× Q 翻訳訳語辞典
sorrow   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うれい
   
a tinge of sorrow: うれいの色 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 114
かなしみ
   
the sorrow that clings to life: 生きているかぎり続くそのかなしみ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 117
push back the rage and sorrow and grief for ...: 〜のくやしと悲しみを忘れさせてくれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 96
さびしく
   
sb’s experience of sorrow and loneliness: 一人でさびしく生きてきた(人の)身の上 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32

苦しい
   
feel even greater sorrow: なお苦しくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
愁い
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 397
情合
   
in gentle sorrow: 情合で 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
悲しさ
   
sb’s heart finds relief in sorrow: (人の)心に一滴の潤いを与えてくれるのは悲しさだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
note with both satisfaction and sorrow: うれしさと悲しさこもごもに言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
悲しみ
   
deep sorrow and a difficult courage are fighting for possession of sb: 深い悲しみとなけなしの勇気が(人の)中でせめぎあっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 150
begin to feel a strange kind of sorrow: 変に悲しくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
悲哀の感情
   
feel an indescribable sorrow that ...: 〜を、一種言いようのない悲哀の感情で思い浮かべて居る 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 47
悲劇
   
a premonition of sorrow: 悲劇の予感 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 138
不幸
   
though one’s reasons for sorrow or joy rarely seem convincing to the observer: 不幸につけ幸福につけ、傍から見ればいつも理由の薄弱なこの人の 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
淋しい
   
sorrowing father: 淋しそうな父 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sorrowing families: 悲嘆にくれる家族
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 236
wear a touch of sorrow: うれいをおびる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 189
the more I think of it, The bitterer my sorrow: 考えれば考えるほど痛恨にたえないことだ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 189
make a good show of great sorrow: 大仰に愁嘆場を演じる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 40
in tones of amused sorrow: 淋しそうに笑いながら
Abruptly, a look brimming with sorrow spread across her face: 突然、悲哀にみちた表情が夫人の顔に拡がった
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 257
the ache of loss and sorrow: 喪失感と悲しみ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
bound from joy to sorrow at sb’s responses: 一喜一憂する
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 109
a look brimming with sorrow: 悲哀に満ちた表情
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 257
suppress the sorrow that wants to burst out into a scream: 声になりそうな悲しみを我慢する
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 29
share their exclusive sorrow: それぞれの悲しみを分かち合う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 112
be suddenly filled with sorrow: 急に悲しさがこみ上げて来る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
hem in by some great sorrow: 大きな悲しみに鎖される
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 62
give sb a look indicative of sorrow that ...: 〜を嘆く表情をする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 116
might have meant joy or sorrow: 不幸なのか幸福なのかわからない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 103
look of profound sorrow on one’s face: 心の底から悲しんでいる顔つき
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 11
push back the rage and sorrow and grief for ...: 〜のくやしさと悲しみを忘れさせてくれる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 96
sorrow returns to sb: 悲しみが再び今(人の)心に蘇って居る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
be sick with sorrow: 悲しみに打ちのめされる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 191
sorrow touches sb’s life: (人に)悲しみがおとずれる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 412
the vague sorrow: とりとめのない悲しさ
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 51
Tweet