× Q 翻訳訳語辞典
uneasy   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おちつかない気分になる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
おどおどした
   
promise with an uneasy smile: おどおどした笑顔で言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
すわりのわるい気分
   
feel uneasy: すわりのわるい気分が忍びこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
そわそわしている
   
be uneasy: そわそわしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
ぞっとする
   
be uneasy with ...: 〜を思うとぞっとする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
ぴりぴりした
   
be uneasy: ぴりぴりする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 229
むずがゆい
   
feel uneasy: むずがゆい心持ちがする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129

煙たくて仕方ない
   
feel uneasy about sth: (〜が)煙たくて仕方ない 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 70
苛立ち
   
grow increasingly uneasy: しだいに苛立ちをつのらせる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 375
気がかり
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
気まずい
   
uneasy silence: 気まずい沈黙 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 132
気味がわるい
   
make sb uneasy: なんとなく気味がわるい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
気味をわるくする
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
居心地のわるい
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 71
嫌な感じ
   
be not made uneasy by ...: 〜は(人に)嫌な感じを与えない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 305
戸惑う
   
actually felt somewhat uneasy about the fact that ...: 〜に戸惑った時期もある 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 126
荒れ模様の
   
an uneasy summer: 荒れ模様の夏 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 8
際どい
   
there is an uneasy moment, poised between the wet and the dry: 濡れるか否かの際どい一瞬 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 571
歯切れの悪い
   
sound uneasy: やや歯切れの悪い口ぶりだ リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 102
心元ない
   
sb’s words of advice make sb feel uneasy: (人には)心元なく見える助言を与える 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 188
中途半端な
   
uneasy computer jockey: 中途半端なコンピュータ技師 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 52
不安
   
make one uneasy: 不安を感ずる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 68
become uneasy: 不安に襲われる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 139
不安げな
   
bring a brief uneasy glint: つかのま不安げな輝きをもたらす ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 230
不安の色
   
look uneasy: 不安の色を見せる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 421
不安を秘めた
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
不吉な
   
the whole country already seemed to be in an uneasy mood: あのころから、国中にはなんとなく不吉な気分がみちていた 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 38
落ち着きのない気持ちでいる
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 23
乱れはある
   
be slightly uneasy: わずかな乱れはある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

uneasy sleepers: うなされていた人々
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
make sb uneasy: 当惑させる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
feel uneasy: ばつが悪い気持ちで
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 180
feel uneasy: 気になって困る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
feel uneasy: 気味がわるい
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 271
feel uneasy: 薄気味が悪い
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 14
be most uneasy: 気が気でない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 52
be acutely uneasy: ひどく気が安まらない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 196
it makes sb uneasy just to know that, without hearing anything more: それを知っていれば、どうしてその先を聞かずにいられるだろう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 49
grow more and more uneasy: 気味わるがる
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 13
get a bit uneasy: 薄気味わるくなる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 235
feel uneasy and suspicious: 無気味になる
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 12
feel uneasy about sb: (人に)気になるところがある
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 31
cannot help feeling uneasy in the presence of sb: 〜の前では緊張しないではいられない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
be uneasy with sth: すんなり〜になじめない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 349
be a little uneasy with the idea: そう言われて考えこむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 106
be a little uneasy: はらはらする
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 198
be assaulted by the uneasy feeling that ...: 〜という不安に駆られる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
give oneself up to uneasy thought over ...: 〜を落ち着かない気持ちで考え続ける
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 26
If the announcers were somewhat uneasy with television, ...: アナウンサーたちは、すんなりテレビになじめないところもあったが
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 349
in sb’s uneasy judgment: (人の)不安な目で見ると
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 164
isn’t overly uneasy: さして不安は感じない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 199
the rather uneasy conclusion: いささか不安な結論
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 414
remain uneasy: 不安を拭い去ることができない
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 81
feel strangely uneasy about sb: 得体の知れない不安をおぼえる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 253
feel vaguely uneasy: うすうす不安を感じる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 578
it makes sb uneasy just to know ..., without hearing anything more: それを知っていれば、どうしてその先を聞かずにいられるだろう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 49
ツイート