× Q 翻訳訳語辞典
serious   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あらたまった
   
turn towards sb with a serious expression: 急にあらたまった顔になる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 85
かなり
   
be a serious drinker: かなり深酒をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 99
かなりきわどい
   
serious business: かなりきわどい計画 レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 227
かなり深刻な局面を迎えている
   
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 300
きちんとした
   
serious training: きちんとした訓練 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 11
きびしい表情である
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 373
きまじめな
   
be so serious: いたってきまじめな顔だ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 230
しかつめらしい
   
look serious: しかつめらしい顔 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 243
じっくり腰をすえて
   
a school serious drinkers: じっくり腰をすえて飲んでいる一団 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 235
すぐれた
   
serious songs, songs with depth: 深みのあるすぐれた歌 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 6
たいへんな
   
make a serious mistake: たいへんなへまをやる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 163
とろりとした
   
serious gravy: とろりとしたグレイヴィ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
のっぴきならない
   
be about to engage in something a little more serious than doing ...: この喧嘩は〜する程度ではおさまらない。もっとのっぴきならない地点にまで足を踏み入れようとしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
ひどい
   
do oneself serious harm: 自分自身がひどい痛手を負う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
ひどく
   
to the serious disturbance: ひどく心を悩ませる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 76
be in serious trouble: ひどく苦しい状況に置かれている バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 407
a serious family man: 家庭をひどく大切にする男 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
まとも
   
be not the best place to find serious relationship material: まともにつきあえる娘が、〜にはめったにいない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 57
まともな
   
do not survive a serious review: まともな審査にはパスしない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 386

マジだ
   
be not serious: マジじゃない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 274
マジになる
   
be serious: マジになる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 299
ヤバい
   
so serious it is funny: あまりにもヤバすぎて、笑うしかない ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 48

一生懸命
   
be serious about fun, too: 楽しもうとするときも一生懸命になる オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 144
一大
   
a serious threat: 一大脅威 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 68
改まった
   
in a serious tone: 改まった調子になって 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
厳しく
   
be by turns good-natured and deadly serious: 柔和にもなれば、恐ろしいまでに厳しくもなる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 161
考えさせられる
   
be quite a serious matter with sb: (人に)とっても考えさせられる話だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
剛の
   
be real serious folks: 剛の者ぞろい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 248
思いつめた
   
sb’s face is surprisingly pale and serious: はっと思うほど思いつめた蒼い顔で 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
   
be even more serious: それこそ事だ 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 147
鹿爪らしく
   
sit stiff and serious: 鹿爪らしく控える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
重い
   
sb’s condition is serious: (人の)病気が重い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
重要な件で
   
something serious: ある重要な件で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
深刻な
   
serious problem: 深刻な事件 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 120
enter into ludicrous but potentially serious situation: いささか滑稽であるにせよ、ことによっては深刻になりそうな状況に直面する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 106
真顔で
   
give sb one’s serious interested look: 本当に答を知りたがっているように、真顔で(人の)顔を見返す レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 181
真剣
   
of so serious a kind: 一方ならず真剣で 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 127
真剣な
   
make a serious pass at sb, a declaration of love: (人に)向かって真剣に愛の告白をするという大それたことをする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
look at sb’s serious expression: (人の)その真剣なもの言いの顔を見る 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
be feeling serious about sb: (人の)気持ちは真剣なものだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 400
be completely serious: じつに真剣だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
真剣に
   
be of necessity a serious business: 〜は真剣にならざるをえない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 209
真剣味
   
show sb we’re serious about things: こちらの真剣味を示す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 84
真剣味のある
   
serious man: 真剣味のある男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 156
真面目
   
something intent and serious: 真面目なもの 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
生真面目な
   
be a serious faced man with thinning hair: 生真面目な顔をした(人は)髪が薄くなりかけ フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 70
announce, suddenly serious in one’s expression and tone: いつになく生真面目な顔と口調で答える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 121
a serious person: 生真面目な人間 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 19
素直に
   
a serious apologetic sb who apeak to sb: (人は)素直に詫びる口調でこう言う アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 228
大げさな
   
This probably isn't serious: いえ、そんなに大げさな話じゃあないのかもしれません ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 135
大変な
   
do you realize how serious that is: これは大変なことですよ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 142
地道に
   
be kind of grateful to have something serious and substantial in one’s life: 地道にこつこつ稼げる仕事ができたのは、とりあえずありがたい ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 37
調子に乗る
   
refuse to be serious: 調子に乗らない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
難しい
   
sb’s illness is serious: 到底難しい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 100
熱烈な
   
a serious zoo fan: 熱烈な動物園愛好家 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 225
本格的
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 46
本格的な
   
serious fisherman: 本格的な釣り師 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
本格派の
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
本気で
   
make a serious analysis of one’s prospects: 自分の将来について本気で考える ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 31
本気でとりくんだ
   
the serious occupation of sb: (人が)本気でとりくんだ犯行 O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 195
本気に
   
be quite serious about: 本気に考える 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 20
本気の
   
serious baseball fan: 本気の野球好き プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
a very serious boy: 恐ろしく本気のやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 503
面倒な
   
serious matters: 面倒な話題 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 158
由々しい
   
be far too serious for ...: 〜には由々しすぎることである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 447
anything serious: 由々しいこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511
六ずかしい
   
sit there, silent and serious: 六ずかしい顔をして黙っている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 33
熾烈な
   
be into serious eating: 実に熾烈な食事だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

very serious heavies: 恐ろしげな用心棒
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 186
shout now serious: もうムキになって声をはりあげる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 152
serious Yankee fan: 熱烈なヤンキース・ファン
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 112
serious fiction: 純文学
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 393
serious bettor: 馬券師
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
it isn’t serious: 大事には到らない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 17
it’s nothing serious: 大した風邪じゃないのよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
get serious: 佳境に入る
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 295
get more serious: 苛烈になる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 16
be serious: ばかをいいなさるなよ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 280
be quite serious: 冗談ではない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 182
be nothing serious: ただのおふざけだ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 150
be not serious: 口だけ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 86
be mostly serious: きまじめだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 281
be dead serious: 本気だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 138
a serious face: 表情を曇らせる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
a serious crime: 何よりもいけないこと
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 12
without one day of serious illness: 病気らしい病気とて知らなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 111
with a very serious expression on one’s face: 生真面目な表情をして
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 27
the one who have an earnest and serious air: 真面目な優等生
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 195
the blow could have been serious: 打ちどころが悪かったら面倒なことになるところだった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
that is where the serious money is: 大金が動くのはそこだ
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 246
take ... real serious: 〜で(人の)頭がキレてしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 344
spend a lot of time with serious things: クソ真面目な人間だ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 145
sit down in a really serious way to do: どうすれば〜できるか、腰を据えて真剣に真剣に考える
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 267
sb’s face grows serious: (人の)顔は真剣味をおびる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 58
say with a serious expression: 真顔で言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 197
remark in a serious tone: しみじみと云う
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 16
one’s uncompromisingly serious personality: (人の)生真面目な性格
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 120
notice sb’s uncommonly serious air: (人の)ただならぬけはいを感じる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 178
look at sb with a terribly serious expression: (人の顔)を笑わずにしっかと眺める
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 32
it is extremely serious when ...: 〜ということになると重大な問題だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 46
it is a very serious thing to do: 〜するのは大事件だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 152
it’s one of the most serious things that can possibly happen to one to get ...: 〜されたらおしまいだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 82
it’s not all that serious: つまらないことだ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
in a serious tone: きまじめらしい口ぶりで
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 293
if sb’s decision is serious or not: 軽はずみな行動でないかどうか
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 393
I’m dead fucking serious: 冗談なんかいってませんよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 194
have serious doubts that ...: 〜とはどうしても思えない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 76
get serious about doing: もっとちゃんと〜する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 194
full of childish yet perfectly serious imaginings: たわいもなく、しかし生真面目にひとしきり想像している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 212
don’t stop being serious about sth: (物)についてきちんと責任をとる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 174
could hardly have called it a serious invitation: 「何気なく誘った」と言ってもよいくらいのものだ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 110
continue one’s serious discussion for a while longer: しばらくの間真剣に話し合う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 117
become serious about ...: 〜に凝りはじめる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 106
be upgraded to serious: 危篤から重体に変わる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 578
be really looking forward to some serious playing: いよいよ本格的に遊びまくろう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 37
be really going to be in serious trouble: 本当にエライことになる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 103
be on the verge of serious tears: 必死に涙をこらえる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 137
be not very serious: たいしたことはない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 444
be not very serious: 大したものでない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
be not serious enough to do ...: 〜する気にはならない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 27
be in a world of serious trouble: どえらいことをする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 119
be having serious second thoughts about ...: 頭のなかでは、〜はあれでよかったろうかと、くよくよと思い返している
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 382
be a very serious matter: 〜とは笑い事じゃない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 47
be a much less serious thing: ずっとかるくてすむ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 268
badly need a serious drink: 大酒食らってみたい
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 84
assume a serious expression: すこしキマジメな顔になる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 111
adopt a serious reverent facial expression: 真顔になる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
accidental charm of sb’s graceful, though to sb only half-serious, fopperies: (人)自身にしてみればちょっとしたおしゃれにすぎないのだがその趣味のよさが偶然醸しだす魅力
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
do not allow ... to awaken any serious fears in one’s breast: (人としても)、別に〜から重大な不安を感じることは、何もない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
be amazingly serious: うんざりするようなシリアスさだ
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 97
cast serious aspersions on sb: 〜に口をきわめた罵言をはく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
Alexandra has serious problems which require the assistance of a mother: アレクサンドラが重大な問題をかかえて、いますぐ母親のたすけを必要としてるんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 11
pay serious attention to the problem: この問題を深刻に受けとめる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 131
say in one’s half-serious banter: 冗談めかしていう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
the final voice sb used was almost proud, and certainly serious: けっきょく(人は)ほとんど誇らしげな、真剣そのものの声で答えた
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 219
choose between a tragedy and something serious: 悲劇でも見ようか、何かまじめなものでも見ようかと迷う
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 130
completely serious-minded: 真面目一方
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 174
your father’s condition is serious: お父上の容体が深刻である
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 110
a serious contender: 有力候補
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 100
create a serious problem: 深刻な問題を引き起こす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 460
answer with a dead-serious expression: 身じろぎもせずに言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 80
deadly serious: おそろしく真剣な
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 15
be, deep down, an upright, serious person: 真面目な性格を内に持っている
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 40
discuss anything serious with sb: (人を)相手にまじめな話をする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 223
be entirely serious: 生真面目そのものの表情だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 170
not entirely serious: これはさすがに真顔ばかりでもなしに
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 16
expression:<イディオム等>
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
look at the wind and the weather and figure this could be serious shit: 風向きと天候から大火事になると踏む
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 310
giving serious thought to do ...: 〜してやろうかと本気で思案している
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 33
have serious questions: 重大な疑問に逢着する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
get serious as hell: すごくまじめになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 15
I'm not serious but I'm in love with her: 俺はマジじゃないが、でもあの子には惚れているね
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 274
ツイート