× Q 翻訳訳語辞典
peculiarly   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いやに
   
strike me as peculiarly clean: いやに清潔に目にしみて浮かび上がって見える 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 12
はなはだ
   
peculiarly stupid thought: はなはだ愚かしいこと 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 50
へんに
   
which had always made me feel peculiarly unhappy: 〜を見て、へんに悲しかった 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 112
be peculiarly strong and stiff: へんに腰がつよくて、ぱりぱりしている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 14
まことに
   
be peculiarly apt: まことにふさわしいことである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 62

一種独特の
   
sb’s peculiarly standoffish and beautiful handwriting: 一種独特のふっきれたような美しい字面 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 68
非常に
   
be a peculiarly elaborate: 非常に凝った 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
妙に
   
the sky was a peculiarly livid colour: 空は妙にくすんだ色を見せていた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 117
I have always been peculiarly favored: 自分は妙に愛されつづけてきた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 366
be peculiarly limber: 妙になよなよした ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 136

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

peculiarly shrill tone: 甲高い物の言い方
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 113
one’s blustering begins to seem peculiarly pointless: (人の)鼻息が一人相撲の形になる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 255
a peculiarly offensive, fishy stench comes from ...: むんむんする生ぐさいような臭気を発散させている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 214
be a peculiarly elaborate room: 非常に凝った造りだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
emotions peculiarly his own had perhaps colored his judgment: 彼自らの感傷が多分に加わってのことかもしれない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 7
a clang, peculiarly tinny in calibre: 妙に薄手なカランカランというひびき
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 284
ツイート