× Q 翻訳訳語辞典
somewhat   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜なところもある
   
be somewhat indifferent to money: 金には恬淡なところもある 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 52

あまり
   
be described by sb somewhat hazily: (人の)話はあまり鮮明でない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
いくぶん
   
break the tension somewhat: いくぶん緊張を和らげる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18
いくらか
   
cast a somewhat naughty eye on sb: いくらか好色がかった視線を(人の上に)走らせる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
'No trouble,' said Radczyk, then lowered his voice somewhat: 「迷惑なもんか」そう言ってから、いくらか声をひそめて、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
いくらかでも
   
in one’s effort to make a dull if comfortable area somewhat more lively: この泰平なぶん面白くない土地に、いくらかでも活気を与えようと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 371
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 46
いささか
   
somewhat vulgar attempt at a salute: いささかだらしのない敬礼 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
somewhat puzzle at sb’s speech: (人の)雄弁にいささかまごついて E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 88
She smiled once more, somewhat fitfully this time: そう言ってまたほほえんだが、今度はいささかひきつった笑顔だった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 344
Perhaps he was somewhat offended: いささかムッとしたのかもしれない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 45
in somewhat harrowingly private sitting: いささか胸苦しくなるまでに切実な、直接身辺にふれる出来事 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 59
be somewhat startled to do: いささか呆気にとられる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 197
be somewhat jealous of sb: (人に)いささか嫉妬している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
be somewhat illusory to suppose ...: 〜と考えるのはいささか現実ばなれしている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 90
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
いつになく
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
うっすらと
   
somewhat expectantly: うっすらと期待の色 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 19
かなり
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
こころもち
   
somewhat tan: こころもち小麦色をおびる 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 105
sb’s lower lip is somewhat fuller than sb’s upper lip: 下唇がほんのこころもち上唇よりもふくれている べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 191
ずいぶん
   
a somewhat sordid place: ずいぶんにぎやかな場所 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 198
たいして
   
somewhat reluctantly: たいして気の進まぬうちに 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 21
だいぶ
   
The information was somewhat remarkable, but it had to be true: 出てくる情報はだいぶ意想外なものだったが、きっと事実だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 590
ちょっと
   
seem to have a somewhat difficult streak to one’s character: ちょっと気むずかしそうだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
ちょっぴり
   
be somewhat embarrassed with oneself for doing so: ちょっぴり気がさす行為だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
どうも
   
somewhat unsportingly: どうも潔さを欠いて ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 95
どこか
   
there is somewhat less pleasure than ...: どこか不快げな色がみられる ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 90
somewhat ostentatiously: どこかひけらかすようなところがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 371
somewhat less polished-looking: どこか洗練さを欠く印象 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
be somewhat fuzzy: どこかぼんやりしている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
どことなく
   
somewhat as if ...: どことなく〜に似ている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
a somewhat dilapidated Lincoln Continental: どことなく古ぼけたリンカーン・コンチネンタル イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 203
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 145
どちらかといえば
   
somewhat thin face: どちらかといえば肉づきが薄い べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 157
なにやら
   
seem somewhat unhappy: なにやら浮かぬ顔だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 61
be somewhat shameful: なにやら浅間しい 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 78
なんだか
   
They were courteous and I was even somewhat flattered: 三人とも丁重だったし、なんだか晴れがましい気分さえして-- ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
seem tired and somewhat lost: 疲れてなんだかぼおっとしているみたいだ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 151
be somewhat frightening: なんだか空恐ろしい コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 49
a somewhat forlorn consolation: なんだかわびしい慰め ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 443
なんとなく
   
slight, somewhat bewildered nod of sb: (人が)なんとなく当惑を隠せずかすかにうなずく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 37
look somewhat hopefully at sb: なんとなくあてにするような目で(人を)見る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
in looking somewhat harried: なんとなく苦しそうな様子で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 296
feel somewhat morose: なんとなく気が晴れない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
be somewhat distracted: なんとなく話に集中できていない感じだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 228
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 245
なんとはなしに
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 26
まさに
   
regard sb as somewhat disingenuous: (人を)まさに裏表のある人物だと考えていた ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 51
まずまず
   
pease sb somewhat: まずまず(人に)うける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
むしろ
   
be somewhat awed by sb’s manner: むしろ(人の)態度に畏縮する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81

一部は
   
be somewhat misleading: 一部はまがいものだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
幾分の
   
be somewhat alert: 幾分の警戒心は感じられる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
高度に
   
be somewhat abstract: 高度に抽象的である 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 17
若干
   
somewhat slower: 若干スピードが落ちる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
少々〜なところがある
   
Tanomogi was a somewhat ill-mannered but very efficient assistant: 頼木は、少々不作法なところがあるが、なかなか有能な助手だ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
少し
   
say somewhat softly: 少し声を落として言う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
be somewhat concerned: 少し気にかかる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 210
勢いで
   
somewhat drunkenly: 酔った勢いで デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 10
多少
   
somewhat surprise: 多少おどろく 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 68