× Q 翻訳訳語辞典
moved  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be almost moved to tears: 真実涙ぐみそうになっている
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 8
We looked at each other and neither of us moved: 私たちは顔を見あわせた。だが、どちらも動かなかった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 179
be astonished and moved: 何ともいえない異様な感動をうける
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 33
Few men of his background could have moved with such alacrity: 殿様育ちの身でこれだけの作業ができる者はまずまれであろう
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 154
A wisp of hair moved in the faint motion of her breathing: 寝息を立てるたび、髪がひとかたまり、かすかに動いた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
The tips of the two staves moved cautiously together: 2本の竹刀の剣尖先は、 ... 神経質に嗅ぎ合っていた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 33
Iinuma's complaint always moved toward this same conclusion: と飯沼の繰り言はいつも同じところへ辿りついた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 184
listen as if deeply moved: 感にたえたように聞いている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 153
be deeply moved: つよい衝撃をうけている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 152
be moved by the desire to gain victory: 勝利を得たいという動機に発する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 159
be moved by the earnest desire to ...: 〜を心から希願する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 345
His eyes moved between them, appraising their dishevelment: その目は、コリンたちのくたびれた顔を値踏みするように、二人を交互に見つめた
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 60
Alan's hands moved with a dextrous, eerie ease: アランの両手は器用に動く。その動きはふしぎなほどなめらかだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
Their nimble hands moved expertly at the task: その素速い手つきは熟練のほどを示していた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 81
be moved so far as to do: あげくのはてに〜する
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 124
when sb and I first moved in together: (人と)暮らしはじめた頃
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 105
be moved forward to ...: 〜に変更する
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 46
sb’s lips moved gropingly: もどかしげに唇を動かす
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 98
have been half moved to do ...: 心は大分動いていた
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 111
The sight of dear, honest Helen so humiliated moved him terribly: 正直な愛すべきヘレンが屈辱にさいなまれている姿に、スターンはひどく胸を打たれ、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
sth should have been moved intact to ...: このまま〜に移されるべきしろもの
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
be moved to involuntary pity by sth: 〜についふびんの念を覚える
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 17
It was a small act, but Chieko was moved by her mother's kindness: なんでもないようなことなのだが、千重子は母の心づくしを感じた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 127
be moved by the least show of affection: ひどく些細な愛情に感動する
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 38
We moved him to London with a couple of his lieutenants: われわれは彼を腹心二、三名とともにロンドンへ移した
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 80
We saw it one afternoon and had mentally moved in by dinner: 私たちがその家を見つけたのはある日の午後のことだったが、夕食の頃には早くも気持ちが先に引っ越しを済ませてしまっていた
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 7
be moved by sb’s tone: 声の調子に心うごかされる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
have not moved: 相変わらず身じろぎもしない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
This time Lucien moved: 今度はルーシャンが身動きした
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
a silent reminder of the time when the world has not yet moved on: 滅び去る以前の世界の名残を今に伝える無言の形見である
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 106
visibly moved: 感激の面持で
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 216
no one moved: みな微動もしない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 231
feel deeply moved by the sufferings of the dead: ふかい追悼の気持にたえない
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 107
feel deeply moved: 烈しく心をゆさぶられる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 139
be tremendously moved: すごくうれしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
be not moved by this suggestion: そんな話はまったく取り合わない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 327
be moved to tears: 目頭があつくなる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 157
be moved by sth: 〜に心を打たれる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
be moved by sth: (〜に)かられて
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 171
be moved by some such feelings: こんな妙な気分にもなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
be moved by sb’s pleading: (人の)熱意にまける
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 18
be moved by religion: 宗教にのめりこむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 404
be moved by ...: 〜に感ずるところがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 454
be moved by ...: 〜に打たれる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
be easily moved: 情に脆い
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 383
be deeply moved by ...: 〜に圧倒される
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 84
be deeply moved by ...: 胸を衝かれる
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 272
"Okay," Keeton said, and moved to rise: 「ああ」キートンはうなずいて席を立とうとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
He felt suddenly deeply moved: 彼はいきなり烈しく心をゆさぶられた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 139
be suddenly moved forward to ...: 急に〜に変更する
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 46
The technician moved aside, and Cynthia sat at the table: 技官はわきへどいて、シンシアがテーブルの前に座った
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
ツイート