× Q 翻訳訳語辞典
felt   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Alan felt that puzzlement again: アランはまたしても当惑の感情をおぼえた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
He felt again the high-voltage transmissions of sensual energy: 彼はまたもや強烈な性エネルギーの噴出を感じた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
Otto always felt he was owed for all those years he's spent in the slammer: 日ごろオットーは、あの刑務所ですごした年月が貸しになっていると思ってたのよ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 275
have always felt completely at home: いつ訪ねても心から寛ぐことのできた
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 437
Hugh felt relief and a sudden, sprawling happiness: ヒューはほっとした。ほっとしたと同時に、身体がいきなりほどけていくような幸福感をおぼえた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
never felt more heartily ashamed of oneself in one’s life than when one saw ...: 〜を見ると、いままでに経験したことがないほど強く自分をあさましく思う
feel closer to sb than one has ever felt before: これまでに感じたことのないような親近感を(人に)感じる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 512
have felt this sort of wakefulness in oneself before: 思えば(人は)こうした覚醒の気分を体験していた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
realize that one have felt one’s heart begin to dance: 心の躍るようなものを感じている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
never felt better: 最高の気分だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
brickdust felt carpet: 赤煉瓦色のフェルトの敷物
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 70
John felt himself close his eyes briefly: 自分が目をちょっとつぶったのがジョンにはわかった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 326
It was wrong, he knew that, but it felt good: いけない、こんなことをしてはいけない。ブライアンにはわかっていた。でも気持ちがいい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
The plastic envelope with its precious cargo felt weirdly heavy in his hand: 貴重な中身の入ったプラスチックの袋が、手のなかで妙に重く感じられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
even I felt cold: 私自身もなんだか寒くなった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 14
it is consciously felt that ...: 〜をはっきり感じている
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 97
The shattered bridge was curiously empty now, the men felt strangely alone: むざんに破壊された艦橋は、いまは妙にがらんとして、男たちは妙に孤独な感じをいだいた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 255
put, by example, a dampener on the excitement I felt over dinning at so swanky a place: 〜ので、そんなハイカラなところで食事をすることに対して私が感じていた興奮は、すっかりさめてしまった
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 23
He felt sad, tired, defenceless: 彼は悲哀と、疲労と無力を感じた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 52
felt doubtful and a little ashamed of oneself: 首をかしげたり、赤面したりする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 66
have felt every day and every minute: 日々いっときの休みもなく感じていた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 192
have never once felt such extreme possessiveness: 一度もそこまでつきつめた想いを持ったことがない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 99
remember the exultation one have felt when ...: そのときの天にものぼる心地、それはいまでも覚えている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 436
actually felt somewhat uneasy about the fact that ...: 〜に戸惑った時期もある
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 126
sb’s heart which felt with pain and fear: 苦痛と恐怖でぐいと握り締められた(人の)心
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
But he felt the first, faint chill of fear: だが、彼が戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
He felt his parents' eyes glance fearfully at him and away: 両親の目が自分のほうを心配そうに見て、つとそらされるのを感じた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 386
had felt it was a mistake to start: 〜はまちがいじゃないかという気持ちが(人)には最初からあった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
Even spying on them made him feel good, because he felt he was a part of it: 盗み見しているだけで自分もその一部になったような感覚に襲われ、彼は気分がよくなったそうだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
Sidd felt Debbie Sue's fingers tighten on his shoulder: 肩につかまったデビー=スーの指がこわばっているのを、シドは感じとった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
have felt like that: そういう気分は前にも味わったことがある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
... how one must have felt: どんな思いをしたか、〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 302
it is generally felt that ...: 〜と誰もが思う
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 12
He went to the open closet, stood on tiptoe, and felt along the top shelf: ヒューはウォークイン・クローゼットに足を踏み入れ、つま先立ちになっていちばん上の棚を手で探った
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
would have felt on top of the world: 天にも昇る心地がしたことだろう
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 205
Ralston sounded as weary as the Captain felt: ラルストンの声も、艦長の心中のようにものうかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 65
what one felt like: どんな気を起こしたかというと
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 232
what has sb felt: (人の)胸中にはどんな感情が去来しているだろう
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 150
it would have felt wonderful to do: 〜できたらどんなにか気持がいいものをと思う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 138
it is the way sb have felt ...: 〜と同じ〜をおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
it is the way sb have felt ...: 〜にはおぼえがある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
have not felt too healthy since ...: 〜というもの、あまり元気じゃない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 168
have not felt satisfied: 捨ててはおけない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 161
have never felt so relieved in all one’s life: こんなさばさばした気持は初めてだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 363
have never felt lonesome: 淋しがりやのところがちっともない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 33
felt relaxed, which made one tense: ふっとゆるみかけた気持をあわてて引き締めた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 84
can not remember a time one have felt more foolish: こんな間の悪い思いは初めてだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 60
For not having slept in twenty-four hours, I felt surprisingly awake: まる二十四時間眠っていないわりには不思議に眠くなかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 35
when he left, sb felt forlorn: 彼がいなくなると(人は)もの哀しい気持ちになった
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 144
He felt suspicious of this unlooked-for generosity: 彼は故しれぬ母の奢りを怪しんだ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 283
The dawn air felt good against their heated bodies: 熱した体に払暁の大気は快かった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
it felt indescribably good: たまらぬここちよさに
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 197
for his little flat in the Barbican, which he felt was rather gray: やや殺風景な感じのするバービカンの小さな部屋に
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 48
He felt low and half-drunk: アランは沈んでいた。おまけに生酔いだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
heart-felt:心からの
辞遊人辞書
heart-felt:真情を吐露した
辞遊人辞書
heart-felt:衷心からの
辞遊人辞書
I felt as if I didn't have a hope in the world: そこには救いなんて何ひとつないような気がした
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 45
I felt it hover, and I felt it regard me: 死はそこにぽっかりと浮かんで、僕を見おろしているようだった--そう感じた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
When it had surrounded him, he had felt an inexpressible sense of peace: そこに包まれたとき、彼も言いようのない安らぎを感じたのだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 276
He felt resentment that his intellect lacked keen and ruthless canine teeth: 彼は自分の思考に、鋭い残忍な犬歯が欠けていることを憾んだ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 354
not to let sb know how tense and uncomfortable one felt with sb: 落着きのなさと、気重さを、相手にさとらせまいと
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 186
He felt ashamed of himself for having knuckled under so easily: 脆(もろ)くも腰が挫けてしまって、...したのが、恨めしくなって来るのであった
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 50
you may imagine how I felt: ぼくがどんな気持ちになったかは、想像におまかせする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94
Never have I felt so deeply how meaningful is the life of a priest: 司祭という仕事がこれほど生き甲斐のあるものだと、かつて考えたことはありませんでした
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 37
Moreover, he felt the hacker couldn't learn anything from our password file: 何よりもウェインは、パスワード・ファイルを盗んだところでハッカーは何の得にもならないことを力説した
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
Beset though he was by the riddles that surrounded him, sb nonetheless felt joy stirring deep within him: 群がる謎に惑いながらも、一方では、(人の)心には、しみ出す歓びが生じた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 47
The humiliation Ryan felt was noteworthy: ライアンの胸中の屈辱は、はた目にもわかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 570
XXX now felt he could count on those 21 victories of 1945 as real: XXXはこれでやっと、一九四五年に挙げた二一勝がまぐれではなかったと、自信を持てるようになった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 36