× Q 翻訳訳語辞典
hell   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまりにも
   
be humiliating as hell: あまりにもくやしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 53
いいかい
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
いやはや
   
Hell, I need a drink: いやはや、こっちは酒が必要だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 20
くそっ
   
Hell, he was on the phone to Them every fucking day, it seemed: くそっ、そういえばやつめ、毎日毎日、やつらに電話をかけまくっていたな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
すごい
   
you look like hell: きみの顔すごいぜ サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 147
すごく
   
hell of a nice fellow: すごく感じのよい(人) スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
get serious as hell: すごくまじめになる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 15
そういえば
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
てんやわんやの大騒ぎ
   
hell’s going on: てんやわんやの大騒ぎだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 210
とんでもない
   
hell no: いや、とんでもない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 71
とんでもねえ
   
Luncheon, hell: 昼食会、とんでもねえ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 175
なに
   
Hell, I have a somewhat checkered past, too, y'know?: なに、こっちだって多彩な過去だよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
ははあ
   
ひどい目に遭う
   
The first summer, they said, is invariably hell: 移って最初の夏はひどい目に遭うという メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 51
ほら
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196
まったく
   
Hell, warming up is practically an art in itself: まったく……ウォーミングアップというのはそれ自体、ほとんど芸術なんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
めちゃめちゃ
   
the world go to hell: 生活はめちゃめちゃ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 51
もちろん
   
Hell, it makes no difference now: もちろん今となってはどうでもいいことだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 125
やれやれ
   
Hell, that was close: やれやれ、危ないところだった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 213

苦悩
   
suffer a private hell: 人知れぬ苦悩を味わう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 20
酸鼻な光景
   
get a mid-shot of hell: ほどほどの距離から酸鼻な光景を見おろす エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 245
騒ぎ
   
raise hell all over ...: (場所)で派手に騒ぎを起こす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 288
raise a lot of hell: えらい騒ぎになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 210
大目玉
   
there will be hell to pay: 大目玉を食らう デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 77
地獄
   
it will be a cold day in hell before one do: (人が)〜するのは地獄の火を消すよりむずかしい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 369
be going down the road of shortcuts to hell: 地獄まで落ちるしかない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 215
be already well down one’s particular road to hell: 地獄への一本道を辿っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
a hell of unspeakable torments: 阿鼻叫喚の地獄 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 7
馬鹿いっちゃ困るよ
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 320
文句なし
   
one hell of a motive: 文句なしの動機 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 248
面倒
   
to save hell for everybody: 面倒を起こさないために ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 292
   
bring holy hell on sb’s head: ひどい雷を落とされる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
Tweet