× Q 翻訳訳語辞典
nasty   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまり〜でない
   
a nasty sign: あまりいい徴候でない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 352
おぞましい
   
nasty truth: おぞましい事実 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
きつい
   
develop a quick and nasty temper: すぐかっときてきついことを口にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
くちさがない
   
nasty bruiting: くちさがない噂 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
どうしようもない
   
a nasty piece of work: どうしようもない人間 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 280
にくらしい
   
nasty Knight: にくらしいナイト ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 20
まったくひどい(事件)
   
Nasty, but clear: まったくひどい事件だけれど、複雑ってわけじゃないし スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
むさくるしい
   
work together in close quarters and nasty places: せまくてむさくるしいところでいっしょに仕事をする ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 280

悪い
   
nasty brother: 悪い弟 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
悪質な
   
nasty trick: 悪質ないたずら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 357
一筋縄ではいかない
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
陰湿
   
the fights with sb get louder and nastier: (人)との口論がますます激しく、陰湿になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
厭わしい
   
the nasty stench of the place: あたりの厭わしい臭気 スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 134
汚らわしい
   
this nasty brawler and the obvious ways that he cheats: この汚らわしい芝居がかった男と(人の)見えすいた手口 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 314
嫌な
   
have a nasty feeling that ...: 〜という嫌な予感がする レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 17
邪険に
   
be as nasty as possible: できるだけ邪険に振る舞う ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 301
小生意気な
   
nasty bag-carrier: 小生意気なカバン持ち ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 186
痛ましい
   
resulted in a fast, nasty annulment: 痛ましい破局がすぐにやってきた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 113
当たる
   
be nasty to sb: (人に)当たる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 372
不吉な
   
feel a nasty jolt go through sb: 不吉な戦慄が体を走り抜けるのを覚える スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 117
物騒な
   
nasty things: 物騒な代物 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 244
妙に
   
it is a nasty sort of pause: 妙に黙りこむ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 87
目も当てられない
   
get distinctly nasty: 目も当てられないことになる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 67
   
nasty friends: 狢仲間 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 271

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

say it nasty: キタナイ根性で言う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 41
nasty sexual proclivities: 変態的な性癖
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 158
nasty little stinkbomb: 破裂したらとんでもない悪臭を放ちかねない爆弾
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
just to be nasty: 喧嘩腰で
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 28
get nasty: ガミガミ言う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 162
the waves come steep and nasty: 波があなどれぬ高さになる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 92
say nasty things to sb: (人に)悪口を言う
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 60
say nasty reciprocal things about ...: そのお返しに〜について、罵詈雑言を叩きつける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
say it very nasty: とても意地悪な口調でそう言う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 321
quite casually and not really meaning anything nasty: 何げなしに
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
nasty temper and pride: かんしゃく持ちで、生意気な性格
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 381
it will serve sb right for acting nasty to him: (彼に)あれだけ毒づいた(人にとっては)、身から出た錆と言うことになるだろう
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 278
he’s nasty piece of work: おっかねえ侍だ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 43
go down a nasty smack: 一か八かの勝負で負ける
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 113
give sb a nasty look: とがめるような目で(人を)にらむ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 304
be in a nasty hole: ひどい窮地に陥る
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 53
be headed for a nasty fall: つんのめってひっくり返る
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 146
a nasty little chill of fear: ぞっと背筋が冷たくなるような恐怖
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 354
a bold and nasty-tempered Indian: 命知らずで性格のねじくれたインディアン
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 52
a nasty-looking fellow: 意地悪く見える(人)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
nasty-tempered leopard: 性格の悪い豹
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 103
a nasty thought strikes sb: ふといやなことを思いだす
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 42
a nasty taste: いやな後味
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 192
a nasty vicious temper: いやな、いけすかない性分
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 169
a nasty vicious temper: 意地の悪い、いじけた性格
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 179
ツイート