× Q 翻訳訳語辞典
spite   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いやがらせ
   
it was the finest bit of spite I’ve ever heard of: まったくあんないやがらせは聞いたこともない シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 55

意地
   
out of spite: 意地でも 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 123
逆らう
   
live a life to spite sb’s hard virtue: 死ぬまで(人の)厳しい道徳に逆らって生きる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 86
恨み
   
out of spite: たとえ恨みからにせよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 262
恨みを晴らす
   
spite one’s boss: 上司への恨みを晴らす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 186

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

out of spite: 嫌がらせに
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
out of spite: 腹いせをする
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 14
in spite of this: それでも
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 121
in spite of oneself: 思わず
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
in spite of oneself: 自然に
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 20
in spite of oneself: 内心
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 113
in spite of oneself: 不覚にも
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 62
in spite of it: それでも
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 305
in spite of everything: やっぱり
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 217
in spite of ...: 〜ながら
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 61
in spite of ...: 〜のに
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
vent one’s spite on ...: 〜に当たり散らす
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 58
say with a little scream of laughter, in spite of all one can do to prevent it: いい、とうとうこらえきれずにけたけた笑い出してしまう
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 160
say with a little scream of laughter, in spite of all one can do to prevent it: こたえて、どうにもがまんしきれなくて、くっくっ笑いだす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 149
just to spite sb: これ見よがしに
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 226
just to spite sb: ただただ(人への)面当てに
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 338
it just slips into sb’s mind in spite of sb: つい想像してしまう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 332
in spite of wind: 風があるのに
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 102
in spite of the war: 戦時だというのに
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 336
in spite of the obsequious protests of sb: (人が)追従的におよしなさいというのもきかず
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 181
in spite of the harshness of one’s words: ことばはきついが
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
in spite of that cold, ...: その寒さに〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 406
in spite of sth’s plausible title: もっともらしい題は附けられているものの
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 9
in spite of sb’s predictions: (人の)予言は当たらず
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 261
in spite of sb’s age: 年甲斐もなく
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 32
in spite of oneself: 〜するともなく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 121
in spite of oneself: さすがに(人)も
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 62
in spite of oneself: たまたま思わず
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 31
in spite of oneself: 意志に反して
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
in spite of oneself: 心ならずも
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
in spite of oneself: 無意識のうちに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 384
in spite of one’s reluctance to admit it: 認めたくはないけれど
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
in spite of one’s laughter: 笑っている癖に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
in spite of one’s fears: 案に相違して
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 275
in spite of lack of imagination: いかに想像力が乏しいとは言え
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 268
in spite of everything: こうした状況下にもかかわらず
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 266
in spite of everything: 結局のところ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 12
in spite of all that: それなのに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 223
in spite of all sb’s urging: どんなに(人が)すすめても
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 50
in spite of all attempts at persuasion: 長い間棄教を迫られたにもかかわらず
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 7
in spite of all: いろいろあったわりには
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 279
in spite of ...: 〜したものの
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 398
in need of something to vent one’s spite on: 口惜しまぎれに
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
endearing in spite of one’s craftiness: ずるそうだが目の放せない愛嬌があった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 17
desire to spite sb: (人への)面当て
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 20
contrive to enjoy the drive in spite of all: それでも楽しく乗って行く
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 384
be raising one’s voice in spite of oneself: 終りのほうは思わず声が高くなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
be amused in spite of oneself: なんだかおかしくなる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 385
act out of spite: 腹いせにやる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 355
Weiss was convinced that Scott was acting out of spite: ワイスには、スコットがくびにされた腹いせにやっているとしか思えなかった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 355
At least she had not kept the baby out of spite or defiance: とはいうものの、子どもを手もとに残したのは腹いせのためではなかったし、世間を見返してやろうと考えたためでもなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
this bit of spite as it turned out, do me no good at all: ちょっとした意地わるのおかげで身をほろぼす羽目になる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 47
I'm quite tired, but joyous still, in spite of all: とてもバテているけど、いろいろあったわりにはまだ元気よ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 279
in spite the meagerness of the role: 端役だが
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 28
in spite of sb’s shortcoming as an orator: 説教は下手でも
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 246
in spite of daily rebuffs: 毎日すげなく扱われてはいたが
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 282
In spite of all our urging they refused to get into the straw and rest;: 我々がすすめても藁の中にもぐりこもうとはせず
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 50
in spite of sb’s shortcomings as an orator: 説教は下手でも
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 246
smile in spite of oneself: 心ならずも微笑をうかべる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
in need of something to vent one’s spite on: 口惜しまぎれ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
Tweet