× Q 翻訳訳語辞典
lay   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あてる
   
lay one’s hand on one’s throat: 喉に手をあてる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 148
おく
   
lay sth daintily: きちんとおく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
かける
   
lay a hand on sb: (人に)手をかける カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 54
lay a detaining hand on sb’s arm: (人の)腕に手をかけてひきとめる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 324
don’t lay any hassle on sb: (人に)迷惑かけない 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 122
be laid upon sb’s arm: (人の)腕にかけられる オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 130
かたまる
   
the foundation lays for sb’s whole future life: 一生の基礎がかたまる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 344
ごろんところがっている
   
Another lay in the doorway to the kitchen: 似たような小包は、キッチンに通じる扉のそばにもごろんところがっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
さわる
   
cold sanctifying touch is laid upon it: 悲しみの冷たい神聖な手にさわられる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 412
じっと静かにする
   
must lay to, if sb please: できるだけ、じっと静かにして スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 108
たくわえる
   
lay in ...: 〜をたくわえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
だんどり
   
... lay is all set: 〜のだんどりは、これですべてすんだ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 246
つけ合わせる
   
lay peas: エンドウ豆をつけ合わせる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
である
   
safety lay in doing: 安全とは〜である クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
なでる
   
lay the knuckles of the right hand in the hollow of the left: 右手の拳を左手のてのひらでなでる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
ものにする
   
the ladies one wants to lay: ものにしたい女たち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187

ゴロリと横になる
   
lay down to meditate: ゴロリと横になって考え込む ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157

押しあてられる
   
lay the cleave of one’s rear end firmly against sth: (人の)尻のふくらみが〜にしっかりと押しあてられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 210
下ろす
   
lay sth to earth: (物を)地面に下ろす 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 36
広がっている
   
The Berkley campus lay directly beneath my laboratory: 研究所と境を接して海側にカリフォルニア大学バークレー校のキャンパスが広がっている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
広げる
   
lay sth down before sb: (人の前に〜を)広げる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 314
行き倒れる
   
lay unable to go away farther: 一歩も先に進むことができず、行き倒れる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 34
散らばる
   
lay in a thousand shiny fragments: 何百何千という破片と化し、散らばっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
重ねる
   
be laying up trouble for oneself: 自分勝手に苦労を重ねている ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 53
触れる
   
sb’s fingers laid daintily on ...: 〜にやさしく触れた(人の)指 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
寝そべる
   
lay on one’s back: 仰向けに寝そべる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 248
寝たまま
   
lay there doing ...: 〜に寝たまま〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
寝る
   
get laid: 男と寝てきました スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
積もっている
   
the snow still lay white and over ...: まだ〜上には雪が白くなめらかに積もっている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 85
狙う
   
lay for sb: (人を)狙う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
待つ
   
what lay further ahead: その先に何がまっているか トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
置く
   
lay sth out neatly: きちんとたたんで置く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 327
通じて
   
the way to sb’s heart lay through sb’s cooking: (人の)心をつかむ道はただ料理を通じてのみである アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 206
賭ける
   
lay heavy bets: 勝負に大金を賭ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
倒れている
   
lay there in a lethargy, worn out: 力も張りも抜け果てたように、気を失って倒れている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 84
投げかけられている
   
lay in a heap: 乱暴に投げかけられている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
突っ込む
   
lay helpless and ridiculous one’s nose deep in the ditch: なすすべもなくぶざまにも鼻面を深く溝に突っ込む セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 17
披瀝する
   
lay bare one’s heart: 真情を披瀝する 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 124
敷く
   
lay out: (何かを)敷く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 112
埋める
   
laying head upon sb’s breast: 頭を(人の)胸に埋め ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 48

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

lay upon ...: 〜にかかる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 442
lay up: 寝つく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 156
lay them down: よけいなことは考えない
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 147
lay the foundations: 基礎がためをする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 410
lay sth out: 〜をさしだしてみせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 252
lay out sth: 〜をちゃんと並べる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 382
lay out sth: 〜を揃える
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 395
lay out sth: 並べてみせる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
lay out: ひかえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
lay on: 仰向けになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
lay on: 繋ぐ
lay off: 手をだすな
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 156
lay low: おとなしく身を伏せる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
lay low: ほとんど目立った動きを見せない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 160
lay low: 身を隠す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
lay low: 静観する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 52
lay law: 逼塞する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 286
lay hands on the killer: 犯人逮捕
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
lay hands on sth: 捕獲する
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 11
lay forgotten: 投げ出されている
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 346
lay for good: これでやっと退散する
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 377
lay flat: 伏せる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
lay eyes on ...: 〜を見る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 182
lay down the law: 釘をさす
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 165
lay down: おねんねする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 190
lay down: 寝っころがる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 60
lay behind sb: 後方にしりぞく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 140
lay back: 反り身になる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
lay awake: まんじりともしない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 209
lay a hand on sb: ぶつ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 152
get laid: あのほうを楽しむ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 32
completely laid waste: 破壊され尽した
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 83
be laid low: うちのめされる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
be laid back: おっとりしている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 219
a great lay: 寝るにはいい女
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 148
won’t let sb lay a finger on ...: 〜に指一本ふれさせない
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 267
who could not have laid a piece of money on the counter: びた一文払える連中ではなかった
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 298
there is ever a flaw in the best laid of human plans: 人間のたてた計画は、どんなに綿密でもぬかりはあるものだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 157
then sb just lay there in silence for a few minutes: また沈黙する
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
the forty loveless years which lay ahead of sb as one’s mate: これから四十年、つれあいと愛のかけらもない歳月を過ごしていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
the day that lay ahead: 今日の予定
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 11
the blame for the crash get laid at sb’s doorstep: 事故の責任が(人に)あったとされる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 353
that is a good lay of sb’s: (人の)方は大出来だ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 164
sth neatly laid out on ...: (物)が置かれる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
secretly lay the blame on sb: (人の)せいだと陰口をきく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
sb’s manifestations of desire to lay hands on ...: (人は)なんとかして〜に手をかけようとする
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 196
sb’s idea has simply been to lay sb’s hand: ほんのちょっと痛めつけてやろう、ぐらいのつもりだった
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 15
proceed to lay aside one’s sewing: 裁縫道具を片づけ出す
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 86
one’s hair lay against one’s head: 髪は頭にぺたりと貼りつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
never lay a glove on sb: 全然攻撃しない
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 66
mostly sb just lay low: じっと身を伏せておくことに越したことはない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
money just laying around in sth: 〜にためてあるお金
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
laying the palest shadow of a stress upon the second word: 後半の言葉には、ほんとにかすかながら、妙に力がはいっている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
lay waste to one’s weekend: 〜に週末をつぶしてしまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
lay the pipe to sb: (だれかを)襲う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 132
lay the blame for all the unhappiness in the house on ...: このうちの重たい空気はみんな〜のせいだと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
lay stretched out on the ground: のびてしまう
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 161
lay sth out for sb: (物を)(人の)眼の前に広げて見せる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 37
lay something heavy on sb: (人の)心にずしんと来ることを言う
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 75
lay sb open immediately to suspicion of homosexuality: すぐに同性愛を疑われる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 135
lay sb down in the log-house to die: 丸太の家屋の中で死の床に横たえられる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 148
lay out the grounds very nicely: 地所をひろげる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 170
lay out sth on ...: (物を)〜にならべる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
lay one on sb: (人に)一発くらわす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 84
lay one’s hands on sb: (人に)手をかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
lay one’s hand on ...: 〜に手をかける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 298
lay one’s eyes on sb: (人の)姿を認める
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
lay one’s case out: 手の内を明かしてみせる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 195
lay on top of ...: 〜のてっぺんにおく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
lay on the floor: 床に投げだされる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
lay on the bed and weep: ベッドにつっぷして泣きくずれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 295
lay on one’s back: 仰向けに寝る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 258
lay off your things: 帽子や持ち物をこっちへおよこしなさい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356
lay off the weight of one’s ruck: リュックの重みをその上にあずける
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 57
lay mental hands on ...: 〜を学び取ろうと決心する
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 133
lay low for a couple of weeks: 二週間ほど鳴りをひそめる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 112
lay it on thick with sb: (人に対して)とくに大げさにそれをやる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
lay it on thick and heavy: こってりいいふくめる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 72
lay hands on every dime: 一セント残らず手に入れようとする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
lay down with one’s blankies for a nap: ふかふかの毛布にくるまって昼寝をする
lay down one’s arms: 除隊手続きをおえる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175
lay down certain criteria for ...: 〜に一定の基準を設ける
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 126
lay down a marker that ...: 〜という証拠を見せつける
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 71
lay claim to some part of the time of sb: (人に)なんらかの仕事を与えてやっていると自称する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
lay claim to being specialists on the psyche and the emotions: 精神や感情の専門医を標榜する精神科医
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 16
lay bets with sb: (人を)通して賭ける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
lay beside sb, belly down: (人の)隣りに腹這いになる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
lay ... wide open to ...: 〜を〜の前にさらす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 29
know the lay of the land: 動向をうかがう
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 67
just lying, like the undead: 瀕死の病人みたいにふせったままでいる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 219
I wish I have never laid eyes upon you: いっそのこと、最初から会わなければよかったのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 132
have one’s dress laid out: ドレスを用意してある
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 149
have not laid down a bet on anything until ...: 〜まで、賭けという行為に手を出したことはただの一度もなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
grief that lay in wait: この先に待っているはずの悲しみ
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 162
get the lay of the land: 基本的な知識を仕入れる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 38
can not lay one’s hands on the article: 今そのことを書いたものが手もとにない
can lay one’s hands on ...: 〜が手にはいる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 284
be sleeping quite peacefully, lying on ones right side: 右を下にし、すやすやと睡っている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 234
be lined with beds, laid in close formation: 〜にベットがくっつきあうようにぴったりと並べられている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 223
be lay out dead on the floor: 床にばったり倒れてそのままオシャカになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
be laid up just now: よりによって今、寝込まれてしまう
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 27
be laid up in the hospital: 病院に入っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
be laid side by side: きっちり並べる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 166
be laid out in two columns and set in dense eight-point type: 二段組みにびっしり8ポ活字が並んでいる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 252
be laid a fart in one’s nose: 鼻先でおならをかまされる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
A’s elegance lay in its simplicity: Aは単純なものほど美しい
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 277
ツイート