× Q 翻訳訳語辞典
indifference   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いい加減
   
treat sth with indifference: 〜をいい加減に扱う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
さほどに思わない
   
sb’s apparent indifference towards ...: (人が)〜をさほどに思う気色を見せない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 197
なめた
   
attitude of lofty superiority or indifference: 人を食った態度、呑んだ構え、なめた振り 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 44

何気ない風
   
ostensible indifference: 表面は何気ない風をよそおっている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
投げやり
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 11
投げやりな性格
   
there is also about one an air of indifference: 投げやりな性格にも見える(人) 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
白けた
   
assume an expression of indifference: 白けた顔つきになる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 52
風馬牛ぶり
   
thoroughly heated by sb’s indifference: あまりにも相手の風馬牛ぶりに、とうとうカンカンになる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 145
無感動
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 453
無関心
   
ask with studied indifference: いかにもわざとらしい無関心な声で言う バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 342
無気力
   
the incurable indifference of age: としゆえの癒しがたい無気力 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 343
無神経に
   
with bovine indifference: 牛のように無神経に トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 21
冷酷無比
   
show the greatest coldness and indifference toward sb: (人)に対しては傍若無人・冷酷無比の態度に出る 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 39
冷淡さ
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with such indifference: 事もなげに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 104
with royal indifference: 毅然として
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 281
with nonchalant indifference: どこ吹く風で
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 413
with indifference: 平気で
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 117
with careless indifference: 投げやりな調子で
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 131
in seeming indifference: 知らぬ顔で
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 78
affect indifference: 見向きもしない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 118
treat such worldly honors with indifference: そういう俗事には恬淡としている
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 178
stand with stolid indifference: じっとその場に立ったまま眉一つ動かすこともない
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 36
seems a rugged, simple man, yet there is also about him an air of indifference: 朴訥そうにも、又、投げやりな性格にも見える男
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
reply with brisk indifference: 平気でずけずけと答える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 257
have a ring of coldness and indifference: 何か冷たい響きがある
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 34
exude a sweet indifference to the world around one: 自分のまわりの世界に対し優雅なる無頓着の目を向ける
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 73
sb’s feigned indifference: 計算ずくの無関心
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
jesting indifference: 自嘲まじりの冷淡
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 184
He was feigning light-headedness to himself, indifference: 彼は自分自身に軽々しさと無関心をよそおった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 138
be leaden to the point of indifference: 無感動といっていいほどものうげ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 453
an uncaring indifference: 何思うことのない無関心
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 322
unheeding in a vast indifference: まったくの無関心
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 18
ツイート