× Q 翻訳訳語辞典
fantastic   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あきれたものだ
   
Good God, it's fantastic: まったくもって、あきれたものだ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 45
おどけた
   
come down in a fantastic dancing attitude: まるでダンスでも踊るみたいなおどけた格好で降り立つ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 58
おどろくべきものである
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 478
おびただしい
   
a fantastic set of rubber stamps: おびただしいゴム印 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 179
すばらしく心地よい
   
Its pull is thoughtless, fantastic: その力は思考を奪い、すばらしく心地よい キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 70
とっぴな
   
seem too fantastic: 少しとっぴすぎるように思える 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 191
とてつもないことを考える
   
Good lord, it's fantastic: なんとも、とてつもないことを考えるものです マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 70
ほんとうに!
   
Fantastic: ほんとうに! 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 50
めざましい
   
fantastic work one is doing: めざましい仕事ぶり ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 124

嘘みたいな
   
fantastic story: 嘘みたいな話 ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 100
雲をつかむような
   
fantastic business: 雲をつかむような事件 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 92
奇想天外な
   
too theoretical and fantastic: 推理のための推理といった奇想天外なところ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 80
恐るべき
   
fantastic risks: 恐るべき危険 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 179
見事
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 293
現実ばなれのした
   
fantastic hero: 現実ばなれのした主人公 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 189
荒唐無稽な
   
fashion, by which what is really fantastic becomes for a moment universal: まったく荒唐無稽なものが、寸時のあいだ世界を風靡するようになる流行 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
少々常軌を逸した
   
sb’s fantastic choice of ...: (人の)少々常軌を逸した〜の選び方 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
壮麗な
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 317
想像を絶するもの
   
The radar's efficiency and range were alike fantastic: このレーダーの能力と有効距離は、ほとんど想像を絶するものだった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 57
大した
   
they are fantastic: まったく大した連中だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 428
突飛な
   
it seems a fantastic even ludicrous, exchange: この二つを交換する事が如何にも突飛でかつ滑稽である 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 72
半分は嘘のような
   
fantastic tales: 半分は嘘のような話 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 243
不気味な
   
raise one’s arm above one’s fantastic head: 不気味な頭の上に両腕を振り上げる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 108
不思議な
   
fantastic motion of sth: 〜の不思議な動き マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 90
並々ならぬ
   
fantastic support: 並々ならぬ内助の功 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 133
夢うつつの
   
lie in strange fantastic poses: 奇妙な夢うつつの姿勢でよこたわっている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 162
夢のようだ
   
All your life. Fantastic!: 長かったなあ。夢のようだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
夢のような
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 401
夢みたいな
   
fantastic research: 夢みたいな研究 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 144
夢幻的な
   
sweep the fantastic shadows in dusky corners: 夢幻的な影を薄暗い隅に追いやる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 136
腕によりをかけた
   
sb’s fantastic pumpkin pie: (人が)腕によりをかけた南瓜のパイ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 185

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

taste fantastic: ものすごくうまい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 257
it is fantastic: よかったですね
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
fantastic dynamic scene: ダイナミックな景観
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 127
fantastic summer: 夏場がまたばかによい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
be so fantastic: まるでおとぎ話だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 205
be fantastic: 荒唐無稽だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 263
you are one fantastic lover: あなた最高だわ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
think one can charge any fantastic prices one likes: 好き勝手な値段を吹きかけて平気だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 120
seem like tales of the fantastic: 奇々怪々にみえる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 220
an utterly fantastic character: だんぜんけたはずれの男
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 30
fantastic forms deprived of one’s usual severity: 夢幻的に、きびしさを消しさった表情
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 159
fantastic escape: おどろくべき危機脱出
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 355
sth lead to the taking of fantastic risks: 〜から恐るべき危険をあえて冒す
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 179
after twenty months of the fantastic escapes: 二十カ月のたびかさなる、おどろくべき危機脱出のすえに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 355
We had a good opening, we had a fantastic summer: すべりだしがよかったし、夏場がまたばかによかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
Tweet