× Q 翻訳訳語辞典
blind   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
くそったれの
   
sb’s blind aunt: (人の)くそったれの叔母 ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 293
さぐる
   
blind feet seek the carpet slippers: 足でさぐりながらスリッパを探す ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 289
めくら
   
a bunch of blind men: めくらども 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 51
やけになって
   
swear blind: やけになって誓う シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 41
やみくもに
   
sb’s blind grab: (人が)やみくもに捕まえる キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 114

眼をつぶる
   
tactfully blind to all evidences of disturbance: さぼりの証拠という証拠に如才なく眼をつぶる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 19
見通しのきかない
   
blind bend: 見通しのきかないカーブ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 135
見逃している
   
The answer had been right in front of me, but I'd been blind: 答えははじめから目の前にあったにもかかわらず、私はうかつにもそれを見逃していたのだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 278
封じる
   
blind sb with mystery: (人を)謎で封じる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 486
盲目の
   
blind killing rage: 盲目の、殺意を秘めた怒り クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 224
   
traverse the Birch Path deaf and blind to its beauties: 「樺の道」の美しさが目にも耳にもふれない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 47

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I am blind: わたしの迂闊だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 309
go blind: 目が潰れる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 379
drink oneself blind: アル中になる
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 79
drink oneself blind: 正体をうしなうまで飲む
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 53
blind youth: 無知な若さ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 428
blind to ...: 〜に無知な
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 175
blind spots: ウィーク・ポイント
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 292
blind by greed: 欲に眼がくれて
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 81
be blinded: 記憶がおぼろになる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 319
be blind: 眼は、ど近眼
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
a blind spot: 死角
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 89
with intimidate blind stares: 白眼を剥く
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 40
set one off blind on a path that leads straight to sb: 〜のおかげでこんなところにやってきて、よりによって(人の)手に落ちるはめになってしまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
sb’s voice is rising and falling on blind inflections: (人の)声が高く低く騒擾を縫っている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 79
pay sth not a blind bit of notice: (物事に)まるで頓着していない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
lead sb a merry dance then rob sb blind: いろいろおいしいことを言っておいて、あげく身ぐるみ剥ぐ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 165
it’s not the way to go on at all, though they swear blind that it is: 奴らが何と言おうと、そんな人生ってあるものか
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
in a blind effort: なにがなんでも
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 77
have a blind eye turned to be forgotten ...: 黙認され、許容される
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 14
go blind or something: 目が節穴になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 31
blind love for sb: (人に)対する溺愛
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 57
be blind not to know that ...: うかつにも〜に気づかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
be almost blind to one’s surroundings: 周囲のものはろくに目に入らない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 222
avoid being blinded by the glare of ...: 〜の眩しさを避ける
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 93
I'd always thought dark glasses were a must for the blind: 私はずっと黒眼鏡は盲人になくてはならないものと考えていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 388
blunder into a blind alley: 行きどまりの裏道にうっかり入りこんでしまう
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 18
broken greasy venetian blind: ほころびて油ぼこりの積もったブラインド
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114
blind devotion: 狂信
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 14
fire blind: めくら撃ち
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
have a blind eye turned to be forgiven: 黙認され、許容される
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 14
a blind jack-of-all-trades: 盲人の便利屋
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 392
often leave us with a blind spot: 盲点を作ることがたびたびある
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 214
the blind masses: 衆愚
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 46
The German was now firing blind: 敵はもうめくら撃ちである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
on a blind donkey: 眼の見えないろばにまたがって
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 261
it seems, a regular blind jack-of-all-trades: まったくのところ、盲人の便利屋みたいだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 392
sear the eyeballs blind: 眼球を灼く
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 158
There were, Parnell soon learned, no blind spots: しかしいくらもしないうちにパーネルは、ウィリアムスにウィーク・ポイントがないことを思い知らされた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 292
swear blind ...: 〜と頑強に言い張っている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 265
ツイート