× Q 翻訳訳語辞典
talk   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜の話をする
   
do not know what anybody is talking about: 男たちがなんの話をしているのか、さっぱりわからない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236

いう
   
talk past sb to sb: (人を)無視し、(人に)いう フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 526
talk deliriously: うわ言をいう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134
people talk about ...: 〜というのは、この世界ではよくいわれることだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
be done talking about sth: もういうことがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
argumentative talk: 理屈をいわれる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
いたずらに評定を重ねる
   
You sit here, you talk you deplore things: ところが諸君はここに坐していたずらに評定を重ね、事態を嘆き悲しんでおられる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 204
うわさされている
   
talk is about that ...: 〜とうわさされている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
おしゃべり
   
small talk: 軽いおしゃべり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 434
much talk goes on: おしゃべりに花を咲かせる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 90
be busy talking with sb: (人との)おしゃべりに熱中する コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 199
おしゃべりする
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 107
おしゃべりに興じる
   
They ate together, played card together, and talked endlessly: その間いっしょに食事をしたり、トランプをしたり、果てしないおしゃべりに興じたりする ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 160
おしゃべりをする
   
have been talking together so long: さっきずうっとおしゃべりをしていた仲だ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 58
お話し
   
we need to talk: お話ししたいことがあります クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 170
しゃべくる
   
talk highspeed bebop slang: 早口のスラングでしゃべくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
しゃべっている
   
talk nonsense incessantly: わけのわからないことをのべつしゃべっている ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 115
しゃべる
   
while one continue talking: しゃべるあいだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 475
talk some more, about less exotic topics: いましばらく、きわどい話題を避けてしゃべる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 37
talk oneself into paralysis: しゃべればしゃべるほど自縄自縛になる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 280
talk one’s heads off: 何もかも洗いざらいぶちまけてしゃべくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 276
talk off the cuff: ぶっつけ本番でしゃべる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 274
talk interminably: 実に長時間をくどくどとしゃべる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
talk in a grave voice: 荘重な声でしゃべる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 32
talk all the way, move sb down the drive: べらべらしゃべりながら車寄せを抜ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
start talking in a choked and uneven voice: 苦しい声でつかえつかえしゃべり出す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 589
let sb talk it out: 全部しゃべらせるがいい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
Let’s just talk: ふつうにしゃべろうよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 28
give a chance to talk at length: ゆっくりしゃべる機会をあたえる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 393
たわけたこと
   
talk such nonsense: たわけたことばかりぬかす ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 43
つぶやく
   
disconnected tones of one who talks in one’s sleep: 寝言をつぶやいている人間のようなどこか夢うつつの調子 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
なにやかやと話しかける
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 276
ぬかす
   
talk a real big: 生意気なことぬかす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 353
はなし
   
keep up a steady stream of small talk: 取りとめのないはなしをしている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
べらべらしゃべる
   
always talk: いつもいつもべらべらしゃべる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
まくしたてる
   
talk about the violation of one’s constitutional fucking rights: 自分の憲法上の権利をまくしたてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
ものをいう
   
money really talks: 金がほんとにものを言う サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 109

ジョーク
   
rich-kid talk: 金持ち坊や族のジョーク トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186

蔭口をきく
   
a thing that people could talk about: 人に蔭口をきかれるようなこと 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 101
   
that kind of talk: こんな噂 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
defeatist talk: 敗戦気分を出す噂 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 136
云う
   
be only talking for its own sake: 云ってみるだけのことだ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 61
解説を入れる
   
talk as one run the projector: フィルムを映しながら解説を入れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 349
議論する
   
talking to sb: (人と)の議論 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 25
強いて
   
talk sb into moving in with one: 強いて(人を)自分の家に引っ張って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
繰り言
   
begin that lamebrained talk: 愚かな繰り言をはじめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
言い聞かせる
   
talk to sb: よく言い聞かせる フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 44
言い方
   
<例文なし> カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 54
言う
   
talk to sb until one be blue in the face: これだけ口を酸っぱくして言う ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 172
talk furiously: 語気荒く言う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 346
if sb don‘t feel comfortable talking about it, sb don’t have to: 無理に言わなくていいよ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
do not have the foggiest idea what sb is talking about: (人が)何を言っているのかさっぱりわからない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 315
certainly be a gorgeous way to talk about ...: 〜のことを言うにしてはあまり上等な言いかたじゃない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 305
言葉
   
start to talk baby talk to sb: 赤ちゃん言葉で(人に)話しかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
new-fangled talk: 斬新な言葉 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 41
man talk: 男の言葉 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 105
go by talk: 言葉だけで物事の判断を下す アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 258
言葉をかわす
   
We talked in a small airless office somewhere in the innards of the stadium: われわれは、スタジアムの内部にある、息が詰まりそうなオフィスで言葉をかわした プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
talk to the press: 新聞記者と言葉をかわす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 44
talk briefly to sb: (人と)手みじかに言葉をかわす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
語りつぐ
   
be talked about for hundreds of years: 何百年も語りつがれる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 210
語る
   
talk oneself into it: 語るに落ちる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 160
talk late into the after-midnight hours: 真夜中まで語りあう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 526
talk before going to sleep: 寐物語りをする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
talk about sb as a legend: (人)のことを伝説的人物として語る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
talk about ...: 〜を語り合う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 77
sb and sb spend many hours talking about ...: (人と)(人が)〜について、膝を交えてたびたび語り合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 354
交渉
   
with the arms talks going on: 軍縮交渉のさなかに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 386
will not screw up the peace talks over sth: 〜で和平交渉を頓挫させたくない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 351
the peace talks: 和平交渉 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 124
poison the peace talks: 和平交渉を妨げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 246
口きく
   
don’t talk her that way!: ちょっと、(人に)そんな口きかないでよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66
口にされること
   
there’s been more talk than action: 口にされることは多く実際の行動は少ない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
口にする
   
talk about ...: 〜を口にする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
be not able to find a way to talk about ...: 〜について何か口にすることもおぼつかない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 268
be a kind of a hard thing to talk about: 〜を口にするのは辛い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
口をきく
   
won’t talk: ひとことも口をきこうとしない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 200
will talk to sb: (人に)口をきく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
talk to sb: (人に)口をきく フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 198
talk like a reasonable child: おりこうさんらしい口をきく ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 113
talk in a very blunt and slipshod manner: けんもほろろのぞんざいな口をきく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 255
stay still for a long moment, not talking or moving: 長い間、じっと凍りついている。口をきくものもなく、身動きするもない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 384
one talk like a drunken man: (人の)口のききやうときたら、まるで醉ひどれ ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 65
don’t talk: 口をきかない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391
be not interested in talking to a fornicator: どこのくそったれとも口なんか聞きたくない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 237
口をひらく
   
When he talks he addresses the room: 口をひらいたチェスター、部屋じゅうにひびく声で高圧的に呼びかける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 228
口を割る
   
refuse to talk: 口を割らない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 329
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
口を切る
   
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 119
口を動かす
   
become less and less inclined to talk: 口が段々動かなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 169
口外する
   
talk about sth: 〜について口外する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
口説く
   
talk into sb into doing: (人を)口説いて〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
begin to talk to her: 口説きはじめる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 122
口先
   
be all just face and talk: 見てくれと口先ばっかり ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 385
口先で触れる
   
do not talk of sb: 口先ではすこしも(人に)触れる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 100
広言する
   
talk of one’s doing sth: (物事を)するのだと広言する O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 236
講義をする
   
be still talking: まだ講義をつづけている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 309
雑談
   
small talk: ささやかな雑談 クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 124
四方山話に興じる
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 18
四方山話をする
   
Both times we talked shared experiences, you might say: その二回とも、四方山話を交わしたあと、ある共通の体験をした、とでもいうか レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 77
持ち出す
   
this is not the best time in the world to talk about ...: 〜を今持ち出すのは適当とは言えない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 327
持ち切りだ
   
the whole place is talking about it: (場所は)そのことで持ち切りだ リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 311
   
get the old talk nailed: 古傷をがっちり握られている エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 43
常套句
   
cop talk: お巡りの常套句 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
触れる
   
talk to sb about ...: 〜の問題に触れる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 233
尋問する
   
talk to sb: (人を)尋問する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
世間話
   
small talk: らちもない世間話 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 88
   
just hearing sb talk like that: (人の)そんな声を聞いたとたん キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 42
説く
   
talk of Machindo: 『マシーン道』を説く セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 170
説得する
   
talk sb out of going over there sb want to go: (人が)出っぱっていこうとしたときに、なんとかひきとめようとして説得する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 339
相談する
   
talk it over for about fifteen minutes: まるまる十五分も相談する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
相談をする
   
we can talk price: お値段の相談をさせてください スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
打ち明ける
   
talk about ... with sb: (人に)むかって打ち明ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
打ち明け話
   
can talk to with confidence: 心を許して打ち明け話のできる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
対話
   
talk to sb: (人との)対話 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
台詞
   
talk is as unoriginal as rest of sb: (人)そのものに負けず劣らず紋切り型の台詞 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 140
託つ
   
注文
   
the kind of sth sb is talking about: (人の)注文どおりの(物) カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 406
喋りあう
   
talk excitedly: 弾みをつけたように喋りあう 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 212
喋りる
   
listen to sb talk: (人の)喋り方に耳を澄ませる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
吐く
   
talk sense: 本音を吐く ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 64
白状
   
make sb talk: 白状させる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 490
物をいう
   
when one care to talk: 一度物をいう気になると ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
聞き込みを始める
   
talk to more book dealers: 本屋の聞き込みを始める ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 151
誘う
   
talk sb into doing: (人を)誘って〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 476
論議
   
have a talk with sb about sth: (人と)(物の)ことをめぐって論議する べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 82
和平会談
   
run the risk of fucking up the talks: 和平会談は決裂しかねない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
   
when it comes time for sb to talk about one’s own past: 自分の身の上話をする段になると ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
what sb be talking about here is ...: これは、〜の話である フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 61
we will talk about ... later: 〜の話はあとにしましょう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
there has been this talk of ...: 少し〜の話が出た カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 344
talk nonsense: 話はでたらめだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 348
talk into the night: 夜遅くまで積もる話を続ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
start talking about ...: 〜の話になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
sb they talk about at ...: 〜で話に出たっていう(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
not talk about ...: 〜の話、よす サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 26
miss talking to sb: (人と)話ができないのだと思うと辛い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 539
have no trouble talking: 話が自由だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
have heard all the talk over the years about ...: 長年にわたって〜についての話をさんざん聞かされてくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
have a great deal talk about: 積もる話は山ほどある 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 115
have a good talk with sb: (人と)二人差向かいで話をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 30
hardly ever talk of matters other than ...: 大抵は〜の話で持ちきっている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 210
exchange small talk: 軽い話をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 491
dovetail one’s talk on A with B: Aの話から脱線してBになる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
do not stop talking for one second: いっときも話をやめない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
deal with all sb’s talk of one-upmanship regarding ...: 〜の自慢話を聞かされながら暮らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 177
come over to talk: (人の)ところへやってきて話をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
begin to talk about ...: 〜について話が出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
be really not capable of talking to you with a full deck: ほんとはまだ君たちと、まともに話ができる状態ではないんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 220
be more mystified than ever by sb’s talk: (人の)話が益々解らなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 38
all the rape talk: レイプの話をさんざんやったのも デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
話がかみ合う
   
can not talk to each other: お互いに話がかみ合わない ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 67
話しあう
   
we talk sth over: 〜をみんなで話しあう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 303
話しかける
   
talk to ... in baby talk: 赤ん坊でもあやすように〜に話しかける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 55
do not try to talk: 話しかけてこず クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 23
話してみる
   
have you talked to sb about this?: (人)にも話してみた? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
話し合い
   
peace talks: 講話の話し合い デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 253
maybe we can talk: 話し合いといこうじゃねえか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 366
話し合う
   
think we all might want to talk about this together: いっしょに話し合ったほうがいいんじゃないかと思う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
have some very careful talks: じっくり話し合う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 351
after a lot of talking: さんざん話し合いを重ねた末に カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 207
話し込む
   
come out together busily talking: せわしなげに話し込みながら出てくる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 154
話す
   
want to talk to you: 話したいこともある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
think one will better have a talk: なんとなく話したほうがいいような気がむしょうにしてくる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 153
talk saying things in a lulling, attractive voice: あやすような素敵な声で何事かを話す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 551
talk to sb at one’s leisure: (人に)会って静かに話す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
talk to sb about all sorts of things: (人と)色々話す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
talk straight to sb: (人に)正面切って話しかける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 281
talk quietly to sb: (人と)小声で話す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 221
talk of sth at such length to sb: 〜を(人)に縷々と話す 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 41
talk it over: じっくり話し合う ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 51
talk it out: じっくり話し合う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 437
talk it out: 何もかも話す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
talk everything over: じっくり話す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 201
talk about something else: もうその話はやめて、ほかのことを話す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
stop talking: 一しきりで(人の)話声が已む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
sit and talk with sb: (人と)差し向かいで話し合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 553
one and sb sit and talk: (人と)(人が)話す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 32
let sb talk: (人が)話すのにまかせる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 321
just hard to talk: うまく話せない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 45
it’s hard to talk now: ここでは話せないよ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 147
have to be talked about sometime soon: 〜は早晩話さなくてはならない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 327
have little opportunity to talk: 話す機会を奪われる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
go talk to sb: (人に)会って話す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
do not even like to talk about it: 話すのもいやな気持ち サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 126
did talk to sb about ...: たしか〜について、(人と)話したおぼえがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
be an easy person to talk to: 大変心持ちよく話しの出来る人だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 248
be always talking about ...: 話すことといえばいつも〜だ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 202
all sb can talk about is ...: 話すことといったら、もう、〜ってことばっかり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
after talkin’ about ... all night: あんなにひと晩じゅう話してたんだもん タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
話をする
   
talk with sb by phone briefly: 電話で短い話をする グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 49
talk with sb about ...: (人と)〜の話をする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
talk nicely and emptily: 手短ににこやかに、内容のない話をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 69
talk incessantly about the past: 休む暇もなく昔話をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
talk for hours: 何時間にもわたって話をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 544
talk for a while: 少し話をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 488
talk and argue constantly: (人と)(人は)よく話をし、また意見をぶつけあう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 394
talk about should-haves and would-haves: たらればの話をする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
let’s talk that way ...: こういう形でお話をしてみてはどうかな、と思う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
I really think I should wait and talk to sb: ちょっと(人と)話をしたかっただけだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 470
don’t talk about ...: 〜の話はしない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
話をつける
   
talk to sb: (人と)話をつける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 99
話を持ち出す
   
talk to sb about it: その話を持ち出す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
話相手
   
Whom does he like to talk at the depot?: 集荷場で彼の話相手というとだれだね ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 163
話題
   
a certain amount of the talk was about ...: 〜は、かなり話題になった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 367
話題にする
   
talk about the neighborhood: 近所界隈のことを話題にする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
ツイート