× Q 翻訳訳語辞典
somewhat   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜なところもある
   
be somewhat indifferent to money: 金には恬淡なところもある 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 52

あまり
   
be described by sb somewhat hazily: (人の)話はあまり鮮明でない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
いくぶん
   
break the tension somewhat: いくぶん緊張を和らげる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18
いくらか
   
cast a somewhat naughty eye on sb: いくらか好色がかった視線を(人の上に)走らせる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
'No trouble,' said Radczyk, then lowered his voice somewhat: 「迷惑なもんか」そう言ってから、いくらか声をひそめて、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
いくらかでも
   
in one’s effort to make a dull if comfortable area somewhat more lively: この泰平なぶん面白くない土地に、いくらかでも活気を与えようと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 371
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 46
いささか
   
somewhat vulgar attempt at a salute: いささかだらしのない敬礼 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
somewhat puzzle at sb’s speech: (人の)雄弁にいささかまごついて E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 88
She smiled once more, somewhat fitfully this time: そう言ってまたほほえんだが、今度はいささかひきつった笑顔だった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 344
Perhaps he was somewhat offended: いささかムッとしたのかもしれない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 45
in somewhat harrowingly private sitting: いささか胸苦しくなるまでに切実な、直接身辺にふれる出来事 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 59
be somewhat startled to do: いささか呆気にとられる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 197
be somewhat jealous of sb: (人に)いささか嫉妬している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
be somewhat illusory to suppose ...: 〜と考えるのはいささか現実ばなれしている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 90
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
いつになく
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
うっすらと
   
somewhat expectantly: うっすらと期待の色 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 19
かなり
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
こころもち
   
somewhat tan: こころもち小麦色をおびる 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 105
sb’s lower lip is somewhat fuller than sb’s upper lip: 下唇がほんのこころもち上唇よりもふくれている べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 191
ずいぶん
   
a somewhat sordid place: ずいぶんにぎやかな場所 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 198
たいして
   
somewhat reluctantly: たいして気の進まぬうちに 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 21
だいぶ
   
The information was somewhat remarkable, but it had to be true: 出てくる情報はだいぶ意想外なものだったが、きっと事実だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 590
ちょっと
   
seem to have a somewhat difficult streak to one’s character: ちょっと気むずかしそうだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
ちょっぴり
   
be somewhat embarrassed with oneself for doing so: ちょっぴり気がさす行為だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
どうも
   
somewhat unsportingly: どうも潔さを欠いて ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 95
どこか
   
there is somewhat less pleasure than ...: どこか不快げな色がみられる ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 90
somewhat ostentatiously: どこかひけらかすようなところがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 371
somewhat less polished-looking: どこか洗練さを欠く印象 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
be somewhat fuzzy: どこかぼんやりしている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
どことなく
   
somewhat as if ...: どことなく〜に似ている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
a somewhat dilapidated Lincoln Continental: どことなく古ぼけたリンカーン・コンチネンタル イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 203
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 145
どちらかといえば
   
somewhat thin face: どちらかといえば肉づきが薄い べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 157
なにやら
   
seem somewhat unhappy: なにやら浮かぬ顔だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 61
be somewhat shameful: なにやら浅間しい 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 78
なんだか
   
They were courteous and I was even somewhat flattered: 三人とも丁重だったし、なんだか晴れがましい気分さえして-- ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
seem tired and somewhat lost: 疲れてなんだかぼおっとしているみたいだ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 151
be somewhat frightening: なんだか空恐ろしい コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 49
a somewhat forlorn consolation: なんだかわびしい慰め ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 443
なんとなく
   
slight, somewhat bewildered nod of sb: (人が)なんとなく当惑を隠せずかすかにうなずく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 37
look somewhat hopefully at sb: なんとなくあてにするような目で(人を)見る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
in looking somewhat harried: なんとなく苦しそうな様子で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 296
feel somewhat morose: なんとなく気が晴れない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
be somewhat distracted: なんとなく話に集中できていない感じだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 228
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 245
なんとはなしに
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 26
まさに
   
regard sb as somewhat disingenuous: (人を)まさに裏表のある人物だと考えていた ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 51
まずまず
   
pease sb somewhat: まずまず(人に)うける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
むしろ
   
be somewhat awed by sb’s manner: むしろ(人の)態度に畏縮する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81

一部は
   
be somewhat misleading: 一部はまがいものだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
幾分の
   
be somewhat alert: 幾分の警戒心は感じられる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
高度に
   
be somewhat abstract: 高度に抽象的である 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 17
若干
   
somewhat slower: 若干スピードが落ちる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
少々〜なところがある
   
Tanomogi was a somewhat ill-mannered but very efficient assistant: 頼木は、少々不作法なところがあるが、なかなか有能な助手だ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
少し
   
say somewhat softly: 少し声を落として言う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
be somewhat concerned: 少し気にかかる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 210
勢いで
   
somewhat drunkenly: 酔った勢いで デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 10
多少
   
somewhat surprise: 多少おどろく 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 68

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

startle sb somewhat: 軽い驚きをおぼえる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
somewhat wider shoulders: 並より広い肩幅
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 362
somewhat unwillingly: 迷惑そうに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
somewhat oversized: だぶっとした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 147
somewhat more seriously: さっきより真剣な態度で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 306
somewhat lost expression: なにかを失くしちゃったみたいな印象
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
say somewhat sarcastically: からかうような口振りで笑いこける
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 103
be somewhat indisposed: 気まぐれなやつだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
walk somewhat unsteadily as one push ...: よろめきながら〜を押す
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 62
somewhat of an abstract: いささか抽象的なもの
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 112
one’s somewhat pathetic boast: (人の)いじらしい自慢
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 41
might have grinned somewhat less: 苦笑ばかりしていられなかったかも知れない
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 13
it is true sth be as yet somewhat theoretical concepts: 〜は、今のところは確かにまだ理論の域を脱していない
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 93
be somewhat removed from the realities of the world outside: 事情にうとい
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 115
be somewhat hesitant at first to do: 〜する事がおぼつかなく見える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
be apparently somewhat reticent about ...: 〜に対してどうもあまり気乗りのしない様子だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
be a somewhat awkward athlete: 運動神経は鈍いほうだ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 438
an unconscious and somewhat inconsequential habit: 無意識の、ささやかな癖のようなもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 402
an aging, somewhat forlorn part of town: 町のさびれた、うらびれた地域
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
actually felt somewhat uneasy about the fact that ...: 〜に戸惑った時期もある
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 126
a somewhat checkered past: 多彩な過去
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
be somewhat taken aback: ちょっと意外である
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 17
sb’s pleasure somewhat is allayed by sth: 〜が、せっかくのよろこびに水をさす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 341
These accommodations were always in an aging, somewhat forlorn part of town: おおかたの場合、町のさびれた、うらびれた地域だった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
Analytically, the salt content is somewhat greater: ただ分析してみると、幾分塩分が勝っていますが、
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 132
somewhat bashfully: いくぶんはじらいの色が混じっている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 80
the sun is somewhat more veiled than before: さっきより陽が翳っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 48
be somewhat clumsy in movement: 身のこなしが何となく不様だ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 95
one still feel somewhat hot under the collar: (人の)心はまだ爽快ではない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 21
somewhat colorless: いくぶん血色はよくない
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 30
somewhat condensed: いくぶんかいつまんで
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 116
consider sb in a somewhat more generous light: (人)に対してもっと寛大な目を向ける
somewhat defensively: 弁解がましく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
relations are somewhat difficult: 関係はいつもどこかぎくしゃくしている
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 111
be somewhat disheartened at ...: 〜ので、腹の中で少し失望する
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 71
speak somewhat enigmatically: 口を濁す
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 51
agree, though in a somewhat perfunctory fashion: お義理に相槌を打つ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 91
You are somewhat off base, but you do quite well for an amateur: 少々見当はずれではあるけれど、君はアマチュアにしてはなかなかよくやってるよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 227
sb’s explanation seems somewhat garbled: 本当のところはよくわからない
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 30
a genial if somewhat rough-mannered old bachelor: やや武骨だが、気のおけない老独身者
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
Smiley objected gently after this somewhat ritualistic pronouncement: この、いくぶん儀式的な発言がおわるのを待って、スマイリーはやんわり反論した
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 170
one’s midriff gives way somewhat: ウェストのあたりがややたるみかけている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
be somewhat gullible: かなり人の話を真に受けやすい
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 91
sb’s voice take on a somewhat spurious hearty note: (人の)声は作りものの親しげな調子を帯びる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 21
Hell, I have a somewhat checkered past, too, y'know?: なに、こっちだって多彩な過去だよ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
I asked, somewhat humiliated: 私は恥をしのんで尋ねた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 247
go out somewhat hurriedly: そそくさと出て行く
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 104
this is a somewhat irregular thing: 筋違い
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 115
a human being with somewhat stilted way with language: 形式ばった口のきき方をする人間
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 60
somewhat lively for sb: (人には)派出過ぎるだろう
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 128
be somewhat sinister-looking: なんとなく邪悪そうだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 245
be somewhat meandering and confused: くだくだしくも混乱した内容となる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 124
be somewhat neurotic: 多少ノイローゼ気味だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 76half-heartedly
ツイート