× Q 翻訳訳語辞典
guilt   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うさん臭いもの
   
be blown through guilt by association: 連帯した相手を見れば、にわかにうさん臭いものに変わってしまう エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 174
うしろめたい
   
one’s feelings of guilt: うしろめたい気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
うしろめたさ
   
there is guilt in sb’s smile: その笑みにはうしろめたさがこめられている ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 232
there has always been that certain kind of guilt about doing ...: (〜するとき)決まってあの妙なうしろめたさがつきまとう ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
suddenly oscillate between anger and guilt: 気持ちは不意に、腹立たしさとうしろめたさのあいだをふれうごく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
have the immediate reaction of guilt and responsibility: 反射的になにかうしろめたさと責任を感じる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 72
ひけ目
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 107
やましい気分
   
be not yet over the guilt: やましい気分だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
やましさ
   
be not yet over the guilt: やましさはいつまでたっても消えてくれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195

気がとがめること
   
one’s guilt is unconfined: 気がとがめてならない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 127
後ろめたい
   
mixed feelings of relief and guilt: ほっとする一方で何となく後ろめたいような、複雑な気持ち メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 94
後ろめたさ
   
with not a little guilt: 少なからぬ後ろめたさを覚える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 363
feel guilt: 後ろめたさを覚える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 315
feel guilt: 後ろめたさを感じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 58
   
it is the voice of guilt: 声は罪のひびきに隈どられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
罪の意識
   
be stabbed by the kind of an probing guilt: 突きさすような罪の意識にさいなまれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
罪の意識を植えこむこと
   
guilt by association: 芋蔓式に罪の意識を植えこむこと エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 119
罪悪
   
sense of guilt: 罪悪感 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 49
feel a horrible guilt: 胸が張り裂けそうなほどの罪悪感を感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
Also, I had no notion of what Sensei meant by "guilt.": いずれにしても先生のいう罪悪という意味は朦朧としていてよく解からなかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
罪悪感
   
one’s guilt is still quite real: いぜん罪悪感はひしひしと身に迫る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
罪状
   
despite substantial doubts about sb’s guilt: その罪状に大いに疑義がもたれていたにもかかわらず ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 411
人目をはばかる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
恥じる
   
dim, atavistic guilt for ...: 〜したことを心の隅で微かに恥じる スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 91
濡れ衣
   
deny guilt: 濡れ衣を否定する マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 92
良心の呵責
   
sb’s relief is shot through with guilt: (人が)ほっとしていることに激しい良心の呵責を感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 512
咎める
   
guilt for ...: 〜を咎める ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 16

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

get the guilts: うしろめたい
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 99
feeling of guilt: うしろめたさ
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 97
real wickedness and guilt of sb’s business: 天人ともに許さざる(人の)この悪逆行為
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
feel guilt for doing: 〜することを後ろめたく思う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 174
feel a little guilt: 何だかひどくうしろめたいような気がする
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 156
aggravate the sense of guilt sb feels toward ...: ますます〜に対して負目を感じる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 251
a small flutter of guilt enters sb’s mind: 胸の奥が良心の呵責でチクリと痛む
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 319
a sense of guilt: うしろめたさ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 37
a sense of guilt: 良心の呵責
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 96
a feeling of guilt: うしろめたさ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 43
feel not guilt but affection: 罪悪とは思わなくて愛玩と思える
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 130
sb’s appalling sense of guilt: (人の)異様なまでの自責の念
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 33
feel a sense of guilt: 良心の呵責に苦しめられる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 96
ツイート