× Q 翻訳訳語辞典
sea   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
sail straight out to sea: まっすぐ沖へ向かう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 92
   
walk to the sea: 海へ這入りに出掛ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
the sea is hard as slate: 海がスレートのような硬さを見せる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
surge of the sea: 海の鼓動 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 21
storm at sea: 大時化の海 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
still damp from the sea: 海から上がったばかりでまだ濡れている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
stare out to sea: 海に見入ってる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 85
fragrant with sea salt: 海のにおい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 335
do not feel like the sea: 海に出る気がしない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 129
control of the air and sea: 制空権と制海権 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 308
come to a strip of land that stick out into the sea: 海に向かって突きだした細長い土地に着く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
a yacht pitching in a heavy sea: 波の高い海で縦揺れをくりかえしているヨット プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
a sea of ample, waving bodies: おばさんとおばさんとおばさんの肉体の海 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
海原
   
rise out of the azure sea: 青い海原に突き出す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
海上
   
the rolling sea: 波荒い海上 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
the heavy sea: 荒れ騒ぐ海上 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 346
in that heavy sea: 波高い海上だ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
海底
   
fell into the sea: 海底に消える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
海洋
   
sea’s nightmarish power working endlessly on one’s moods, one’s passions: 海洋が刻々と感情に及ぼす悪魔のような力 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 67
航海
   
while at sea: 航海の間に 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 19
no Grand Cause is to be found at sea: 航海の行く手に、大義なんかありはしない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
more than ten years at sea: 十数年の航海歴 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
人ごみ
   
through the sea of students: そんな学生たちの人ごみの中を 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 57
水中
   
sea sled: 水中橇 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
大海原
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
潮路
   
across wide continents and endless seas: 永い陸路や、八重の潮路をたどる 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 6
   
for someone who lives by the sea: 浜の女にしては 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 24
洋上
   
the ships are scattered over the sea: 船団は、疎開隊形を洋上にひろげている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
at sea: 洋上で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the tremendous seas: 荒れ狂う海
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 127
the tang of the sea: 磯の香り
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 340
the line of the sea: 水平線
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
the heavy seas: 波浪
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 335
salt sea air: 潮風
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
put out sea: 港を出る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 382
heavy seas: 激浪
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 411
be at sea: 海上を漂っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 56
at sea: 途方にくれて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 98
she lies at anchor, ready for sea: いつでも出帆できるように待機中です
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 62
reach down to the sea: 海面から生えてる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
like an angry sea: 怒濤のように
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 30
finally reach the quieter and deeper part of the sea: 比較的広々した所へ来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
face the prow toward open sea: 船首を沖へ向ける
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 88
be completely at sea as to what you are driving at: あなたが何をねらっているのかちっともわからん
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 118
be better on land than sea: 水上より陸のほうが向いている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 250
at the edge of the sea wall: 岸壁のはずれに
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 85
a strong sea wind lashed at his city suit: 強い浜風がスーツをたたく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
a dreadful sea rising: 恐ろしい高波
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
ツイート