× Q 翻訳訳語辞典
land   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ありつく
   
the first job sb landed was with the Post Office: はじめてありついたまともな勤め口というのが郵便局だ シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 108
くらわす
   
land as sweet a punch in sb’s eye as I’ve seen: (人の)目にあんな小気味のいい一撃をくらわす マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 307
つかむ
   
one’s heady expectations of landing policymaking roles: 政策決定の役どころをつかむという大それた夢 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393

   
lure of exotic land: 異郷の風物 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
   
the land of opportunity: なんでもできる国 フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 321
山林
   
uninhabited land: 人の住まない山林 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 180
社会
   
corporation land: 企業社会 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
取りつける
   
land a contract: 契約を取りつける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 90
世界
   
tear off into the land of ...: 〜の世界に船出していく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
corporation land: 企業世界 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
打つ
   
land on the backside of sb: (人の)背中を打つ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 158
   
scratch a living from the land: 地を耕して生活の糧を得る メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 213
地上
   
land forces: 地上部隊 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
a massive land war: 一大地上戦 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 434
地帯
   
a spacious, bleak no-man’s land: だだっ広い、荒涼たる無人地帯 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 178
地面にぶつかる
   
hear sb land outside: (人が)外の地面にぶつかる音が聞こえる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 265
跳ねとぶ
   
gravy lands on sb: グレービー・ソースが(人の)上に跳ねとぶ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 28
墜落する
   
It landed in the corner with a small clatter: ペンはことりと音をたてて、床に墜落した スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
釣りあげる
   
land the big fish: 大きな獲物を釣りあげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 172
土地
   
come to a strip of land that stick out into the sea: 海に向かって突きだした細長い土地に着く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
an empty land: 無人の土地 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 37
amid an unforgiving land and its people: 容赦のない土地や人々のあいだで ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 88
突き刺さる
   
the needle land: 注射針が突き刺さる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 179
農地
   
thousands of acres land: ひろびろとひろがる農地 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 319
命中する
   
land solidly: しっかりと命中する ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 304
落ちる
   
roses land in gravy: 薔薇の花がグレービー・ソースの器の中に落ちる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 28
land with a thud: どさっという音を立てて落ちる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
land on ...: 〜の上に落ちる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 169
   
be better on land than sea: 水上より陸のほうが向いている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 250
陸へひきあげる
   
land sb: 〜を陸へひきあげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 451
陸地
   
point of land: 陸地突端 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
領土
   
an old-fashioned land grab: 昔ながらの領土略奪 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 264

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

open land: 空地
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 210
leave the land: 立ち去る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
landed on sb’s feet: 立ち直る
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 119
land on: どすんと着地する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
land in jail: 牢屋へぶち込まれる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 436
far-off land: 異国
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 173
an enchanted land: 仙境
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 9
somersault out of the window and landed straight in ...: やみくもに窓から飛び出し、〜にもんどり打って着地する
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 52
settle down and land before ...: 〜の前に舞いおりる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 64
one’s native land in some earlier life: 前世の故郷
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
nearly landed flat on one’s face in surprise: すんでに這いつくばるところだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
land on sb’s plate: (人に)お鉢がまわる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 101
land forcefully on sb’s heart: (人には)強く響く
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 57
land flat on one’s back: 激しく背中をうちつける
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 38
land a great coup: 大変な手柄を立てる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 120
know the lay of the land: 動向をうかがう
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 67
it might have landed them all in jail or in the morgue: 三人そろって留置場か死体安置所送りになるかもしれない
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 114
have become a talking point over the whole length and breadth of the land: 日本国じゅうの話題をさらった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 407
get the lay of the land: 基本的な知識を仕入れる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 38
fly off and land in ...: すっぽぬけ、〜にとんでいってしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
every now and then, one of sb’s crimes land sb in jail: ときおり犯罪が露見し、(人が)逮捕されて豚箱に放り込まれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 370
certain parcels of land in ... range: 〜一帯のある地域
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 113
carve out land deal: 地上げを画策する
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 85
build an apartment house on the land in the garden: 庭をつぶしてマンションを建てる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
be flattened, barren land: 何もない空き地になっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 182
be abroad in the land and defiant: 大胆にも、この土地に踏みこんできている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 10
acquiesce to sb’s land-grab: (人の)言うなりになって土地を渡す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 53
the actual sight of land receding into the distance: 現実に陸地が遠ざかってゆく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
an alien land: 未知の国
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 27
be alone and only a sojourner in the land: この世を仮の宿として孤高に生きている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 197
knock sb backward to the land: 陸へはりとばされる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 131
The peasant acting through a friend, manages to buy most of the land: 件の農夫は知人を介して手をまわし、まんまとこれを買い取った
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 72
you’re living in cloud-cuckoo-land: きみもよくよくめでたい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 227
collapse of the land: 陸地の陥没
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 232
they were compelled to live in some barbarian land: 何か野蛮な国に滞在を余儀なくされている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 167
corner of a distant land: 遠い地の果て
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 325
cramped and desolate land: 貧しい狭隘な土地
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 46
the actual sight of land receding into the distance never made sb cry: その(人の)涙は、現実に陸地が遠ざかってゆくときには、ついぞ流れることがなかった。
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
highly developed land animal: もっとも進化した陸棲動物
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 243
the place was doing land office: その店は繁盛していた
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 21
be engaged in a massive land war: 一大地上戦を展開する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 434
Finally, we came to a strip of land that stuck out into the sea: やがて私たちは海に向かって突きだした細長い土地に着いたの
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
a land where summer is in full swing: 真夏の国
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
general sinking of the land: 各地の地盤沈下
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 229
gently land: ゆるゆると着地する
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 413
Invariably his destination was a plain which was said to be former land: 行く先は、きまって、昔陸地だったといわれる、高台だった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 262
emotionally land-locked: 感情が表に出せない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 144
land last: しんがりにおりる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 263
some legendary land beyond the setting sun: お伽話にある太陽のしずむ国
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 157
misery-filled land: 苦難にみちた大地
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 264
never-never land: おとぎの国
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 72
a pleasant land: さわやかな農地
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・グッド・トリップ』(Wind's Twelve Quarters ) p. 187
prowl from one tract of land to another: 領内をくまなく巡回している
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 19
there is a ridge of ploughed land: 耕地が一条伸びている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 29
ruined land: 荒れ果てた大地
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 264
run northward over the land towards ...: 北へ、〜へむかっていちもくさんに走る
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 35
savage land: 蛮地
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
ツイート