× Q 翻訳訳語辞典
lips   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
one’s lips are fluent: 口はなめらかに動く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 114
   
button up one’s lips: 唇を固く閉じる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

catch sb’s attention and hold a finger to one’s lips: 指を唇にあてて(人に)静かにするんですよと合図する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 330
the lips parted as though in anticipation: 小さく「あ」と言っているような唇
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
silently apply the tube to one’s lips fold one’s arms, and puff away: ものも言わずにパイプをくわえたまま腕を組み、ぷかぷかふかし出す
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 42
a smile as thin as a new crescent moon curves one’s lips: 三日月の形をしたうすら笑いが、そのくちびるをめくれあがらせている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 245
the fat lips that one had been born with: 持って生れた大きめの唇
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 122
I have begun the question on my lips: でも、もう半分口にしてしまったわけですから、申上げてしまいますけど
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 270
can not help one’s lips curling up into a smile as one begin: 話すよりさきに口もとがほころびてきちゃってね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 136
sb’s big lips roll back: (人が)厚い唇をめくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 195
great big lips: あんなにぼてっとした唇をして
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 223
bite one’s lips: 唇をかみしめる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 168
bite down on one’s lips: くちびるを噛みしめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
a bitter laugh of mockery breaks from the lips of younger man: 年若い男の脣から痛烈な嘲笑がほとばしりでる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 222
a cry of pain breaks from one’s lips: 苦悩の叫びが(人の)脣から洩れる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 146
counter, bringing one’s fingers to one’s lips to quiet sb: 唇に手をあててしっと制しながら言い返す
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 74
carefully bring the glass to one’s lips: おもむろにコップを唇にあてる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 273
bring the cup of coffee to one’s lips: コーヒーを口に運ぶ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 305
sb’s broad lips parted slowly: 厚い唇をゆっくりとはがす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 142
put ... with some ceremony to one’s lips: ちょっと気取って唇にあてる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 42
chaste lips: つつましい唇
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 98
kiss sb rapturously but chastely on the lips: (人の)唇にいかにもうれしそうに、だが節度のあるキスをする
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 95
clammy lips: 酷薄な性格をうかがわせる唇
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114
clasp one’s hands to one’s lips: はっと手で口をおおう
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 345
cliche comes ready to sb’s lips: 陳腐なたとえが(人の)口にのぼる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 26
speak haltingly through nearly closed lips: ほとんど口を開かずにとつとつと語る
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 60
words of consolation come to sb’s lips: 慰謝の言葉を口に出す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 80
compress one’s lips: 口元をひきしめる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 17
sb’s lips part in a crafty smile: (人の)口もとがゆがんで、小賢しげな微笑になる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 225
one’s lips pull back from one’s crooked teeth: めくれあがったくちびるからは乱杭歯がぬっとのぞいている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
curl one’s lips: 唇をそらす
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 44
smile curls one’s lips: 笑いを頬にうかべる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 109
sb’s lips are curled seductively: めくれたようにひらいた唇がなまめかしい
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 129
can not help one’s lips curling up into a smile as one begin: いまにも口もとがゆるんでくすくす笑い出しそうになるのをこらえて、いった
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 145
smile, one’s lips forming easy, relaxed upward curve: ほほえむと、唇の両端が軽くあがって気のおけない感じになる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 81
sb’s lips curve in an unpleasant simile: (人の)唇に不気味な薄笑いが浮かぶ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 128
dance on one’s lips: 唇に浮かんでは消える
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 82
a cigarette butt dangling from one’s lips: 唇に煙草をだらしなくくわえている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114
the whistle die on one’s lips: 口笛がぴたりとやむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 305
the orange lips disappearing one inside the other: オレンジ色の唇が尖る
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 36
the lips drawn back from the teeth: 唇の間から白い歯がぐっとむきだし
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 341
sb’s lips are drawn as if framing a difficult question: (人の)唇はあたかも何か難しい質問をするかのように開きかける
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 83
sb’s lips draw back and back: (人の)くちびるがきりきりとひきしまる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 35
one’s lips draw back in a grimace: 顔をゆがめて歯をくいしばる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
sb’s lips dry: 口がからからになり
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 200
with eager eyes and parted lips: 目をかがやかせ、口をわずかにほころばせたまま
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 179
The words now came easily to his lips: と勲は澱みなく口上を述べることができた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 193
one’s lips exquisite: 何という形のいい唇
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 43
Her nose was perfect; her lips exquisite: 何という形のいい鼻、何という形のいい唇、
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 43
flow from sb’s lips: (人の)口から迸る
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 73
bring a fond smile to sb’s lips: (人の)口辺にたのしげな笑みがうかぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 178
one’s lips begin to form some word: かすかに唇が動いたかと思うと、何かものを言うつもりらしい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 78
as with startled eyes and lips parted in frightened pleasure: 驚きに眼を見はり、どきどきするような楽しさから、脣をかすかに開けたまま
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 58
with a thin smile frozen on their lips: 薄ら笑いをじっとりうかべたまま
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 6
have full lips: 口が大きい
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 64
one’s full lips are on sb’s: (人の)くちびるが(人の)くちびるにかさねられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
gargle through vomit-spewing lips: こみあげるゲロのせいで声がガラガラになっている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 193
gently closed lips: かるくとじた唇
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 107
Isao gently touched his lips to the petals: 勲はそっとその花弁に唇を触れた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 247
go about with ... on one’s lips: 〜なんて寝言を並べる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 13
kiss sb a good one right on the lips: (人の)唇にきちんとキスをする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
He grinned again, his big lips rolling back: 彼は厚い唇をめくるようにして、またにたっと笑った
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 195
lips in a huge unhealthy grin: くちびるが大きく裂けて不気味な笑いをたたえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
whisper into one’ ear by those grinning lips: そのにやり笑いをたたえている脣が(人の)耳に囁く
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 229
sb’s lips moved gropingly: もどかしげに唇を動かす
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 98
one’s lips are half parted: うっすらと口を開けている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 351
And I love that car more'n I love hips, lips and fingertips: おれはこの車を、自分の尻よりも口よりも小指よりも愛してる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241
Her lips however, were smiling slightly: それでも口元だけには微笑が見えた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 32
try to smile but anxiety seizes one’s lips and keep them resolutely straight: ほほえもうとするが、不安に唇がこわばってできない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 90
keep one’s lips zipped: 貝のようにおとなしくしてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
plant the kiss on sb’s lips: (人の)唇にキスする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 258
moisten one’s lips for the kiss-off: 結びの文句のために唇を湿す
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 36
one’s lips slowly pull back from one’s large, uneven teeth: ゆっくりとめくれあがったくちびるのあいだから、ふぞろいな大粒の歯がのぞいている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
He laughed and slipped a sunflower seed between his lips: 笑い声を立てたスタットルマイヤーが、くちびるの間にひまわりの種をするりと滑り込ませる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 227
Tweet