× Q 翻訳訳語辞典
smell   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
(匂いが)わかる
   
can you smell this?: わかるか、この匂い? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 183

におい
   
will smell like something: まだあのにおいは消えないだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 183
breathe the smell of sb: (ひとの)においがする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 110
においがしみついている
   
smell of ...: 〜のにおいがしみついている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 59
においをさせる
   
smell strongly of sth: 〜んにおいをぷんぷんさせる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151

異臭を放つ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
移り香
   
smell of the nursing child: 乳呑児の移り香 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 23
感じ取る
   
smell ...: 〜を感じ取る デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 46
香り
   
the smell of fresh coffee rise from ...: 〜から立ちのぼるコーヒーの香り スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
臭い
   
there is the smell of fish everywhere: どこもかしこも生臭い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
there is a smell of something old and wretched in the air: 饐えたようなかびっぽい臭いが空気の中にかぎとれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
the smell of an oldness can’t be lost: 古くさい臭いがそこらに漂っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
the smell grows stronger: 臭いはますます強く鼻をつく ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 239
stale alcohol smell of ...: 〜にたちこめる饐えた薬用アルコールの臭い スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
have the same smell: おなじ臭いがただよう サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 311
a faint fish smell hangs around sb: 魚くさい臭いがうっすらと(人を)つつむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
... filled with the smell of ...: 〜の臭いのこもる〜 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 44
臭いだ
   
really smell ...: はっきりした臭いだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 187
臭いに気づく
   
smell something funny: 妙な臭いに気づく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 181
臭いをさせてる
   
smell like shit: すげえ臭いをさせてる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 190
臭いをしみつけられる
   
smell of one’s sweat: (人の)汗の臭いをしみつけられちゃう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 243
臭気
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
体臭
   
smell a lot: ひどい体臭 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 312
匂い
   
the smell of sth invades sb’s nostrils: 〜の匂いが(人の)鼻をつく フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 80
the accrued smells of old men: ますます深く淀んでいく老人たちの匂い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
that visceral death-bed smell: 死ぬ間際に吐いたはらわたの匂い 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
that smell goes right to your brain, doesn’t it?: 匂いって、すごいね。何よりもダイレクトに脳に入ってくるんだね 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 89
still feel it and smell it to this day: その熱や匂いを、今でもありありと感じる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 24
smell of vagrants fill sth: 浮浪者の匂いがこもっている 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 139
have such a nice smell: とてもいい匂いがする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 186
fill the air with the smell of ...: 〜の匂いをさせる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 132
匂いがしみつく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
匂いがする
   
smell vaguely of ...: ほのかに〜の匂いがする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
smell some sort of ...: なんだか〜の匂いがする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
匂いをかぎつける
   
smell money: 金の匂いをかぎつける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 249
匂いを立てる
   
smell pleasantly of ...: 〜の香ばしい匂いを立てる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
匂う
   
almost smell: 匂い立つような 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
鼻につく
   
When he could smell it, the ritual had offended him;: まだその臭気が鼻についていたころ、この儀式には抵抗があったものだった フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 12
鼻をつける
   
smell sb’s hair: (人の)髪に鼻をつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 178
鼻を近づける
   
smell sth: (物に)鼻を近づける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 187
smell one’s feet: 自分の足に鼻を近づける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
鼻腔をくすぐる
   
smell the old aroma: 昔なつかしい香りが(人の)鼻腔をくすぐる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
鼻先をかすめる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
鼻先を去らない
   
can still smell the sweat of the man: 今も男の汗の臭いは鼻先を去らない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
立ち込める
   
smell of heat: 熱気が立ち込める メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
嗅ぎつける
   
smell a rat: なにか嗅ぎつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
嗅ぐ
   
like some fuckin mutt smelling heat: さかりのついた野良犬がメス犬のにおいを嗅いだみたいに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you smell funny: お前、匂いが変わったな
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 103
smell really strange: 異様な臭気を放つ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 9
smell of ...: 〜の匂いがあたりに漂っている
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
smell differently: 匂いが変わってきた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
smell better: いくらかマシな臭いになる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 250
smell bad: 評判は悪い
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
smell a rat: 怪しいと思う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 191
smell a rat: 感づく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 57
smell a problem: 何かあるな、と思う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 121
noxious smell: 耐えがたいほどの悪臭
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 21
musty human smell: 人いきれ
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 153
can smell ...: 〜の臭いが鼻を衝く
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 19
can smell ...: 〜の匂いがただよってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
can smell ...: 〜の匂いが鼻腔をくすぐる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
briny-smelling: 磯臭さが漂う
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 213
wake up to the smell of ...: 〜の匂いで目を覚ます
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 251
the smells ... are intoxicating: 〜すると、酔ったような気分になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 119
the minute one smells something a bit fishy: なんかこう、ちょっと嫌だなと思うことがあると
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 388
the kind of musty smell: 蒸れたような酸っぱさ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 166
stick sth for sb to smell: (物を)(人の)鼻先に突き出す
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 173
smell the spicy, luscious odor: 辛い、おいしそうな匂いがする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 85
smell the bad smell: 悪臭がただよってくる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 187
if ever a man smelt fever and dysentery: 熱病や赤痢がどんな匂いをたてるものか知りたかったら
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 134
can smell the coffee, hot and good: (人の)鼻腔を熱いコーヒーの芳香がくすぐる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
can smell criminal written all over sb: (人の)目には(人の)身体中に「犯罪者」という文字がべたべたと書きつけられているみたいに映る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
can smell a hot meal: あたたかい食事のにおいがしている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
awaken and smell the coffee: きなくさい臭いを嗅ぎつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
And there's a lot to smell on Nettie Cobb: で、ネッティ・コッブは弱点のかたまりときてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
be dark and filthy, and with a horrible smell of foul sleep in it: 暗くて不潔な上に、忌まわしい死の眠りのにおいが、いきなり強くプンとくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 130
smell of damp foliage greet one’s arrival: じめじめした植物の匂いが鼻をつく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 153
an awful smell: おぞましい臭い
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 83
there is an awful smell of ...: 〜の臭いがひどくこもっている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
beefy smell: 濃厚な匂い
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 226
a bittersweet smell: 甘酸っぱい匂い
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 61
be half choked by the smell of ...: 咽せるような〜の匂いを嗅ぐ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 122
a smell coming from ...: 〜から漂う臭い
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
make the dearest effort to look nice and smell nice too, ...: きれいに見え、そのうえ、いい匂いをさせるために、かわいそうなくらい努力する
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 34
a thin derisive man with the usual plumber body-smell: 痩せて無愛想な、配管工に特有の体臭のある男
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 214
a disagreeable smell of ...: 〜のイヤな臭い
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 27
be unable to stomach the disgusting smell of sth: (物の)においに閉口する
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 74
smell of dust and mildew fill one’s nostrils: 埃と黴の匂いが鼻をつく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 176
one’s first sensation is the dusty smell of the carpet: 埃っぽいカーペットの臭いがまず鼻をつく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 255
a foetid smell: 強烈な悪臭
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 308
be greeted by the smell of blood: あたりに、血のにおいが生臭くただよっている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 137
smell heavenly: いい匂い
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
like a bad smell: その鼻も曲るような悪臭さながらに
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 93
smell like ...: なんだか〜のようなにおいがする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433
the smell of death that already lurked inside sb: 忍びよってくる死の匂い
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 129
the moldy smell of one’s loneliness: 不潔で陰湿な孤独の匂い
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 127
Yet the smell was overpowering: だが、匂いは耐えがたかった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
pervasive smell of mold: 黴のにおいが漂っている
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 48
a powerful smell: 強烈なにおい
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 413
an awful smell puffs out at sb: ひどい臭いが吹きだす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 83
a rare, pungent smell: ざらにはお目にかかれない刺激的な匂い
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 83
one’s reportorial sense of smell: ルポ・ライターとしての(人の)嗅覚
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 77
robust smell of coffee: コーヒーの香ばしい香り
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 47
the sweet sickly smell of stale beer: すえたビールのむっとする匂い
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 251
ツイート