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sand trap: バンカー
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 262
sand dune: 砂山
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 71
keep one’s head in the sand: 知らぬ存ぜぬで通す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 212
come to sb across the sand: (人のところに)砂浜の向こうから集まってくる
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 101
arch one’s back off the sand of the beach: 砂の上で背伸びをする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
an impressive array of sand-colored buildings: 砂色の建物がずらりと並ぶ堂々とした一画
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 52
hiss into the sand behind sb: (人を)飛び越して砂浜にしゅっと突き刺さる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
a massive brow of sand which hangs down: 重たそうにたれ下がっている砂のひさし
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 47
comes a huge, rumbling tractor-bus its side dull with sand: でっかいトラクター・バスがのろのろやってくるぞ、砂にまみれた車体
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 61
the sand contains a considerable amount of reddish mineral matter: 砂の色はいかにも鉱物質の赤みをおびている
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 64
more sand seems to issue constantly: 次々と新しい砂がつくりだされていくようである
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 45
be covered with sand: 砂まみれである
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 26
dislodge a shower of sand and small stones from between one’s toes: 足指の間から剥がれた砂や小石が、ぱらぱらとこぼれ落ちる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
along the street comes a huge, rumbling tractor-bus its side dull with sand: でっかいトラクター・バスがのろのろやってくるぞ、砂にまみれた車体
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 61
sand-encrusted box: 砂がこびりついている箱
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 99
brush the sand from one’s trousers: ズボンについた砂を手で払う
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 186
the gleaming sand: きれいな砂
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 79
sand is born grain by grain: 砂はつぎつぎとうみだされる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 15
it is hard to imagine playing tag with the sand crabs: とてもカニとたわむれたりする余裕はなさそうである
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 64
in the sand: 砂にまみれて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 139
more and more it becomes just sand: ますます砂らしい砂になる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 9
sand gazing at the exquisite oak tracery: こよなく美しい内陣仕切りの楢の葉模様の狭間飾りに見とれている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 80
sb’s thick bare feet plant in the sand: ずんぐりしたはだしの足が砂にめりこむ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 28
the puffs of sand kicked up: 砂を軽く蹴上げながら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 93
loose sand comes showering down.: 砂がばらばらとおちていく
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 91
the sand is slipping under sb’s feet: 足もとが砂地でおぼつかない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 50
smear one’s palms with damp sand: 湿った砂で掌をまぶす
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 65
smoothed, moist sand: かきならした湿っぽい砂
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 17
throw sand in sb’s eyes: 逃げを打つ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 110
torrents of wind and sand blow around sb: 風と砂が(人の)まわりでうずまく
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 66
vigorously brush the sand from ...: 〜についた砂を強く払う
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 186
with the fine sand: 砂まじりの
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 6
ツイート