× Q 翻訳訳語辞典
laughter   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
さんざめき
   
lulled by the music and distant laughter: 音楽と遠くのさんざめきが耳にこころよく マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 332
どっとわく
   
Inside the bus there was laughter: 車内がどっとわいた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 12

失笑
   
win laughter: 失笑を買う 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 7
笑い
   
with laughter in one’s intelligent eyes: 利口そうな眼に笑いをみなぎらせて 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 75
uncontrollable laughter: 抑えのきかぬ笑い ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
the sound of sb’s laughter reaches sb’s ears: ( 人の) 笑い声が( 人の) 耳に響く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 217
subdued laughter: 忍び笑い デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408
say with a little scream of laughter in spite of all one can do to prevent it: いい、とうとうこらえきれずにけたけた笑い出してしまう ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 160
say with a little scream of laughter in spite of all one can do to prevent it: こたえて、どうにもがまんしきれなくて、くっくっ笑いだす ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 149
roar with laughter at ...: 〜に大笑いする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
restrain one’s laughter: 笑いをこらえる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 271
receive only token laughter: 申し訳ほどの笑いしか起きない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 43
pause to let the murmur of laughter die away: 笑いのさざなみが収まるのを待って、口を開く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 85
one’s laughter keeps bubbling up inside one: (人の)笑いは体の中で尾を引いている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
never heard the sound of laughter: 高い笑い声などの聞こえる試しはまるでない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
give vent to another burst of throaty laughter: またまた腹をかかえて笑いだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 472
divert with laughter: 笑いにまぎらわせる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 171
be obliged to simulate a cough to cover one’s stifled laughter: 思わず笑いを誤魔化すために咳きこむ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 90
be helpless with laughter: 笑いすぎて、もう止まらない フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 81
a peal of ribald laughter rise: どっと哄笑がわく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 330
a burst of laughter rise: 笑いの波が起こる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
笑いの玉
   
feel the laughter gushing up inside one: 笑いの玉がこみ上げて来る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
笑い声
   
still have sb’s laughter in one’s mind: 〜の笑い声は今も〜の耳に残っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 103
scream with laughter: ヒステリックな笑い声をあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
peal laughter so loud: 笑い声をひびきわたらせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
one’s laughter free as a waterfall: (人の)笑い声は滝のようにほとばしる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
not-quite-right laughter: どこかよこしまな笑い声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
a peal of radiant laughter: 陽気に笑い声 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
笑い方
   
laughter of a child: まるで子どもの笑い方 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
笑う
   
shout ... in high laughter to sb: 大声で笑いながら(人に)〜という ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 471
roar with laughter: 腹を抱えて笑う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
end with a gush of laughter: そこまでいってげらげら笑う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 156
爆笑
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
哄笑
   
laughter fill up sb’s throat: 喉の奥に哄笑がこみ上げてくる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 183

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with laughter: 腹をかかえて
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 93
shriek with laughter: キャッキャッ喜んでいる
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 31
roar with laughter: 大口をあいて笑う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 140
roar with laughter: 呵々大笑する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 236
one’s capacity for laughter: 笑い上戸
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 68
howl with laughter: 腹の底から笑う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
choke back laughter: 吹き出して息をつまらせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
burst into laughter: 笑ってしまう
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 46
yells of laughter greet this performance: この芸当は何人もの哄笑に迎えられる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 107
with cries of cheerful laughter: にぎやかなさざめきのうちに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 123
there is laughter all round at ...: 一同は〜にどっと笑う
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 240
the talk and laughter of sb: (人の)談笑
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 13
shouts of laughter rise: 笑い声をたてる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 23
one’s face is momentarily contorted with suppressed laughter: 頬を歪める
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
let out a great bellow of laughter at ...: 〜にげらげらと笑う
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 168
in spite of one’s laughter: 笑っている癖に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
by the sound of laughter of sb: 〜が笑いだして
burst into raucous laughter: げらげら笑い出す
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 17
burst into raucous laughter: 莫迦笑いをする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 107
burst into a hearty fit of laughter: 腹の底から笑いころげる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 166
be unable to contain one’s laughter: 思わず吹き出してしまう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 352
be incapacitated with laughter: 腹をかかえて笑い転げる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 388
always there was sb’s laughter: (人は)実によく笑った
add, the laughter gone: 真顔になって付け加える
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 491
a wave of laughter comes over sb: おかしくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
a great burst of laughter: どっと起こるわらい声
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 12
at last sb’s laughter abates: (人は)やっと笑いから醒める
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 42
each remark become an excuse for additional laughter: 何かひとこと言うたびにわっと笑い出す
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 57
one’s affectedly jocular laughter: (人の)わざとらしい高い笑い
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 48
for a long while, there have been no laughter: 長いこと笑い声とはご無沙汰だ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 87
do not bother to disguise the laughter in one’s voice: 声ににじむ笑いを隠そうともしない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 140
break off with a shout of laughter: 言葉を切ってひと声高く笑う
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 167
bring forth smiles and laughter: 人々の微笑や高笑いを誘う
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 30
there is broad laughter in ...: (場所)じゅう笑いの渦に包まれる
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 331
there is a burst of laughter: ひとしきり満場の笑いを誘う
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 459
burst into such a hearty and unusual peal of laughter: わっとばかりいつにないほがらかな笑い声で笑いだす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 173
burst into raucous dirty laughter: 下卑た大声で笑いだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 161
careless laughter: 放埒な笑い声
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 268
be collapsed in laughter: 笑い転げている
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 193
collapse with laughter: ゲラゲラ笑い出す
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 84
collapse with laughter: 笑いころげる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 188
the forced laughter is cut dead by sth: せっかくの作り笑いも〜でぷつんととぎれる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 234
each manages to keep the laughter down to a half-suppressed snigger: みんなは自分の笑ひを、忍び笑ひ程度に抑へようと苦心する
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 19
enthusiastic laughter: 大きな笑い声
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 144
the laughter is genuine and expansive: 正真正銘、ほんものの明るい笑い声だ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 33
fill the telephone with laughter: 受話器の中に笑い声がこもる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 113
break into foolish laughter: 莫迦みたいに笑い出す
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 87
give away to one’s suppressed laughter: こらえていた笑いを爆発させる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 69
rich gusts of Slav laughter: ヴォリュームたっぷりのスラヴ人の高笑い
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 464
indignation gives way to laughter: 驚愕が笑いに変わる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 194
The inevitable raucous laughter followed: 例によって耳ざわりな笑い声が続いた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 173
not joining in sb’s laughter: (人の)笑いにはのらない
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 231
joyless laughter: 妙にしんねりした、はずまない笑い声
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 113
keep from screaming with laughter: 笑いの発作をこらえる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 23
nervous laughter: ひきつった笑い
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 134
reduce sb to fits of nervous laughter: 不安のまじる大きな笑い声をあげる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 109
However parched the tone, it was laughter: どんなにひからびた声でも、とにかく笑い声だった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 122
let out a peal of the wild laughter: あたりはばからぬ大笑いを放つ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 184
burst into such a hearty and unusual peal of laughter: わっとばかりいつにないほがらなかな笑い声で笑いだす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 173
ツイート