× Q 翻訳訳語辞典
wide   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いっぱいに
   
be wide open: いっぱいに開けてある レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 291
かっと見ひらいている
   
sb’s eyes are wide: 眼をかっと見ひらいている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 166
がっちりした
   
A wide woman came to the door, saw me, and waved, then disappeared: がっちりした女が戸口にあらわれ、わたしを見て手を振ってからひっこんだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 92
みひらいた
   
have the wide puzzled eyes of refugees: 難民のあのきょとんとみひらいた目をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507

横に大きい
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
果てしない
   
a wide sea of pain: 果てしない苦痛の海 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 300
見開いた
   
wide and terrified eyes: 恐怖に見開いた目 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
広々と
   
Nothing broke the lines of the wide skirts to the right and the left: 山の裾野が遮るものもなく左右に広々と延びて、 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 71
広い
   
the sea stretches, wide and blue: 広い蒼い海の表面 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
somewhat wider shoulders: 並より広い肩幅 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 362
dance one’s way across a wide stage: 広いステージをいっぱいに使って踊る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
広がる
   
the calm, wide sweep of the lake: おだやかに広がる湖の水面 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
広く
   
cast a wide net: 広く網を張る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 314
広大な
   
begin making one’s way across the infinitely wide state of ...: 広大な〜州の横断にかかることになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 139
大きい
   
wide dark eyes: 大きくて黒々としたふたつの眼 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 48
大きく
   
wide smile: 大きく笑う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
wide open: 大きく蓋を開けて サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 149
one’s eyes open very wide: (人の)目が大きくみひらかれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 340
大きくひらく
   
one’s too-wide, too-direct gaze: 大きくひらいてこちらをまっすぐ見つめてくる眼 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
大きな
   
wide plate-glass window: 大きな一枚ガラス スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
大股に
   
stalk wide and high: 背をのばして大股に歩を運ぶ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 109
幅の広い
   
a wide swath: 牧草を刈りとったあとのように、幅の広い筋 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wide selection: いろいろある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
sb’s eyes grow wide: 眼を剥く
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 46
opening one’s eyes wider: 目をむき
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 259
have wide contacts: 人的接触も豊富だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 227
eyes wide: 眼をかっと見ひらく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
be wide open: おいでおいでをしているようなものである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 248
be wide awake: とっくに目をさましている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 53
be wide awake: 眼をぱっちりと見ひらく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
any wider world beyond one’s own small circle: 外の世界
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 142
wide expanses of ample parking on the concrete: だだっ広いコンクリートの空き地
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 414
wide assortment of pitching: 多彩な投球
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 123
the skirts of sth are wide open: 裾が大きくひろがっている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 146
sweet one’s hand wide: 手でサッとまわりをさす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
still lie with one’s eyes wide open: じっと目を開いている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 334
smile wider than ever: いつになく相好をくずす
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 127
scatter far and wide: パッと四方にまき散らす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 284
sb’s eyes opened wide in disbelief: 動転の表情で目を丸くし
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 351
sb’s eyes open very wide in bewilderment: (人は)わけがわからず眼をまんまるにする
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 148
sb’s answer is a little wide of the mark: 答えはちょっと見当外れだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 186
provide a wide price range in every item: 売値に幅を持たせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
open one’s large baby-blue eyes very wide indeed: 大きな水色の眼をまんまるに見開く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 63
open one’s eyes wide: ぱっちり目をあく
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 102
open one’s eyes as wide as one can to keep the tears back: 両眼をせい一杯瞠き、こぼれでようとする涙を堪えている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 68
offer sb a wide smile: (人に)満面の笑みを向ける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
make a wide turn: 大きくまわる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 386
look at each other, eyes wide: 目をむいてたがいの顔を見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 72
in the wider world: こんなに大規模なスケールで
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
have a wide following among young people: 若い読者によく読まれている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 51
have a wide circle of acquaintances in ...: (場所)での交際範囲は広い
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 177
grow wide and tall: 太ってのびる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 152
go wide of sb: (人の)手もとから大きく外れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
get a yellow streak a mile wide: とっても意気地なしだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 316
eyes wide and bulging from one’s fleshy face: 両眼は肉厚の顔からはみださんばかりにカッと見ひらかれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
eyes are open almost painfully wide: 両眼は痛いまで瞠かれている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 218
cut oneself a wide slice of sb’s butt: (人の)ケツをばっさり切りとる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
be wide awake, restless: すこしも眠くなく、落ち着かない気分だ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 258
be in fairly wide circulation: 一般に行われている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 197
about ten miles wide and ten miles long: たてよこ十マイルもありそうな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 246
a wide selection of ...: 多種多様の〜
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 337
low wide angle: ローワイド・アングルで
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 200
feet brace at a wide angle: 両足を大きくひらいてふんばる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
open one’s eyes wide in appreciation: 驚いて眼をみはる
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 150
world-wide focus of attention: 全世界的な関心の的
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 173
wide awake: 目はさえる一方だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 163
keep sb wide awake: 眼が冴えて来て寝られない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
be wide awake: 寝足りた
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 128
the wide sky stretches blue and bright: 大空が青あおと晴れ渡っている
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 73
break a cartel wide open: 独占状態に殴り込みをかける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 371
a wide cloak of a disagreeable check pattern: 趣味の悪い格子縞のたっぷりしたマント
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 41
across wide continents and endless seas: 永い陸路や、八重の潮路をたどる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 6
The melody consisted of enormously wide intervals, and went B-C-A-H: この旋律はものすごく音程の幅があって、B−C−A−Hの順だ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 169
fling one’s arms wide with one’s exasperation: いきまいて荒々しく両手を大きく広げる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 251
the wide expanse of grass seems to stretch on forever: 限りなくつづいている草の群
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 17
the wide expanse of ...: 一面の〜
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 29
He exposed his crooked, jostling teeth in a wide smile: ふぞろいにひしめきあう歯をむきだにして、ゴーントさんは大きく笑った
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
stare back with intense, wide-open eyes: 眼をむいた(人)、まばたきひとつせずに見返す
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 111
go along the fairly wide road: わりに広い通りを行く
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 160
gape wide: ぱっくり口をあける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 243
heave ... wide open: 〜を大きくあけ放つ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 208
Wada looked up at the ceiling with big, wide-open eyes and nodded knowingly: 和田は、いくぶんとび出し気味の目を天井に向けて見開き、もっともらしくうなずいている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 101
lab-wide ethernet system: 研究所全域をカバーするイーサネット
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 35
lay ... wide open to ...: 〜を〜の前にさらす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 29