× Q 翻訳訳語辞典
type   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜らしき人
   
uncle and aunt types: 叔父や叔母らしき人たち デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 48

おぼしき連中
   
solid citizen types: まともな市民とおぼしき連中 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 69
たぐい
   
a type of ...: 〜のたぐい 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 26
たち
   
seem to be the type to notice such things: 気のつくたちとみえる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
be the penny-pinching type: 几帳面なたちだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 129
be a careful type: 節約なたちだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 207
ふう
   
model her along the Margaret Sullavan type: この子をマーガレット・サラヴァンふうに仕立てる カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 45
やつ
   
there are plenty of that type around: よくあるやつだよな 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 53
I don't like forensic types who play detective: 刑事気どりの鑑識のやつはどうも気にくわない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 103
ような
   
this type of ...: このような〜 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 23

タイプ
   
Yuppie Scum type: 馬鹿ヤッピー・タイプ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 96
the type with the oversized fingerpads: 大きな押しボタンつきのタイプ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
real type: 典型的な〜タイプ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
noble-looking business type: 上品なビジネスマン・タイプ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
heady business type: がむしゃらに努力する有能な実務家タイプ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
a traveling business type: 出張中のサラリーマン・タイプ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
a spiritual type: 信仰に生きるタイプ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
タイプで清書する
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223

活字
   
with broken type evident here and there: ところどころ活字の肩が欠けた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 422
be laid out in two columns and set in dense eight-point type: 二段組みにびっしり8ポ活字が並んでいる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 252
幹部
   
union types: 組合幹部 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
系統
   
a Bible-type book: 聖書系統の本 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 171
   
a long form of small type and boxes: 小さな字といくつもの空欄のある細長い書式 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 314
人種
   
the civilian advertising types: 民間広告人種 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 59
典型
   
be a type: ある種の典型だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
   
artistic type: 芸術家肌 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
   
we keep Mansonites alive, and that type: マンソン一味やその類の連中はまだ生きているじゃないか ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

uniformed type: 制服警官
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
tribal types: 部族たち
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 315
spirited Mediterranean type: 元気じるしのイタリア女
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
ropey types: しょうのない連中だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 103
proper type casting: 配役の適否
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 195
objectionable type: あやしいやつ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 22
not your type: 嫌いか?
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 315
not literary type: 文学の才はない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 43
corporate type: 企業人
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
CIA types: CIA風
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 22
buttoned-down type: ボタンダウンのシャツを着たビジネスマン
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
a lesser type: (人より)心のせまい者
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
... -type: 〜好みの
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 258
you seem a handy type: やるじゃないか
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 98
you don’t strike me as devoted types: 見かけによらず信心深いことで
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 107
the Panamanian government types: パナマの政府筋
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 120
the overweight, easygoing type: 肥って呑気そうな女である
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
special type of hostility arising from its frustration: その挫折の結果として起こる特殊な敵意
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 25
sb’s face had been of a slightly effeminate type: いささか女性的な顔だった
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 25
rare and superior type of client: そうそうはない上客
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 362
one’s favorite law enforcement type: (人の)息のかかっている警官
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
it is a very sb type of thing to say: いかにも(人)らしい話だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 128
holding much of the same type of guests: 招待客の顔ぶれはいつもあまり代わりばえがしない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 109
generally conform to this type: 大抵そのての女だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
establish a type of equality: 平等の原則をよりはっきりさせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
don’t seem to be a conspiratorial type: 陰謀めいたものとはおおよそ縁遠い人柄だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
both have the same type of features: どちらも同じ身体つき顔つきだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 272
be the flashy, athletic type with a streak of blatant stupidity: 派手なことの好きな万能選手で、よく馬鹿なことをする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 506
be the fidgety, hasty type: いらいらしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 527
be really with-it type: まさに時代の先端を行く生き方をしている
be not the type of friends who do: 〜するつきあいではない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 19
be not sb’s type: (人の)柄じゃない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 124
be not a particularly fussy type: 気の利くほうではない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
be a pleasantly clear-cut type: すべて見かけどおりというところが、じつに安心だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 41
a work-horse type of bicycle with a big luggage rack: 荷台の大きな実用自転車
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 57
a very mature little girl who is a mother-hen type: 気性のしっかりした世話好きの女の子
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 93
a Southerner with all the wiles & graces of the type: 南部出身の、とてもダンディで優美な物腰の人
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 149
a colorful smattering of its would-be criminal types: いかにもカラフルななりのちんぴらたち
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 197
the benign absentminded professor type: 研究一途でほかのことは上の空の学者タイプでもない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 245
be the type of man who, though not amusing, has a knack of knowing things: 面白味こそないが、いろんなことに通じるこつを心得た男だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 60
He's an operator; I'm just an analyst-type: 彼は現場工作員、こっちはただのアナリストだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 386
bubble-type porthole: お碗型の丸窓
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
movie-type bullshit: 映画風こけおどし
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 364
a conventional, plodding type of homicide investigation: 殺人事件捜査の通例である執念のしらみつぶし作戦
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 200
The newspaper was crudely printed, with broken type evident hear and there: 新聞はところどころ活字の肩が欠けた粗雑な印刷で、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 422
oppressively deep-type undergraduates: 気が滅入るくらい深刻型の学生
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 74
the type who makes devoted wives: 世話女房タイプ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 93
an everyday-type guy: いわゆる日常的タイプの男
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 56
Exactly the type who made devoted wives: 世話女房タイプというやつだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 93
can’t go by that type of thing: 結局はっきりしたことはわからない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 262
a rolling hospital-type gurney: 病院式移動寝台
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 61
helpless type: 自分じゃできないタイプ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 381
necessarily reveal one’s type of mind: いずれにしても、(人の)考え方の型は現れるものだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 223
type of ... is unbelievably numerous: 〜の種族はおどろくほど豊富である
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 11
the usual ordinary type of crime: 普通のありふれた凶悪犯罪
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 193
sb’s type is panhuman: こういうタイプは人類全般に見受けられる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 146
sb is not really the partner type: じっさい(人ってのは)徒党を組むようなタイプじゃない
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 240
Ph.D. type: 学者タイプ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 122
a conventional, plodding type of homicide investigation: 通例である
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 200
rattle off the name of ... on one’s type-writer: 〜の名前の一覧表を猛烈な勢いで打ち出す
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 14
a figure of a recognisable type: 断定可能なタイプの人物
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
a sad, screwed-up type guy: 沈みがちで迷うタイプの人間
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 182
ツイート