× Q 翻訳訳語辞典
coming   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おとずれ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 65
せまりくる
   
the coming night: せまりくる夜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210

転がりこんだ
   
coming good fortune: 転がりこんだ幸運 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 25
登場
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 29
幕開け
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 32
未来の
   
sb’s coming masterpiece: 未来の傑作 O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 13

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

in the coming week: 来週には
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 415
coming attraction: 近日上映の予告篇
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 206
witness the coming of age of sb: (人の)成長を見る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
the second coming of redeemer: 救済者再来
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
the comings and goings of sb: (人の)ゆきかい
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
be a nationwide sentiment for the coming season: 開幕が近づくにつれ全国的な関心を集めることになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 210
a man of unadvertised goings and comings: ひそかに各地に出没する人間だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 185
a bad omen for the coming year: 縁起でもないこの一年のはじまり
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 101
after coming all this way: せっかくここまで来たのであるから
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 106
after coming out with the expected apology: 一応詫びは言いながらも
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
witness the coming of age of sb: (人の)成長を見る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
see something of oneself coming alive in sb: (人の)中に自らの分身を見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 180
won’t have wasted one’s time coming all this way: わざわざ来た甲斐があった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
have almost never varied the dates of one’s coming and going: 来る日も帰る日も、めったなことで予定を狂わせない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 56
be coming into Paris under a guard five hundred strong, in cavalry alone: こともあろうに騎兵五百人に守られてパリ入城を企図している
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
how ... is coming along: 〜の進み具合
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 104
be coming along: だんだんよくなってる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
be already coming about, firing blindly: すかさず回頭して、撃ちまくりながら迫ってくる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 108
the coming of God and all his angels: 神は万軍の天使を率いて顕現したもう
one right after another like the street lamps coming on: まるで街燈がいつせいにともるやうにしてだしぬけに
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 139
when one part of your life is coming apart at the seams: 暮らしのどこかがほころびはじめると
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 19
appearing briefly, tantalizingly, then disappearing behind a smoke-screen, hardly needed now in the coming night: つかのま姿を見せてじらし、すぐまた、せまりくる夜にもうほとんど無用の煙幕のなかにかくれたりして
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
one’s assignment coming up: 登板を目前に控える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
I assure you, Western medicine will be coming to our country very soon: 儂は断言しますが医学に於いて必ず我が国にも蘭方の時代がきます
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 10
await the coming of its Savior: 救世主の到来を今か今かと待つ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 253
things keep coming back to sb: いろんなことがしょっちゅうよみがえってきて、胸がすっきりしない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 21
there is going to be something bad coming down about ...: ただじゃすみそうにない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 309
maybe the bastards had it coming: あいつらは自業自得です
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 525
be coming and going: しょっちゅう出たり入ったりする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
there’ll be some bills coming due: ツケがまわるべきところにまわるんだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
coming from the other direction, stumbling blindly along as if sb might fall: 向うから、つんのめるようにして歩いてくる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 128
sth, coming out of the blue like that: そういう突発事件
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 98
can hardly breathe for the heat coming off the bodies: 人いきれで息もつけないほどになる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 31
'Connie's not coming back, George,' she called as she hobbled ahead of him: 「コニーはもうカムバックしないわよ、ジョージ」彼の前をぎくしゃく歩きながら、大きな声でいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
see a small yellow compact car coming: 眼の前を黄色い小型車が走りぬける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
eyes that are changed by the death one had died in coming here: ここに送られるということによって、すでにはっきり死を経験してしまった人間特有の変り果てた視線
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 131
a chimney with smoke coming out of it: 煙突から煙が立ちのぼる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
color coming slowly back to sb’s face: 顔に血の気が少しずつ戻ってくる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 103
the skin’s coming off and it’s turned a funny color: 皮が剥けて色が変っている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 43
see the color coming back into sb’s face: 顔色がだんだん良くなってくるのが見てとれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
the sun was coming in the window: 窓には陽があたっていた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
So where's the hacker coming from today?: で、ハッカーは、今日はどこからおでましかね?
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 284
milky light coming from ...: 〜からさしこむ淡い光
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
be coming to one for help: 相談ごとにやってきやがる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
the noise sb make coming in: (人が)帰ってきた物音
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
fifty coming: 五十近くでも
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
make people more interested in coming to ...: みんな行ってみようと思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
I’m coming up: よし、そっちへ行く
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 190
the placenta be late in coming: 胎盤がなかなか出てこない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 62
will be coming up any minutes now: もうじき昇るでしょう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
will be coming soon: すぐに到着するはずよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 43
if sb want to get in, sb be coming in: くろうとは、入りたいと思えばどこにでも入ってくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
a smell coming from ...: 〜から漂う臭い
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
suspect what is coming: 来たるべきものを察する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
take what is coming: 何が来ようと受けて立つ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
... be coming soon: もうじき〜が来る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
the warmth coming from ...: 〜のほうから流れてくる暖かい空気
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 185
you won’t see me coming: いいかい、背中にしっかり眼をつけとくんだよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
you’ve got it coming to you: とうぜんの報いよ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 239
with one’s first time-at-bat coming up: 初めて自分に打順がまわってくる直前
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
where ... is coming from: 〜の出どころ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
what is the world coming to?: 世も末だ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 121
what is coming: つぎにくる運命
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 183
there wasn’t a peep coming from sb: (人は)ひとことも声を立てなかった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
the wounds are coming on in rare shape: 傷のほうは奇蹟的な回復ぶりを見せている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 315
the terrifying whip of the arm coming through: 腕を鞭のようにしなわせてびゅんと投げる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
the crowds of people always coming and going: たえず往来している群衆
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 157
thank you for coming: わざわざありがとうございました
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
take a long time coming: ひどく遅れる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
stop coming: 足が遠のく
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 100
sth be coming for one: 〜が襲いかかってくる
sliders coming in to ...: 食い込んでくるスライダー
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 245
see what is coming: これから起こることを予想できる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
see smoke coming from the hole in the roof: 屋根にあいた穴から煙がもくもくと出ているのが見える
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 92
see it coming: 先見の明がある
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 47
sbs are coming and going: (人たちが)どたばたと出入りする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
sb is coming to Sunday dinner: (人を)日曜の夕食にお招きする
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 24
on coming up from dinner: 階下で午餐を済まして
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 12
makes you wonder what the world’s coming to: まったくこの世も末だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 258
keep on coming: 攻撃の手をゆるめない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 68
keep coming in: 何度も〜の部屋を覗く
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 165
it is all coming to sb: それでわれに返る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
I’m coming God dammit!: はいよ、ちくしょう、もう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 77
have it coming: いずれこうなる運命
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 12
have it coming: そうされてもしかたがない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 303
for sb, sleep is longer coming: (人は)なかなか寝つけない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
everything is coming into focus: やっと話が呑みこめはじめる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 266
disguise where the sound is coming from: 音の出どころがわからなくなる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
ツイート