× Q 翻訳訳語辞典
intense   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
きつさ
   
in profile, sb have appeared lean and angular, intense and inaccessible: 細面で鋭角的な横顔には近寄りがたいきつさがある フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 69
きびしい
   
an intense muteness: きびしい無言 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 67
けんめいの
   
intense encouragement: けんめいの力づけ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
しんしんたる
   
become a source of intense interest: しんしんたる興味のまとになる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78
すさまじい
   
The cold was intense: 寒気はすさまじかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 272
intense heat: すさまじい高熱 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 408
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 154
なまなましい
   
our conversation grew more intense: 話がなまなましくなった 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 128
ひしひしと感じる
   
one’s intense isolation: ひしひしとい感じる孤独感 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 447
ひたむき
   
a kind of intense and mystical dependence: なにかしら不可解なまでにひたむきな追随性 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 27
ひどく
   
through the intense silence of the woods: ひどくしんとした松林の中を 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 17
まったく
   
be in a mood of intense preoccupation: ほかのことにまったく心を奪われている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 9
むせかえるような
   
be intense psychedelic craziness: むせかえるような、極彩色の狂気だ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 160

異常な
   
a sign of intense pleasure: 異常な喜びの余りのしぐさ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 76
一途な
   
an expression, intense and curious: なにかに惹かれた一途な表情 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 30
一本気で
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 7
鋭い
   
return that intense gaze quietly and without any nervousness: 相手の鋭い視線を、落ち着いた、たじろがぬ眼で見返す アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 276
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 227
過酷な
   
be subjected to intense acts of sexual abuse: 過酷な性的暴行を受けてる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 302
極度に強い
   
an experience of intense pure vision: 極度に強い幻惑 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 28
激しい
   
in a moment of intense pain: 激しい痛みに耐えかねて ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
fixed and intense hatred: 激しい憎悪をむきだしにした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
激烈な
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
厳しい
   
the training is intense: 訓練は厳しい フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 299
向こうっ気の強い
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 216
仕事一途な
   
intense man: 仕事一途な人間 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 94
仕事熱心な
   
a small, intense man: 小柄な、仕事熱心な男 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 150
思いつめたような
   
an intense expression: 思いつめたような表情 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 335
灼熱の
   
intense heat: 灼熱の火 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 267
心から
   
be an intense relief: 心からほっとする思いだ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 140
深まる
   
their love becomes more intense and overwhelming: 夫婦の愛情はいよいよ深まり、自分でもどうしようもないほどになる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 134
真剣な
   
intense gaze: 真剣なまなざし ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 146
神経がいつも昂ぶってる
   
be the intense soulful kind that always makes me feel prickly with embarrassment: 神経がいつも昂ぶってて気取ってて、僕が必ず手を焼くようなタイプだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 241
大いに
   
have the intense satisfaction of doing: 〜するのに大いに満足する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 357
泥沼の様相を呈する
   
become intense: 泥沼の様相を呈しはじめる 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 79
突っ込んだ
   
intense discussions: 突っ込んだ議論 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 317
熱血漢
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 318
熱血漢の
   
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 32
熱心な
   
an intense enthusiastic young man: 熱心な青年 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
飽くことを知らぬ
   
sb’s passion is intense: 飽くことを知らぬ情熱 ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 72
無我の
   
break from one’s intense movelessness: 無我の不動の姿勢から脱けだす ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 77
猛然と
   
an unbearably intense foretaste of misery crowded in on sb at that moment: わびしさが猛然と身のまわりに押し寄せて来る気配に堪えかねる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 137
熾烈
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 48

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the intense cold: 極寒
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
intense cold: 酷寒
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 406
inferno of intense heat: 炎熱地獄
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
grow intense: 募る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 27
be so intense: 集中力を持っている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 144
with such intense concentration: くい入るように
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 138
the intense hatred it showed sb harbored: (人の)憎しみがすさまじくも露骨にあらわれているようで
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 10
survive blizzards and the intense cold of ...: (場所)の吹雪と酷寒のなかにあっても生き延びる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
stare back with intense wide-open eyes: 眼をむいた(人)、まばたきひとつせずに見返す
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 111
sb’s fascination with ... became more intense: (人の)〜へののめりこみは深まった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 69
one’s loneliness be so intense that one is half-mad with it: あまりのさみしさに(人は)気が狂いそうになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
examined sth with intense care: (物を)子細にあらためる
conduct a personal, very intense ritual: ひとり真剣に厳かに、何か儀式を行う
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 214
ask with a strange, intense urgency: どこか不自然な、切迫した事態をにおわす緊張した声で言う
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 383
a sensation of desolation more intense than anything I have previously known: これまで味わった事のない悽愴の思い
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 103
a look of intense concentration: 思い詰めた真剣なまなざし
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 47
the pain becomes so intense that it affects sb’s head: あまりの痛さに頭がぼうっとしてしまう
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 223
intense brilliance of the summer sun: はげしい夏の光り
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 396
burst into intense life: ぱーっと鮮烈に炸裂する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 384
intense cold: 厳寒
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 358
a look of intense concentration on sb’s face: 何事かにすっかり心を奪われている姿
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 516
despite one’s intense admiration for sth: 〜の熱烈な崇拝者でありながら
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 59
intense disruption: 強烈な打撃
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
feel a sudden, intense sense of empathy: 一種の暖かい陶酔感を覚える
池澤夏樹著 デニス・キーン訳 『スティル・ライフ』(Still Lives ) p. 62
in a single moment of intense inspiration: 一種の興奮を味わいながら一気に
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 6
pretty intense-looking: 相当にヤバい感じ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 105
an intense muteness invested the chamber: きびしい無言が部屋を埋めている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 67
the intense experience one have passed through: いましがた遭遇した強烈な経験
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 111
an intense debate rages: 激しい議論の応酬がある
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 35
give sb the most intense satisfaction: ひどく痛快な気がする
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 130
force of that intense personality suddenly turning itself wholly upon sb: 突如としてのしかかってきた強烈な個性の力
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 31
ツイート