× Q 翻訳訳語辞典
embrace   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
からみ合う
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
しっかり抱く
   
embrace sb: (人を)しっかり抱く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 15
ひしと抱きあう
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
まつわりついている
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
まといつく
   
embrace sb: まといつく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 23

胸にすがる
   
She sobbed and embraced him again: 彼女は再び嗚咽とともに父の胸にすがった セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 232
can not bring oneself to embrace sb: (人の)胸にすがる気になれない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 342
支配
   
whatever one’s private reservations about sb’s widening embrace: (人の)支配圏拡張にひそかに危惧を寄せつつも ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 90
受け入れる
   
peaceably embrace ...: 〜を甘んじて受け入れる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 125
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 39
抱える
   
hold sb’s head almost in embrace: (人の)頭を抱えるようする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 257
抱きしめる
   
care for her much too much not to embrace her: 彼女が愛しくて、抱きしめずにはいられない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
抱き合う
   
in a relaxed embrace: 抱き合って、たがいをいたわりあっている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 136
抱き方
   
one’s tight, furious embrace: (人の)堅固でしゃにむにの抱き方 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 77
抱く
   
get sb into a little embrace: (人を)軽く抱く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 178
抱擁
   
sheer blessing of another human being’s embrace: 天啓ともいうべき異性の抱擁のありがたさ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

rough embraces: 手荒いしぐさ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
suddenly the old grief rises up and folds sb in its gray embrace: 心の底に長く眠っていた悲痛な思いが、おぼろげな形をとって(人を)つつみこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
pummel and embrace sb: 拳固と抱擁で出迎える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 366
move together and embrace: 身を寄せ合う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 76
be embraced endearingly in sb’s great affection: (人の)大きい愛情に絶えず揺られ、労られる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 53
domestic and anecdotal embrace: 下世話な裏話
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 171
one’s tight, furious embrace: 堅固でしゃにむにの抱き方
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 77
he had replied as she happily conceded, in the doorway, to their one embrace: ドア口で、彼女がただいちどの抱擁にいそいそと身をゆだねると、彼はこたえていった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 102
scheming embrace: 下心ある抱擁
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 515
ツイート