× Q 翻訳訳語辞典
hair   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
たてがみ
   
fiery hair: 黄金のたてがみ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 24
ひげ
   
since one didn’t even have hair on one’s chin: あごにひげ一本生えんうちから トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
one’s long throat where the hair grew coarse and unshaven: まばらなひげが伸びている長い首 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297

胸毛
   
a few errant hairs crop up along one’s breastbone: まばらな胸毛が生えている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
前髪
   
comb sb’s hair down and to the side: いったん垂らした前髪を横に流す タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 149
体毛
   
tangles of hair: もつれた体毛 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
   
Old Mrs. Antolini's hair was full of those iron curler jobs,: 奥さんは頭にカールの金具をいっぱいくっつけていて、 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 288
carefully part one’s hair before the mirror: ミラーに向かって頭をていねいになでつける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
be vigorously drying one’s gray-flecked hair with a hand towel: 手拭いでごま塩の頭をごしごしとかく 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 19
be losing one’s hair: 頭も薄くなっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 161
   
wrap a strand of hair around one’s fingers: 髪を指に巻きつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 40
with a head of shocked whitish hair that stands erect like a dandelion gone to seed: 髪がタンポポの綿毛のようにおっ立って トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
wind one’s hand in sb’s hair: (人の)髪の中に手を絡める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 21
whitish hair: 白髪まじりの髪 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 225
white hair: 銀髪 トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 10
wear one’s hair long: 髪を長くのばす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 267
wear one’s hair in up-swept hairdo: 髪をアップにする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52
wear one’s hair in greasy pompadours: 髪をポマードでべったりと固める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 199
twine nicely into a wreath for sb’s hair: 〜にふんわりとまってその髪を美しく飾ってくれる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 108
tousle sb’s hair: (人の)髪に指を入れてくしゃくしゃにする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
tie one’s long black hair in back and wear the rest of it in a flourish of curl: 長い黒髪を頭の後ろの上のほうで束ね、残りの髪を派手にカールさせている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 92
thresh one’s fingers through one’s short hair: 短い髪を指でかきまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
thick dark hair: たっぷりした黒褐色の髪 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
swipe sb’s hair back down: (人の)髪をひっぱたくようにして前に落とす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
start working on sb’s hair: (人の)髪を梳かしにかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
smell sb’s hair: (人の)髪に鼻をつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 178
slick sb’s hair back with a thick pomade: ポマードで(人の)髪をべったりとバックにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 273
slick sb’s hair back: (人の)髪をうしろにぺたりと撫でつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 150
short brownish hair: 茶色がかった短い髪 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 188
sb with receding hair: 髪が後退しかけた(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
sb’s thinning gray hair: (人の)薄くなった白髪頭 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 273
sb’s hair stands up: (人の)髪の毛がぼさぼさのままだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 213
sb’s hair is out of sb’s face: (人の)髪が顔にかからないようになっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 312
sb’s hair is in place: 髪に乱れがない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
sb’s hair is held with a barrette: (人の)髪がヘア・クリップで後ろにとめてある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 312
sb’s hair is combed along sb’s sides of sb’s head: 髪はぴたりと頭の両側になでつけられている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 129
sb’s hair is all over: 髪がくしゃくしゃに乱れている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
run one’s hand through one’s hair: 手で髪を撫でつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
run one’s fingers through sb’s hair: 指で髪を撫でる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 126
pet sb’s hair: 髪を撫でる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 76
pat one’s hair: 髪に手をやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
one’s spume of hair: ぼさぼさの髪 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
one’s hair tumbling forward: 髪が前に集まって顔を隠した プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
one’s hair trail over sb’s forearm in a small tickling torrent: (人の)乱れた髪は河の流れのように(人の)腕をくすぐる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
one’s hair lay against one’s head: 髪は頭にぺたりと貼りつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
one’s hair is perfectly combed: 髪はきちんと撫でつけられ完璧なヘアスタイルだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
one’s hair in the stars: 髪はきらめく星くずのなかでなびいている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
one’s hair hanging all around one’s face: ざんばらにふりみだした髪が、顔をおおいつくすように垂れ下がっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
move the hair away from sb’s face: (人の)顔にかかった前髪を払う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 307
mess up sb’s hair: (人の)髪をぐちゃぐちゃにかきまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
long, matted hair: 髪はのびてがっちりと固まっている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 9
have got one’s mother’s hair: 母親の髪を受け継いだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
hair done in dozens of little braids: 何ダースという数のおさげに編んだ髪 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141
grow one’s hair long: 髪を長くのばす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
grab sb by the hair: (人の)髪をむんずとつかむ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
fix sb’s hair: 髪をセットする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 353
fix one’s hair behind one’s ears: 髪を耳のうしろにはさむ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 76
feel the soft tumult of sb’s hair against one’s cheek: やわらかく固まった髪が、(人の)頬をくすぐる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 256
do sb’s hair: (人の)髪をセットする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 353
curly gray hair: ちぢれた白髪 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
comb sb’s hair: (人の)髪に櫛を入れる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 149
comb one’s hair: 髪に櫛を入れる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
clutch at one’s hair: 髪をかきむしる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 30
brush at one’s hair: 髪にちょっとふれる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
a shock of black hair: もじゃもじゃの黒い髪 グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 29
a sheaf of hair falls across one’s forehead: ひと房の前髪が、はらりと額にかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
a full head of greyish-black hair: ふさふさした半白の髪 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 399
髪の毛
   
sb’s graying hair: 白髪まじりの髪の毛 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
run one’s hand through the close crop of one’s hair: 五分刈りに近い髪の毛を手で梳く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
one’s hair stand up in wild disarray: かきみだされた髪の毛はめちゃくちゃな方向に逆立っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
one’s hair pull back in a tight bun: きっちりと髪の毛をひっつめて後ろでゆわえている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
one’s hair is sort of mussed: 髪の毛はなんだかくしゃくしゃにしてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
抜け毛
   
   
the wind sweeping through one’s fine hair: 風に吹かれてまだ細い毛がさらさら揺れる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 149
hair grow out of ...: 〜から毛がもじゃもじゃっと生えてる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
a thick mat of hair: 夥しい毛 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 14

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

stiff hair: 直毛
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
get some wild hair up one’s ass: 頭に来る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
do hair: 美容の仕事をする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 339
with rampant gray hair all curls: ごま塩頭はぼさぼさで見事に縮れている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 75
the tangles out of sb’s long, unmanageable hair: 長く伸びた癖のわるいもつれ毛
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 150
some of one’s hair escapes the kerchief: ネッカチーフからはみだした髪
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
see neither hide nor hair of sb: (人の)姿はちらりとも見ていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
sb with a wild hair up one’s ass about ...: 〜と聞くと目の色が変わる(人)
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 126
sb never have a hair out of place: 髪の毛一筋乱れていない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 24
pull one’s hair out: ブルッちまっている
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 43
out of everybody’s hair: だれにもめんどうをかけることなく
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 186
one’s hair stands on end: 身の毛がよだつ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 73
lop off one’s wild hair: 蓬髪をばっさり切る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
let one’s hair down: 羽目をはずす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 161
have got curly red hair: ちりちりの赤毛をしてる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 208
fluff one’s hair with one’s fingers: 髪を指でかきあげる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 151
don’t split hairs with me: そう目くじら立てるなよ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 159
burn the roots of sb’s hair: (人の)毛根を焼き切る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
a not very abundant head of hair: 薄い頭
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 23
sb’s hair is almost copper: 髪はあかがね色に近い
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 44
man with white hair and almost incredible dignity: 真っ白な頭髪の男が、威厳の権化のような風情で
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 95
And he had lopped off his wild hair which gave him a forlorn, bald look: おまけに蓬髪をばっさり切って、なんだか以前とくらべるとまるでたよりないような丸坊主姿になっていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
man with the autumn-colored hair: 赤味がかった茶色の髪の男性
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 69
at the base of the upswept hair: 掻きあげた襟髪で
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 122
do one’s best to get the hair into order: せいいっぱい体裁よく髪をととのえてやる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
sb’s hair blows gently in the breeze, glowing in the sunlight: (人の)おくれ毛はさらさらと陽に透けて風になびく
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 7
hair blowing in strands across one’s face: 毛が風に吹かれて顔にかかる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 28
a coquetry jut a hair’s breadth remove from dissoluteness: デカダンと紙一重のなまめかしさ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 118
A wisp of hair moved in the faint motion of her breathing: 寝息を立てるたび、髪がひとかたまり、かすかに動いた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
Blood and hair and stringy gobbets of flesh flew up in the bright autumn sun: 血と髪の毛と細長い肉の切れはしが、秋のまばゆい太陽のもとでとびちった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
a dusky shimmer of bright hair and gilded outspread wings: まばゆい髪とのべた金色の翼のくすんだきらめき
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 54
hair bright black: 真黒な髪
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 220
soft, brown-tinged waves of one’s hair: いくぶん茶がかった懶げな髪
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 130
brush at one’s hair: 髪にちょっと触れる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
have the appearance of skeletal giants with bushy heads of hair: さながら蓬髪の巨人の骸骨だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 192
carelessly disordered chestnut hair: しどけない栗色の髪
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 239
casually run long hands through short chestnut hair: 栗色の短い髪を無造作に掻き上げる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 28
snowflakes are caught in one’s hair: 髪のうえにうすい雪片がまつわる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 199
with thick black hair and a clean-shaven face: 黒い豊かな髪、きれいな剃り跡
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
look so clumsy with one’s winter hair: いまは冬毛で見るからにみすぼらしい
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 41
colored hair: 染めた髪
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
with frizzed hair curled in columns: むやみに髪をちゞらせた
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 23
... contain a very little quantity of hair: 中からほんの一つまみほどの髪の毛が出てくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
Her hair was mostly covered by a kerchief: 髪をほぼおおいつくすスカーフは
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
wear one’s hair in a crewcut: 髪は短く刈り上げている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 283
a fine-looking man with curly gray hair: グレイの髪を波うたせた
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 99
curly hair: 癖毛
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 105
sb’s hair is damp: 髪はじっとりと濡れる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 8
sb’s hair is dark: 髪は黒に近い色だ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 30
darkish hair: 黒っぽい髪
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
sb’s hair loose and disappearing down sb’s back: 髪をゆるやかに後ろに流している
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 98
with just the ends of her tangled hair dipping into the water: もつれた髪のさきが水につかる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 98
with just the ends of her tangled hair dipping into the water: もつれた髪の先が水に浸かる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 100
make sb’s hair stand on end: 髪の毛も逆立つくらいひどいもんだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 189
with salt-and-pepper hair combed straight back off one’s face: 白髪混じりの髪をきれいに梳いた
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 57
the fairness of sb’s skin and hair: 肌と頭髪の色のあかるさ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
sb’s dark hair fell loosely on sb’s shoulders: 黒っぽい髪をゆるやかに肩にたらしている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 152
Bald heads, gray hair wrinkles, fat, liver marks: 禿頭。白髪。皺。太鼓腹。肝斑
run a shaky finger through one’s hair: 震える手で、髪をかきあげる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 30
ツイート