× Q 翻訳訳語辞典
knowing   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いかにもわけありげな
   
with a knowing lascivious smile: いかにもわけありげな淫らな笑みを浮かべて バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 378
したりげ
   
one’s smile is the most knowing: (人の)笑みがとびきりしたりげだ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 423
したり顔
   
the knowing speak of ...: としたり顔にいう者もいる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 379
becoming suddenly coy and knowing: 愛想のいいしたり顔になる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 42
したり顔で
   
smile a sly, knowing smile: したり顔でずるそうな笑みを浮かべる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 15
したり顔の連中
   
say the knowing: したり顔の連中はいう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 320
ふてぶてしい
   
a knowing look: ふてぶてしい顔 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 243
わけしり顔に
   
exchange knowing glances: わけしり顔に目くばせをかわす マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 161
わけ知ったふうな
   
be rewarded with an strangely knowing smile from sb: (人から)妙にわけ知ったふうな笑みが返る ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 40
わけ知りの
   
there have been a look of knowing jeering contempt in one’s eyes: (人の)眼には、わけ知りの、あざけるような光が宿っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
talk boat talk in loud and knowing voices: わけ知りの大声で専門用語をならべたてながら「ボート・トーク」をつづける オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 197
a knowing grin: にたりとわけ知りの笑顔 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 194
わけ知り顔の
   
knowing glance: わけ知り顔のめくばせ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 67

意味ありげに
   
give a knowing look: 意味ありげに目くばせする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 241
賢しらな
   
in knowing way: 賢しらな調子で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 19
自覚的に
   
have knowing and intelligent waiver of one’s rights: 正常な知能により、自覚的に権利を放棄する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
心得顔に
   
return one’s knowing smile: 心得顔に笑みを返す ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 213
心得顔の
   
a knowing smile floats over sb’s mouth: 心得顔の笑いが口許に現われる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 187
秘密めかした
   
the knowing glances one gives sb: ちょっとした秘密めかした目まぜ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s knowing observation: 知ったかぶり
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
knowing ...: 〜だということは明らかだ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 80
what the knowing ones call “nuts”: いわゆる「会心事」
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 10
the deep conscious knowing that ...: 〜という心底からの実感
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 232
have that knowing expectant air: いわくありげな顔をしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 105
specialize in knowing where the action: どこで面白いことがあるかということに関して実に耳が早い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 94
I have the advantage of knowing ...: ぼくは〜を知っているんだぜ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 193
be the type of man who, though not amusing, has a knack of knowing things: 面白味こそないが、いろんなことに通じるこつを心得た男だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 60
And damned angry, and a little upset knowing it happened on my beat: それから非常に腹が立ち、また自分の管轄内で起こったと知って少々動転したのも事実だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
as if they feel braver and righter knowing ...: 〜という気がして元気と正義感がわいてくるしくみだろう
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 42
it makes sb sleep better at night knowing ...: 〜を知ると枕を高くして眠ることができる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 123
By his own buddies most likely, knowing their cabals: おおかた仲間にやられたんだ、内輪もめの多い連中だから
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 94
cannot die knowing that ...: 〜ことを思うと死んでも死にきれない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 107
have no earthly means of knowing ...: 〜であるとは知る由もない
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 11
either knowing or intuiting: 意識的にであれ無意識のうちにであれ知っている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
not knowing what else to say: ほかにいいようがなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
not knowing exactly what to do: よくわからないままに
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 93
exert an influence without knowing it: 自分でも知らずに男を惹きつける
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 296
not knowing what to do in the face of sb’s request for the impossible: (人の)無理な要求を持てあまし
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 252
feel a strong wrench of jealousy--knowing that ...: 〜と考え、身をよじるような嫉妬をおぼえる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
A hacker identifies with the computer, knowing it like a friend: この手のハッカーは無二の親友のようにコンピュータに感情移入する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 21
knowing one have a problem on one’s hands: こいつはやべえな、と思いながら
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 236
say, hardly knowing one speak: ほとんど無意識に口にしている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 531
hardly knowing what one is doing: 自分でも無意識のうちに
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 159
hardly knowing what one do: 無我夢中で
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 60
have no way of knowing ...: 〜か知る術もない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
knowing him: あの人のことだから
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 212
have no way of knowing if such an interpretation would hold: その解釈が当を得たものかどうかは確かめようがない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
sneak sb out of the house without sb ever knowing sb is there: (人に)知られないように(人を)裏口から外に出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 408
insist on knowing ...: 〜を知りたがる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 191
knowing one’s own worth and the sureness of one’s instinct: 自分の能力とかんの確かさには自信がある
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 164
knowing sb is talking nonsense: (人)のでたらめにちがいないと
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 26
knowing that ...: 〜とわかっていながら
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
knowing that ...: 〜とわかる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 116
be not interested in knowing sb: とくに(人に)会いたいような素振りも見せない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 21
knowing one is going the right way: この道でいいと確信しながら
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 94
without knowing it: そうと気づかず
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
knowing there will be a job for sb: なにかの仕事があるのを見こして
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 207
knowing that no one is close enough to hear one: 近くに誰もいないのを幸い
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 11
knowing that ...: 〜と思うと
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 226
feel satisfied, knowing ...: 〜を思って満足を味わう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 108
knowing that ...: 〜なのを自覚し
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 67
with sb knowing: (人に)知られながらも
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
never wholly knowing what was occurring ...: 〜で何が起こっていたのか、その全貌をついぞ知ることなく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
do good without knowing about it: 人に知られずに喜ばれることをする
without knowing why,: なぜともなく
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 52
without knowing why: われにもあらず
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 220
without knowing the whole truth: 全体として正しいかどうかはいざ知らず
there is no way of knowing if ...: 〜は窺うべくもない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 441
specialize in knowing ...: 〜に関して実に耳が早い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 94
raze sb for not knowing: (人の)無知をからかう
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 160
not knowing where: どことも知れず
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 191
not knowing what sb want: 何が〜したいというあてがあるわけではない
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 183
knowing what you do about nature: あなたは自然についてとてもおくわしい
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 11
knowing that if I stop I will never do: 〜するのに〜しないわけにはいかないからだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 222
knowing that ...: 〜だから
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 113
knowing that ...: どうやら〜らしいことを考えて
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 213
knowing sb, I suppose ...: (人)のことだ、〜だろう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 373
knowing sb, ...: (人の)ことだから
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 409
knowing sb twenty years: (人)とは二十年の付き合いだから
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 137
knowing perfectly well: 百も承知で
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
knowing anything is possible: 何だってやればできる、の精神で
knowing ..., one still do: 〜を承知の上で、〜する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
have no way of knowing ...: 〜を知るよしもない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 171
have no way of knowing: とらえどころがない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 50
almost without knowing it: なんの気なしに
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 43
without sb knowing what sb mean: (人が)ろくにわけもわからず
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 60
ツイート