× Q 翻訳訳語辞典
peace   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
くつろぎ
   
have had no time and peace in all one’s bandit life: 今までの無頼生活では時間もくつろぎもない シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 60
しずか
   
We women of sensitivity are entitled to a little peace: あたしたち神経のこまかい女は、たまにしずかにさせてもらわなきゃ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 189
しずかに
   
have one’s peace: ひとりでしずかに暮らす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 349

安心
   
a great sense of peace and fulfillment: 安心と充足のいりまじったこのうえない気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
講話
   
peace talks: 講話の話し合い デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 253
終戦
   
in the first years of peace: 終戦当初に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
常時
   
in war and peace: 常時・非常時を問わず デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 137
心の平安
   
keep peace: 心の平安を保つ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 221
find the peace: 心の平安を得る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
feel at peace: 心の平安を感じる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 95
静穏
   
disturb the peace: 静穏妨害 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 119
another twenty-four hours with peace unknown and rest impossible: 静穏は約束されず休息のないことだけが確実な二十四時間 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 133
折り合い
   
making peace like that: そういう折り合いかた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 455
泰平
   
peace on earth: 天下泰平 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 134
平安
   
profoundly disturb one’s peace of mind: (人の)心の平安を根底から揺るがす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 261
one moment’s peace: つかのまの平安 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 148
平穏
   
the peace breaks: 平穏があっさりと崩れ去る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
sb’s peace of mind: (人の)心の平穏 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 254
only emphasize the pre-dawn peace: 夜明け前の平穏をいっそうきわだたせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 549
have inner peace: 内なる平穏を見いだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
平静
   
hold one’s peace: 平静をよそおう マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 224
平和
   
we can give peace a chance: そのときは平和の出番だよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 395
toward whatever gods of peace and good-will: 平和と善意を司るすべての神々に届けとばかり フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 223
somebody has to help make the peace: 誰かが手を貸さなくては平和は実現しない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 114
join the Peace Corps: 平和部隊に加わって発展途上国の援助に出かける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
feel at peace again: 心に平和がもどる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
a peace group: 平和団体 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 360
a lasting peace with sb: (人と)の間の恒久的な平和 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
睦まじく
   
in rare peace: めずらしく睦まじく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 210
和解
   
make a peace with sb: (人と)和解を果たす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 571
和平
   
will not screw up the peace talks over sth: 〜で和平交渉を頓挫させたくない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 351
the peace talks: 和平交渉 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 124
poison the peace talks: 和平交渉を妨げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 246

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

make one’s peace: 心を休める
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 307
in peace: おだやかに
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
in peace: ひっそり
in peace: 落ち着いて
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 6
a peace offering: 仲なおりのしるし
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 28
will not know a minute’s peace of mind or conscience until ...: 〜まではいっときだってじっとしてられやしない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 7
will not give sb a minute’s peace: しつこくかまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 197
surely improve everyone’s peace of mind: 人々の心を平らかに保つ役を果していたにちがいない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
sit down and have a nice cup of tea in peace ease and comfort: ゆっくりすわって、静かに楽しくお茶を飲む
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 435
sb will be able to rest in peace: (人も)うかばれよう
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 141
sb be left in peace: (人に)あまり干渉しない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 28
people who are humiliated in war cannot make peace: 戦争で屈辱をなめた側に和平はない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 170
peace and goodwill alone exist on earth: 天下泰平だ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 247
one’s mind is at peace: 心が落ちついている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 286
must have absolute peace and quiet: 絶対安静が必要だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 470
make the best peace: 人の気持をなごやかにする
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 141
make separate peace for oneself: 自分だけは抜けがけで仲直りする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 250
make peace with the realization ...: 〜を認めつつ、しかも心の平安を得る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
make one’s peace with ...: 〜に詫びを入れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 211
make an attempt to restore peace: 仲直りを試みる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 177
make a peace with sb’s house rules: (人の)定めた家の決まりを守って波風をたてないで生きる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
let sth rest in peace: 〜はこのままそっとしておく
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 170
let sb have sb’s peace: (人を)そっとしといてやれ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 165
let sb do in peace: (人の)邪魔をしない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 374
leave sb in peace: (人に)迷惑はかけない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 144
keep the peace with sb: (人と)争わぬ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 132
just thinking about ... made sb finally relax and feel at peace: 〜のことを思いだすと、ようやくすこしやさしい気分になった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 242
it is better to be at peace with sb than at war: (人と)けんかするよりは、事を起こさないほうが利口だ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 169
in the peace and comfort of sth: (場所の)ぬくぬくとした環境で
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 268
in peace and seclusion: 誰にも邪魔されず落ち着いて
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 515
find peace of mind: 気持が安らぐ
find peace in books: 書物のなかに心を埋める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
feel a sense of peace: 安心感を覚える
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 139
can find some peace in ...: 〜に入ったら少しは落ち着く
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 121
by a few attentions to make one’s peace with sb: ちょっとばかりやさいいことばをかけて(人と)仲なおりをしようとつとめる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 158
be responsible for keeping the peace in ...: (場所)の治安に当たっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 40
be not at peace: 心が安まらない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 387
be lulled into blissful peace: 安逸の世界に憩う
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 79
be glad to see sb at peace: 安らかに眠れてよかったと思います
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 319
at peace with the world: 何も思いわずらうことなく
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 80
at peace with the world: 世の中に対してなんの不満もない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 31
an inexpressible sense of peace: 言いようのない安らぎ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 276
a zone of peace one might never be able to find again: またとない安息所
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 55
be allowed to suffer alone and in peace: ひとり静かに苦しんでいられる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 284
wear the peace-sign around one’s neck: ピース・マークのネックレスをつけている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
Not the peace of a child asleep in the manger of long ago: その昔ベツレヘムの厩で安らかに眠っていた嬰児の話ではない
composure of someone perfectly at peace with oneself: 自らの平和の中に完全にひたりきっているような表情
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 174
be finally able to relax and spend one’s days in peace: ようやくおだやかな日々を過ごす
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
disturb the peace: 治安をみだす
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 250
dreary peace: うっとうしい平和
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 109
Then I'll go and leave you in peace I promise: 話がすめば帰るし、迷惑はかけない。約束する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 144
with peace unknown and rest impossible: 静穏は約束されず休息のないことだけが確実な
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 133
Indeed, so earnest has been this quest that even social splits and conflicts themselves have always occurred in the name of unity and peace: 分裂や対立でさえ、統一と平和の名のもとに起きたと云えるほどである。
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 100
When it had surrounded him, he had felt an inexpressible sense of peace: そこに包まれたとき、彼も言いようのない安らぎを感じたのだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 276
a little peace: たまにしずかにする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 189
be lulled into blissful peace: 幸せな安らぎの世界に誘いこまれる
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 197
Carrington might have been on a peace-time exercise in the Solent: キャリントンは、ソレント海峡で平時訓練でもやっているかのようだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 320
a peace offering: 和平のしるしのおくりもの
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 280
she had told him once, when they lay in rare peace: いつかめずらしく睦まじく身をよこたえているとき、彼女がいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 210
peace-loving:平和を愛好する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 304
be on a peace-time exercise: 平時訓練をやっている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 320
Well, the family's safety, peace on earth, prosperity-- stuff like that: 一家安全、天下泰平、商売繁盛、だとか、そんなことさ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 134
the sense of restfulness, of peace: 謐かさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 10
ツイート