× Q 翻訳訳語辞典
song   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
my favorite song: 私の一等好きな唄 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
I think it’s a wonderful song: いい唄だわ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
   
sing silly songs in one’s awful voice the whole way: 道中いつものひどい声で、いつもの馬鹿げた歌を延々と歌い続ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
sailor song: マドロスの歌 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 19
put together a song and dance act: 歌とダンスを演し物にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
   
the song about ... which have been popular: 〜のことをうたったヒット曲 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
   
sit and listen to the piercing song of the cicadas: 煮え付くような蝉の声の中に凝と座る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s signature songs: (人の)テーマソング
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 436
join one’s leader in uplifted song: リーダーの合図で一斉に歌いだす
for the merest song: 嘘みたいに安く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 204
don’t give me a song and dance: 言いわけはやめてよ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
buy for a song: ただ同然に買う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 59
I might have belched or sung a song: それがなければ大きなゲップをするか、歌を歌っていたかもしれない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
some dopey song: アホみたいな歌
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 219
endless ring-a-rosy of a childhood song: 童歌はなおも耳の奥に際限もなく谺を重ねている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 91
go through one’s song-and-dance in response to ...: 〜に従って、ドタバタ芝居を演じる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 90
greet the day in song: 目を覚まして朝一番に(人が)歌を歌う
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 36
could really mess a song up: 全く歌もメチャメチャ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 45
the words of the old song: あのおなじみの歌の文句
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 64
their private theme song: 二人のひそかなテーマソング
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 23
be repeating to oneself, as one run, the words of the old song: 走りながら、古い歌の文句を心のなかで唱えている
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 135
be repeating to oneself, as one run, the words of the old song: 道々、あの古い歌の文句をつぶやいている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 130
our song is a sad, solemn one: あの荘重な悲愴な曲
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 29
one was able to pick up second-hand pianos, harmoniums, and safes for the merest song: 出物のピアノやオルガンや金庫などが、嘘みたいに安く買えるようになってからのことだろう
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 204
Unselfconsciously, the nurse began to sing both parts of the song: そう言うと彼女は、両方のパートをさりげなく口ずさんだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 264
sing the theme song from some foreign movie: 外国映画の主題歌らしい曲を口ずさむ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
all drawn together singing a liberty song: いっしょに集まって自由の歌を合唱している
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 121
slow Saturday sing-song: のどかで単調な土曜のおしゃべり
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 189
be so absorbed in the song that ...: 〜ほど熱中している
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 224
Rather wistfully she once sang the Duke song for me:: むしろ懐かしささえただよわせて、彼女はデュークの校歌をうたってくれたことがあった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 139
a song of yearning: 故郷の家をおもう歌
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 7executioner