× Q 翻訳訳語辞典
worth   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜しなくてはならない
   
be worth a substantial contribution: 〜には気前よくチップを弾まなくてはならない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 281
〜するに足る
   
secret worth keeping: 隠すに足る秘密 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
〜の財産がある
    辞遊人辞書
〜の財産をもっている
    辞遊人辞書
〜相当の
   
several thousand franc’s worth of ...: 数千フラン相当の〜 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 83

かける
   
be worth ... to sb: (人に)とって〜をかけてもいい存在だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 493
こと
   
it isn’t worth the maintenance time: そこまで手間ひまかけることはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 24

メリットがある
   
be not worth the trouble it has caused one: 労多くしてメリットがない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 340

価値がある
   
that would be something worth seeing!: やってみる価値があるんじゃない? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 84
everything is worth risking: どんなことだって、いちかばちかやってみる価値がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
be worth going a long way to see sth: はるばる出かけていってでも見物する価値がある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 45
価値をもつ
   
be worth less until ...: 〜してはじめて価値をもつ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 148
甲斐がある
   
worth doing: 〜する甲斐がある メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 64
   
be not worth very much: 高の知れたものだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
相当
   
about a thousand dollars’ worth of crap: 千ドル相当のがらくた クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 77
相当する
   
worth a fortune: ひと財産に相当する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
値する
   
explain away sth as something not worth ~ing: 〜にも値しない(物)だといいくるめてしまう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
値打ち
   
hardly worth ...: 〜ほどの値打ちもありゃしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
be not worth a nickel: びた一文の値打ちもない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 45
be not even worth mugging: 襲う値打ちもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
値打ち物
   
worth a small fortune: ちょっとした値打ち物 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
値段
   
I'd rather think of it as defining worth by need: でも私としてはむしろ、必要に応じて値段を決めていると考えたいんです スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
能力
   
knowing one’s own worth and the sureness of one’s instinct: 自分の能力とかんの確かさには自信がある シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 164
   
just as well get one’s money’s worth: 払う分だけのことはする ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 176
役に立つ
   
it is hardly worth while ...: 〜してもなんの役にも立たない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 261
any man worth one’s salt: 役に立つもの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 111

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

years’ worth: 何年もかかったよ
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 93
worth knowing: 知れば知るほど
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 183
worth every penny: 金をかけただけの価値はある
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 118
worth a damn: ぜんぜん
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 157
worth $XX tops: せいぜいXXドルにしかならない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 15
well worth ...: 〜しようとどうしようと、とやこう言う筋はない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 58
something worth reporting: わざわざ報告するよう話
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 482
it’s worth it: それだけのことはある
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 324
for all one is worth: 一しんに
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 126
certainly worth ...: どう見積もっても〜はくだらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
be worth trying: やってみる価値はある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
be worth something: たいしたことだ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 228
be worth doing: かいがある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 19
be worth $40,000: 四万ドルの値打ちがある
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 304
be worth: 大切だと考える
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 317
be not worth ~ing: 不毛だ
... be worth: 〜こそふさわしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 89
wouldn’t be worth the trouble: ろくな使い道はない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 32
worth one’s while to ...: 〜するだけのことがある
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 17
woman worth a second glance: ふりかえって見たくなるような女
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 137
when there’s anybody worth talking to: しゃべり甲斐のある相手があればな
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
when there’s anybody worth talking to: 相手によりけりだけどね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 33
value ... more than it is worth: それほどにもないものを珍らしそうに嬉しがる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
use sb for all sb is worth: 使うだけ使う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
two minutes’ worth of life and death: 二分間の人口動態
there’s no pain worth mentioning: たいした(物は)ない
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 30
the rewards are not worth the risks for sb: この程度の見返りのためにあえて危険をおかすだろうか
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
the Committee’s view of one’s worth: (人に)対する委員会側の勤務評定
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
the audience might get its money’s worth: 見物人たちを入場料金分だけ堪能させる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 207
take on equal worth: 等価のものになる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 9
sb’s new hand is worth one’s salt: この新しい仲間はなかなか頼もしい男だ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 147
pay sb what sb thought sb was worth: 本人の自己評価に見合う金を払う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
one’s life would not have been worth an hour’s purchase: まず生きてはかえれない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 166
offer opinion as to sb’s worth: 品定めする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 39
none that is worth shit: どれもなんの足しにもなっていない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167
no longer worth the candle: それほどの値打ちはない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
must suggest solid worth and respectability: 値打ちと堅実さをほのめかす必要がある
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 64
make the ride worth the trouble: 苦労を背負って生きる甲斐がある
make it worth your while: 礼はするから
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 19
it will be worth it: 苦労の甲斐もあるだろうけど
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 375
it isn’t worth the cost: 割があわない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 223
it isn’t worth mentioning it to sb: 言葉に出してとがめるほどではない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 120
it isn’t worth doing at all: わざわざ〜するまでもない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 273
it isn’t worth anything more than sth for sb: 〜にとっては〜でしかない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
it is a rep worth earning: それだけ男を上げるというわけだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
it doesn’t seem worth the effort of doing: 〜するのが億劫になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 11
it’s more trouble than it’s worth: 労多くして功少なし
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 30
in case sb see something easy and worth nipping into: 忍びこみやすくガッポリちょうだいできそうなところはないかと
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 30
get one’s money’s worth: 安い買い物をする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 250
for all one is worth: えらい勢いで
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 26
for all one be worth: 一生けん命
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 223
fell that life is not worth living: この世に生きる望みを失いはてる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 223
can not find it worth a damn: こりゃ〜しても無駄かと感じる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
can not do worth a damn: ろくに〜できない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 272
can’t study worth beans: まるで勉強もできない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
be worth no cow’s while to peck at: 鳥さえついばむ気にならないほど粗末だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
be worth little to sb: (人は)〜にほとんど価値を見いだせなくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
be worth hearing about: 〜のことならおもしろい
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 291
be well worth a visit: 一見の価値あり
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 109
be not worth talking about: たいしたことではない
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 246
be not really worth counting: 珍しくもない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 265
be not even worth talking about: お話になりまへんどす
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 201
be dressing in accordance with one’s own net worth: 自分の地に合った服装だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 158
anything not worth doing is worth not doing well: 価値がなければ努力の甲斐もない
any spectacle is well worth looking at: どんなことだって見のがすことはない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304
any bookstore worth the name: いやしくも古本屋を名乗る者なら
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 120
That's about two minutes' worth of life and death: ざっと二分間の人口動態である
The trumpets were blaring for all they were worth: トランペットは一生けん命歌っています
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 223
be still not worth a damn: ちっともなってやしない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 81
A new print entirely, and going for all he's worth: これまでとまったくちがった足跡で、けんめいに走っています
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 127
Is's not just fantasy; it's worth trying: 口実だけじゃなくて、実際にもやりがいのありそうな仕事だな
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 51
feel that life is not worth living: この世に生きる望みを失いはてる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 223
Well, maybe the KGB did get its money's worth: KGBはずいぶん安い買い物をしたといえそうである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 250
be worth a million to sth: 〜よりだんちに値打ちがある
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 16
Now, that would be something worth seeing!: だったら、その・・・やってみる価値があるんじゃない?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 84
be worth practically anything: なにものともひきかえられない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 50
It was a rep worth earning, even if this was the price: 高い代償になるかもしれないが、それだけ男を上げるというわけだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
ツイート