× Q 翻訳訳語辞典
begins   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the road begins to rise more and more abruptly: 道はますます急な上り坂になる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 9
each begins to listen actively to the other: ふたりが熱心に相手の言葉に耳をかたむけだす
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 22
there begins an age of tremendous progress in ...: 目ざましい勢いで〜の進歩を開始する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 25
one’s heart begins to beat quick with excitement: 興奮して胸がどきどきする
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
one’s heart begins to beat quick with excitement: わくわくと胸を高鳴らせる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 44
just perceptibly begins to dry: ほのぼのと乾きはじめる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 72
the second act begins smoothly: 第二幕は順調に滑り出す
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 30
feel one’s ticker begins to race: 急に心臓の鼓動が速くなる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
when the real trouble begins: 事態がぬきさしならなくなってくると
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 329
until it begins to get light out: 夜が明けるまで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
the true story begins to take shape for sb: 事態の真相が(人の)前に姿を現す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 98
the story begins to unravel when ...: 〜のところから、話の糸はときほぐされる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
the road begins to climb left: 道路が左手に向けて上り坂になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 322
the letter begins in that way: 大体斯う言った書き出しである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 12
the frog begins: 蛙が歌をうたいはじめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
the entire crowd begins to bellow: 群衆の喚声がひときわ高まる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
the disruption begins: 凋落の気配は忍び寄っている
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 163
one’s conscious train of thought begins to break up: 意識はぷつんと途切れてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
music begins: 音楽が流れる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 71
it begins as a tiny silver of light, thereafter, it enlarges rapidly: ひとしずくの光りに見えるものは、それからぐんぐん大きさをます
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 100
doubt begins to seep in: 疑惑のさざなみがじわじわと忍びよりはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
by the time it begins to get dark: 闇があたりをつつみはじめるころ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
approaching disgrace begins to darken the closing years of my life: 身近にせまる恥辱のため晩年が暗黒にとざされんとする
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 121
a resignation begins to descend on sb: あとは(人が)手を引くだけということになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
... that begins the book: 冒頭の〜
one’s blustering begins to seem peculiarly pointless: (人の)鼻息が一人相撲の形になる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 255
until the real business of the evening begins: 本番の開幕まで
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 66
the chateau begins to make itself strangely visible by some light of its own: 城館自身がパッと内部から火を発したかと思うと、異様な光景でくっきり浮び始める
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
sb’s feeling of well-being begins to dissipate considerably: (人の)機嫌のよさが、いくぶん薄らいでくる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 66
it is not until ... that one finally begins thinking about ...: 〜を思い立ったのは〜のことである
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 5
water begins to pour from ... into the hot tub: 〜からほとばしりでたお湯が、バスタブを満たしていく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 43
when things begins to happen they are apt to keep on: いったん事が起こりはじめるとあとからあとからつづいて起こりがちのものだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 164
Tweet