× Q 翻訳訳語辞典
chill   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
つめたいもの
   
strike a chill into sb: 〜の背筋をつめたいものが走る ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 15
なにか不吉な
   
a chill premonition: なにか不吉な予感 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 59
ひえびえしている
   
air is chill yet mild: 大気はひえびえしているが、おだやかだ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 91
ひんやりするもの
   
feel the usual chill: いつものように、ひんやりするものを感じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121

寒々しさ
   
no less chill: 寒々しさに変りはなかった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 93
寒々としたもの
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 37
寒気
   
chill melts away: 寒気は次第に消えていく ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 402
身を切るような
   
chill wind: 身を切るような風 ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 250
電流
   
send a chill up sb’s spine: (人の)背筋に電流が走る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 120
肌寒い
   
despite the chill of spring: まだ肌寒い春なのに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
冷えきっている
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 102
冷たい
   
on the chill morning wind: 冷たい朝風に乗って 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
冷たいもの
   
That sent a chill down John's spine: その言葉を聞いてジョンの背筋に冷たいものが走った レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 236
冷たさ
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 43
冷やりとした
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 44
冷気
   
move the blanket to cover sb from the morning chill: 毛布をかけ直して朝の冷気があたらぬようにしてやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

catch a chill: 寝冷えする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 70
be chilled: 愕然とする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
acquire a chill: 冷たくなってくる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
a chill in the air: 肌寒い
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
the wind chills one’s body: 風の寒さが(人の)身をふるわせる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 444
send a chill through sb when ...: 〜するとき、ぞっとする
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 74
send a chill through ...: 〜をひやりとさせる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 128
put the chill on sb: 怖じ気づく
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 268
put a considerable chill on sb: 背筋が凍る思いがする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 95
give the room a chill: 部屋の空気を凍りつかせる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 228
give sb a chill: (人の)背筋を寒くする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 425
feel as if one’s love has all of a sudden chilled: 恋も一時にさめ果てたような気持になる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 137
feel a cold chill of disappointment: ぞっとするような失望を感じる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 154
feel a chill go through sb: 背筋が寒くなる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 124
everybody gets a creeping chill from something: だれにもおぞけをふるうものがある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 397
chill sb to the root: (人に)さむけを起こさせる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 170
be in the grip of a violent chill and shivering fit: 悪寒戦慄に襲われる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 269
be chilled by ...: 白けた気分になる
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 173
as if sb is suddenly chilled: なにやら急にぞくっとしたように
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 145
a nasty little chill of fear: ぞっと背筋が冷たくなるような恐怖
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 354
a fear sends chills down sb’s spine: 恐怖が(人の)背をかすめる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 39
a chill strikes for a moment to every heart: だれも、一瞬のあいだ体のしんまでぞっとする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 262
zip the jacket against the chill: 寒さを防ぐためにジッパーをのどまで閉める
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 141
a bone-piercing chill: 底冷えのような何ともいえぬ悪寒
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 207
be conscious of sudden chill: 急に寒々としたものを感じた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 37
But he felt the first, faint chill of fear: だが、彼が戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
feel a chill: 寒気を覚える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
one’s head feels hot, and the rest of one chill: 頭だけがほてって、からだじゅうはさむ気がする
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 50
feel the first, faint chill of fear: 戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
instantly a chill premonition strikes sb: 瞬間、なにか不吉な予感が胸にこみ上げてくる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 59
summer when we want something to chill our intelligence: 智の働きを冷やしてくれるものに憧れる夏
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 12
Then the wind acquired a chill and they went below: が、風がつめたくなってきたので、ふたりは下へ降りた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
Weak and suddenly chill Stern glanced up to find Liz looking at him oddly: 力が抜けふいに寒気さえ感じて、スターンが目を上げると、リズが妙な顔で彼をみていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 315
ツイート