× Q 翻訳訳語辞典
patient   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
我慢して
   
be patient in ~ing: 我慢して〜する 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 22
我慢する
   
have been patient for a long time: ずっと長いあいだ我慢に我慢を重ねてきた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 531
患者
   
work in the care of critically ill patient: 重症患者の世話をしてきた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 565
understand the patient’s true state of mind: 患者の気持ちを汲みとる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 17
patients upon whom we perform our procedures: 我々が扱う患者 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 208
how the American psychiatrists deal with one’s patients in practice: アメリカの精神科医が実際にどのように患者に接しているか 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 15
feelings of helplessness of one’s patients: 患者がどうにもならずもがいている状態 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 15
determined patient: 意志の強い患者 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
as far as the patient is concerned: あの患者の クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 207
abandon the patient to his helplessness: 患者をヘルプレスな状態に放置する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 17
a good patient: 従順な患者 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
気を長くもつ
   
Just be patient and we'll work it out: とにかく、気を長くもつんだな。きっと何とかするよ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 52
根気
   
patient enough to do: 〜する根気 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 182
執拗な
   
like a patient murderer: まるで執拗な殺人者のように ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 257
慎重に
   
be patient about getting to the bottom: 結論をいそがず慎重にやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
辛抱
   
you must be patient: 辛抱が肝心だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 360
辛抱づよい
   
a patient sort: 辛抱づよいタイプ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
辛抱強い
   
be patient with sb: 辛抱強く応じた ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 419
辛抱強く
   
teachers are helpful or patient with a confused student: 教師は辛抱強く丁寧に、わかりの遅い子供を教える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 274
先を急がない
   
do be patient and let sb talk: 先を急がずに話を聞きなさい グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 269
丹念な
   
cannot follow the patient explanation: 丹念な説明にはついていけない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 12
忍耐強く
   
dangerously patient: 気味悪いほど忍耐強く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 188
病人
   
the patient in the next bed: 相部屋の病人 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
stink common to patients: 病人特有の口臭 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 10
並々ならぬ
   
get together with such patient labor: 並々ならぬ苦労をして蒐める 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

swab the patient off: 清拭
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 191
former cancer patient: 癌の経験者
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
be patient: 我慢をかさねる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
be patient: 辛抱辛抱
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
try to be patient with sb: いまはムカッ腹を立てないほうがいい、と自分に言い聞かせる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 362
have to be very patient: 性急さは禁物よ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 129
be a lot more patient: もっとじっくり構える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 6
a healthy person caring for a patient: 無病であった看護人
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 215
But in this business you have to be very patient: でも、この問題では性急さは禁物よ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 129
be patient even charming, with sb: 辛抱強いうえに、(人に対して)つねに親切で優しい
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 239
concern the patient’s private life: 患者の秘密にわたる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 130
delirious patient: 熱に浮かされたぼく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 57
The guy was patient and plodding, repeatedly trying the same tricks: むしろ鈍重なまでに忍耐強く、ただひたすら同じことを繰り返すばかりである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 12
Really, Jerome, do be patient and let me talk: まあまあ、ジェローム、先を急がずに話をお聞きなさいな
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 269
While she swabbed the patient off, Rosen looked for and got sterile garb: 清拭がつづけられるあいだに、ローズンは手術着をさがしてつけた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 191
ツイート