× Q 翻訳訳語辞典
conversation   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おしゃべり
   
have a long conversation: 長々とおしゃべりをする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
fall into conversation: おしゃべりに熱中する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
afternoon conversations with sb: (人と)昼下がりのおしゃべり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 28
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 51
お喋り
   
have long phone conversations with sb: (人と)電話でながながとお喋りをする レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 175
お話しする
   
I enjoy our conversation: お話しして楽しかったわ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 350
せりふ
   
it has no pictures or conversations in it: 挿絵もなければせりふもでてこない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
やりとり
   
The conversation was short but potent: やりとりは短かったが、充実していた ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 295
that was the extent of their conversation: ふたりのやりとりはそれだけだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
Something happened inside George Smiley when he heard this conversation: このやりとりをきいたとき、ジョージ・スマイリーの内部でなにかが起きた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 69
a summary of one’s conversation: やりとりの要旨 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 30

会話
   
two brothers’ intimate conversations: 二人の兄弟の腹を割った会話 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
the racket of ... makes conversation difficult: 〜の騒音がすさまじく会話が聞き取りにくくなる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 24
the conversation it claims to record: もとになった会話 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
take part in the conversations: 会話に加わる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 454
take in the whole conversation: 会話をすっかり聞く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
steer the conversation onto more neutral ground: もっとあたりさわりのない方向へ会話をもっていく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 240
sound of voices holding muffled conversations: くぐもった会話の声 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 328
quickly review one’s conversation with sb: (人)との会話をざっと報告する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
normal conversation: 会話らしい会話 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
keep up one’s end of the conversation: 会話の相手をする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 305
keep our conversations confidential: 我々の会話をどこにも洩らさない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 496
in daily phone conversations: 電話をつかった連日の会話の最中 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 376
have long, feverish phone conversations: 電話で長く熱烈な会話を交わす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 407
have any portion of what one understand to be a confidential conversation relayed to others: (人の)会話は内密なものにされるはずだったのに、それがどうしてか他人に洩れてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 503
have a lively conversation: 会話がはずむ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 41
gossipy, light conversation: とりとめもない幼い会話 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 245
free-wheeling conversations: テーマを定めぬ会話 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 10
for any kind of sustained conversation: 会話をつづけている間は プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
find a way to drop a bombshell into the conversation: 会話の途中でびっくりするようなことを言いだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
endanger the flow of conversation: 会話の流れをとどこおらせる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 19
desultory conversation: だらだらした会話 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 137
come away from the conversation: 会話を終えて立ち去る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
carry on a conversation: 会話を続ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 337
be having a hard time following the conversation: 会話をつづけられる状態ではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
会話のやりとり
   
it has no pictures or conversations in it: その本にはさし絵もないし、会話のやりとりもありません ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 10
会話の流れ
   
the conversation grinds to a awkward halt: 会話の流れがとどこおる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 66
語り合う
   
get into long and lively conversations about ...: 〜について長く熱心に語り合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 415
口調
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
人と話す
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
人の話
   
topics of conversation: 人の話の種 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 6
談話
   
an ordinary conversation: 尋常の談話 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
物をいい掛ける
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 11
問い合わせる
   
a great deal of conversation with sb: 何度も(人に)問い合わせる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 286
問題
   
one’s conversation drifts to the subject of ...: (人の)問題が〜の事へ落ちて来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 32
問答
   
The conversation seemed to me to be rather purposeless: この問答は私に取って頗る不得要領のものであったが、私はその時底まで押さずに帰ってしまった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
odd conversation: 珍妙な問答 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 205
   
turn the conversation delicately back upon ...: また話を〜へそれとなく持っていく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 158
try to carry on a conversation with sb: 出来るだけ話を(人に)仕掛けて見る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 205
there is no more conversation for a minute or two: しばらくは話もとぎれてしまう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 96
the conversation remains simple and direct throughout: 話が簡単でかつ明瞭に片づいてしまう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 248
some ordinary conversation: 何か当りさわりのない話 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 162
right in the middle of the conversation: 話の途中でだしぬけに サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 176
pleasant conversation: のんきな話 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 87
one’s own conversation: 自分の話 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 18
one’s conversation draws to a close: 話が終わりかける グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 84
one’s conversation: (人の)話 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 177
no real path to one’s conversation: 話に筋道らしい筋道はない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 199
it is a difficult conversation: 二人の話は噛み合わない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 143
have an intelligent conversation: 筋の通った話をする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 207
have a slightly intellectual conversation: ちょっぴり知的な話の相手になる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 211
have a series of conversations with sb: 何度か(人と)話し合う ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 317
have a casual conversation: のんびりと話をしている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 12
find it hard to dissociate from ... and concentrate on one’s conversation: 〜が頭を離れず、話に身が入らない グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 31
during a conversation: 話の途中で ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 213
conversations with sb reveal ...: (人から)話を聞いて、〜が明らかになる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 154
continue the conversation in the morning: 話の続きは明日の朝にする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 291
come to a pause in the conversation: 話が一段落する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 11
be drawn into the conversation: 話につり込まれる 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 115
話し
   
have a conversation with sb: (人と)差向で話しをする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
話し合う
   
whisper one’s conversation: 小声で話し合う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
話し声
   
muted conversation: くぐもった話し声 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 194
話す
   
meet with sb for the purpose of a conversation not an interview: インタビューではなくて、ただ個人的に(人に)会って話す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
as the conversation progresses: 話しているうちに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 184
話題
   
the conversation turns to ...: 話題は〜におちついてしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
re-route the conversation: 話題を変える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
deflect the conversation to oneself: 話題を(人の)ほうにもっていく レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 178
ツイート