× Q 翻訳訳語辞典
six   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
半ダース
   
About six: 半ダースぐらい ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 193
   
get sb out in six balls: (人を)六球でアウトにする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 84

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be all at sixes and sevens: まるでなっていない
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 224
a boy of about six: 六つばかりの男の子
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 94
it is the sixties again: 六〇年代がよみがえる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 17
even at the age of fifteen and sixteen: 十五、六にしてすでに
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
six hours ago: 〜から数えて六時間がたつ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
for almost six months: もうかれこれ六カ月来
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 335
cost sb almost sixteen hundred dollars: 大枚千六百ドルをはたいて買う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
almost before the sixth-period bell stop ringing: 六時限目の終わりを告げるベルが鳴りやむか鳴りやまないうちに早くも
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
and charming grandmammas of sixty dress and sup as at twenty: およそこの美と魅力の世界では、六十の祖母もまるで二十歳の娘のように盛装し、飲み食いする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 191
I think her anywhere between sixteen and thirty: 十六歳から三十歳までの間なら、いくつにでもとれる年かっこうだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 21
have the little six-nozzled aperture: 小さな穴が六つある
Say six weeks ago, around: 六週間前ってところかな
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 175
a small, unassuming man of around sixty: 風采の上らない六十がらみの小男
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 114
even when it’s as normal as ninety-eight-point six: いくら正常に見えたとしても
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
at sixteen: 十六歳のくせに
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 20
sb do not have six-month attention spans: (人の)関心は六ヵ月も持続しない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 23
one’s destination is five or six station away: 駅にして五つ六つの距離らしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 202
for the six awesome days to follow: 気の重いむこう六日間
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 190
since one’s father died sixteen years before: 十六年前に父親が逝ってからこのかた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
before one’s sixteenth birthday: 十六にもならない歳で
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 401
drive home at better than sixty: 百キロを優に超える猛スピードで自宅に帰りつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
retired six-day bicyclist: 自転車の六日間レースで脱落したやつ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
Not since he was sixteen years old had anyone ignored Kelly so blatantly: 十六歳になってからこちら、ケリーは人にこれほどあからさまに黙殺されたのははじめてだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
six body-women wait on his wife: 彼の妻には六人の侍女がかしずいている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 189
By the sixth year, the settlement was at last holding its own: 六年めになって、ようやく開拓村は活気を見せ始めた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 78
do sixty days’ cells: 六十日の懲罰房入りをする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 86
Five point six and some change actually: 五百六十万ドルあまりだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
have a chunky physique, well under six feet: 小太りの体型で、身長は一八○センチにだいぶ足りない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
the colour goes from their six faces like enchantment: 魔法にかかったように、六つの顔から血の気がうせる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 266
fifty-six-game consecutive hitting streak: 五十六試合連続安打
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 379
count to six hundred: 六百ドル稼ぐ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 249
cut down one’s six accomplices: 六人の共犯者を切り殺す
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 272
that deep-sixes this angle for the time being: この件はちょっと保留だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 377
despite being only twenty-six: 26という歳のわりには
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 67
draw oneself up to one’s full five-foot-six: 百五十六センチの短躯をのばせるだけのばす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
in a dress covered with five hundred and sixty pearls: 五百六十箇もの真珠をちりばめた衣裳に身を包んで
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 199
drop six inches: 十五センチもずり落ちる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
did not quite get the sixties: 六〇年代に関与できなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
give up in six innings: 六回でマウンドを下りる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 148
be cheap and make a goodly show for sixpence: 六ペンスという安い値段のわりには見栄えがする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 79
six groups of letters: 6組の文字の組み合わせ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 23
a sudden impulse guides sb aboard a number sixty bus heading for downtown Chicago: 衝動的にシカゴの繁華街に向かう60番のバスに飛び乗る
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 57
halfway through the sixth inning: 六回の攻防が終わると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
a human Creature not six Inches high: 身の丈六インチとはない人間
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
hold about five or six hundred people: 定員五、六百人
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 405
simply put it down to a twenty-six-year-old’s hormones: 二十六という若さだけが理由だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 167
stand just under six feet tall: 身長は百八十センチにちょっとかけるくらい
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 12
"Lady, I work sixteen a day in this place to earn a living," the baker said: 「なあ奥さん、あたしはおまんま食うために一日十六時間ここで働いているんだよ」とパン屋は言った
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
for the last six month or so: ここ半年ばかり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 15
last six months: この半年
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
for the last six hours: この六時間
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 248
some six weeks later: それからかれこれ六週間ほどたって
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 66
reach no less than sixty: 六十人をくだらぬ
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 11
about little sb’s sixth birthday: 幼いルーシーが満六歳の誕生日を迎えるころ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
look five or six years younger: 五つ六つ若返ってみえる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
lose a hundred and sixty dollars: 百六十ドルほどやられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
for six lousy bucks: たった六ドルのために
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 68
have not shown at a meeting in sixteen months: ミーティングに出なくなってからもう一年四か月たつ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
in the mid-sixties: 六○年代中盤
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
these past six months: ここ半年
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
be nearing one’s late sixties: もう六十代の後半に近づいている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
some nut may be six feet away on the patio: その狂人だかなんだかがまだ庭先にひそんでいる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 161
occupy the sixth floor: 六階にある
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 48
sixth sense has been way off: おそろしく勘が悪かった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 191
Rex opened on the sixth: レックスは六日に店をひらいた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 113
fourteen or sixteen sheets: 十四枚から十六枚
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
ninety-six Xeroxed pages: 九六ページのコピー
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 12
take five or six pills: 五錠から六錠、服用する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
put up six points: 六点をあげている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
Prime time for a bail bondsman was six to nine: ベイル・ボンズマンのかき入れ時は、午後の六時から九時にかけてなのだから
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 135district
in Six: 第六分署の
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
Six thousand miles away, her longing white arms craved for him: 六〇〇〇マイルの彼方で、女は思いこがれてたおやかな白い手で男をさし招いた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114