× Q 翻訳訳語辞典
quiet   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おだやかな
   
in a tone of quiet jocularity: おだやかななかにもおどけを混じえて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
おちつく
   
at a quieter moment: いずれおちついたら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 64
おとなしく
   
be quieted now: すっかりおとなしくなっている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
be quiet and aloof: おとなしく超然とかまえている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 234
しいんとして
   
be as quiet as before: 先刻と同じようにしいんとしている 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 30
しじま
   
in the morning quiet: 朝のしじまに ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 168
しずかな
   
sb’s quiet voice with its caressing edge: どこか猫を撫でるような(人の)しずかな声 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
しずけさ
   
be real quiet: 〜の静けさは格別である フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 47
しっと制する
   
counter, bringing one’s fingers to one’s lips to quiet sb: 唇に手をあててしっと制しながら言い返す フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 74
しばらく無言である
   
Dixon was quiet: ディクソンはしばらく無言だった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
しめやかな
   
Finally he heard Makiko's quiet voice at his shoulder: やがて肩のうしろで槙子のしめやかな声がした 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 313
しんしんと
   
in the quiet and pale darkness of snowfall: しんしんと降りつもる雪の薄明かりを頼りに ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 20
しんとして
   
be unnervingly quiet: 奇妙にしんとしている 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 119
be quiet: しんとしている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 184
be deathly quiet: いやにしんとしている 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 14
しんとしている
   
The room was quiet: 部屋はしんとしていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 72
そっと
   
whisper a quiet prayer of thanks: そっと感謝の祈りをつぶやく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 185
なごやかな
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 53
のどかな
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 172
のんびりした
   
a quiet country district: のんびりした田舎 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
ひそかな
   
in quiet triumph: ひそかな満足感を胸に フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 113
establish a quiet channel of contact between ... and ...: 〜と〜のあいだに、ひそかな接触ルートをこしらえる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 125
ひそやかな
   
one’s breathing is as quiet as a bird’s: 小鳥のようにひそやかな呼吸ができる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 358
ひそりと
   
be absolutely quiet: ひそりとしている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
ひっそり
   
seem unusually quiet: 平常より何だかひっそりしている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 203
be almost too quiet: ひっそりし過ぎるほど静かだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
ひっそりと
   
stay quiet and keep to oneself: ひっそりと自分の中に閉じこもる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
むっつり
   
be quiet and offhand: むっつりと無愛想だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 92
ものしずかである
   
be quiet and even: ものしずかである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 137
ものしずかな
   
Ralston's voice was quiet curiously strained: ラルストンの声はものしずかだが、妙に張りつめたところがあった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 313
もの静か
   
be a quiet and modest man: (人が)もの静かでつつましい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 77
もの静かに
   
a quiet voice ask: もの静かに呼びかける声がある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168

  異常なし
   
everything is quiet: 万端異常なしだ リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 280
永眠した
   
be quiet: 永眠したというわけか ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 209
温厚
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
穏やかな
   
suggest in a quiet voice: 穏やかな口調でもちかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
穏便
   
run such a quiet and effective operation: かくも穏便かつ効果的な作戦を遂行する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 256
何も言わずに
   
sit quiet and composed: 何も言わずに静かに腰掛ける オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 214
何も言わない
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 48
   
the shop is quiet: 店は暇だ 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 54
閑散
   
He has completely mistaken quiet for security, George: 閑散と安全をみごとに混同してるんだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 422
閑静だ
   
be very quiet: 閑静だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 165
閑静な
   
quiet street-corner: 閑静な一画 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
口を開かない
   
For a long while the men were quiet: 長いあいだ誰も口を開かなかった オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 151
口を噤んで
   
half mischievously keep quiet: 半ば悪戯っぽい気持でわざと口を噤んでいる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
口数の少ない
   
one of these very quiet guys: とても口数の少ない生徒 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 265
口数もすくない
   
seem quiet and gloomy: 口数もすくなくしょんぼりとしている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 129
控えめ
   
Those in Earth orbit tended to be circumspect, careful, quiet: 軌道ステーションの住人たちは、おしなべて思慮深く、冷静で、控えめだった セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 119
控え目な
   
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 212
小声の
   
trade quiet comments: 小声の意見を交わす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 211
心がなごむ
   
be quiet: 心がなごむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
森とした
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 245
人気のない
   
choose some quiet spot: 人気のない場所をえらぶ 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 219
人気も絶えて荒涼とした
   
a kind of quiet place: 人気も絶えて荒涼とした場所 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 43
人通りの少ない
   
They chose a quiet neighborhood for a walk after dinner: 二人は食後の散歩に、人通りの少ない常磐町界隈を選び、 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 72
声を殺して
   
in steady, quiet tears: 声を殺して涙を流している オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 318
声を呑む
   
be quiet on the line: 電話の向こうで声を呑む タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 189
静か
   
you’re uncharacteristically quiet: 妙に静かだな、きみらしくもなく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 403
静かな
   
very quiet: 世の中にこんな静かな場所があったのかと思うほどだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 48
be quiet and still: 静かに動かない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
a shy quiet tension: はじらいをふくんだ静かな緊張感 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 61
a quiet old-lined place: 昔ふうの静かな店 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
静かな平和の
   
the quiet time brings ...: 静かな平和の時が、〜をかえって思い出させる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
静けさ
   
quiet as doom: 死の静けさ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
静さ
   
be in a very quiet part of the house: 掛け離れた静さを領している 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
静まり返った
   
quiet pause: 静まり返った小休止 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
静まり返って
   
it is quiet for so long: あたりは長いこと静まり返っている カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 80
be quiet deserted: しんと静まり返って、見渡すかぎり人影もない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 210
静まり返る
   
be eerily quiet: 不気味なほど静まり返る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 213
静寂
   
be quiet again: 静寂がもどる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 464
静寂をたたえている
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 185
静粛
   
demand quiet: 静粛をもとめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 61
足音を忍ばせて
   
move in a shambling but now exceeding quiet gait: ふらふらと、だがもう極力足音を忍ばせて歩く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
大人しい
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 71
淡々とした
   
quiet words: 淡々とした声 リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 217
沈んだ
   
in a very quiet voice: 沈んだ調子で 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
沈静化させる
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 135
鎮まる
   
when the mountain is quiet: お山が鎮まっているかぎり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
鎮める
   
He quieted his throbbing pulse: はげしい鼓動を鎮めた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 444
低い
   
His voice was unusually quiet: 彼の声はめずらしく低かった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106
内密の
   
quiet telephone call to the right bureaucrat: しかるべき役人への内密の電話 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
物静か
   
I can't tell you how quiet and respectful she was, not a bit pushing: そりゃ物静かで、礼儀をわきまえたひとなの、ちっとも出しゃばらなくて レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 20
物静かな
   
quiet voice: 物静かな声 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 53
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
平穏
   
enjoy an unusual period of quiet: いつにない平穏を楽しむ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 244
密かに
   
make a quiet and unspectacular recovery: 密かに目覚しく回復する フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 36
無言
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
無言の
   
quiet insinuation: 無言の抗議 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
無駄口をきかない
   
be quiet and steady: 無駄口をきかずに、きちっと仕事をする オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 157
黙って
   
seem to understand one have to remain quiet: その場の雰囲気を察したのか、(人が)じっと黙っている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
黙っている
   
Why were you so quiet: なぜ黙ってたの 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 43
be quiet: 黙っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
黙らせる
   
quiet sb: (人を)黙らせる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 38
黙りこむ
   
sb is quiet for a moment, and then one say: ちょっと黙りこんだ後で、(人は)言葉をつぐ バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 83
黙りこんで
   
be grave and quiet: 険しい顔でじっと黙りこんでいる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 479
黙り込む
   
have become very quiet: 大変黙り込んでしまう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
黙る
   
sit so quiet: ひとりおし黙ってすわる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
keep quiet: つい黙っている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
just can’t keep quiet any longer: どうしても黙っていられない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
目立たない
   
in sb’s quiet way: 例の目立たぬやり方で O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 143
冷静
   
be quiet: 冷静だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 166
和らげる
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 104
Tweet