× Q 翻訳訳語辞典
entirely   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あげて
   
one’s concentration is entirely upon ...: (人の)集中力はあげて〜に注がれている フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 99
あっさり
   
ignore sb entirely: あっさり(人を)無視する ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 343
ignore entirely: あっさり無視する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
あまり
   
be entirely out of keeping with the interior scheme: 部屋の雰囲気にはあまりあっていない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 38
あんまり
   
clutter up one’s room entirely too much with out-of-doors stuff: 自分の部屋にあんまりいろんなものを持ちこんでちらかしすぎる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 175
いちがいに
   
don’t entirely disapprove of sb’s appetite for good living: (人の)高級志向をいちがいに責めるわけにはいかない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 46
およそ
   
be entirely different: およそ意味が違う リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 248
けろりと
   
forget sb entirely: けろりと忘れている 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 216
ことごとく
   
Sparkling snow had melted away entirely: きらめく白雪はことごとく融け、 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 360
すべて
   
decide arbitrarily that sb is entirely to blame: 八つ当たりをして、すべて(人が)悪いのだと決めてしまう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 62
すべてをあげて
   
devote oneself entirely to music: すべてをあげて音楽にうちこむ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 198
ずくめの
   
be dressed entirely in red: 赤ずくめの服装 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 189
そう
   
something base and gross and not entirely pleasant or healthy: 低劣で、野暮で、健全でもなければ、そう楽しいことでもない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 76
そのもの
   
be entirely straightforward: 定石そのものである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 480
be entirely serious: 生真面目そのものの表情だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 170
そんなに
   
can not be entirely free about money: お金などそんなに自由になるわけはない 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 74
だけ
   
move entirely from the knees: ひざから下だけで歩いている ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 28
どこから見ても
   
be an entirely English child: 少年はどこから見てもイギリス人だ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 253
どこもかも
   
entirely beautiful: どこもかも美しい ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 205
なにもかも
   
He wished to be entirely private: なにもかもひとりでやりたがった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 179
ばかり
   
think that one is not entirely to blame: 満更(人)ばかり責める気になれない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 100
ひとえに
   
it is due entirely to sb that ...: 〜はひとえに(人の)努力のたまものだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 135
He brought it on himself entirely: ひとえに本人がまいた種だよ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
be owed entirely to ...: それはひとえに〜からなのだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 255
ぴたりと
   
choke off entirely: ぴたりとやむ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 425
まことに
   
entirely logical: まことに理屈にかなった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 15
まさしく
   
be written entirely for sb’s amusement: まさしく(人を)喜ばせるために書かれたものだ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 126
まったく
   
with an entirely unpredictable force: まったく予想もしない激しさで トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 288
fail entirely to get over to sb: 〜にまったく理解されない 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 168
be entirely private: まったく非公開にする ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 92
A new print entirely and going for all he's worth: これまでとまったくちがった足跡で、けんめいに走っています ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 127
まともに
   
become entirely visible: まともに見える 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 192
まるっきり
   
entirely different from ...: 〜とはまるっきり違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 26
まるで
   
an entirely different man inside the shell: 人物の外殻とまるで異なる中身 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 150
an entirely different kettle of fish: 役者がまるでちがっている 阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 88
まんざら
   
not entirely futile: まんざらむだ足でもない 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 88
みんながみんな
   
I don't think the rebels are entirely Marxists,: 反乱分子はみんながみんなマルクス主義者じゃないと思いますよ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 189

一挙に
   
entirely deteriorate: 一挙にあらぬ方角に脱線する アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 264
一切を
   
forgive sb entirely: (人の)一切を許す ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 312
一途に
   
place one’s trust entirely in ...: 〜を素直に一途に信じる 有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 20
果して
   
be not proved entirely wrong: 果して誤らなかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
完全に
   
be entirely transformed into ...: 完全に模様替えが終わり、〜と化している タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 62
充分
   
be entirely possible: 充分あり得る話だ メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 237
十分
   
it is entirely possible that ...: 〜が十分考えられる 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 259
純粋に
   
But his needs were more basic, and entirely his own: しかし、彼の欲求はもっと本質的なもの、そして純粋に彼自身だけのものだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 274
心から
   
believe entirely in ...: 〜を心から信じる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 112
跡形もなく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
全部は
   
do not escape sth entirely: 全部はよけきれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
単独で
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 33
文字どおり
   
entirely devoted to a single specialty: 文字どおり専門店である メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 261
片端から
   
entirely forget the details: 内容を片端から忘れてしまう 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 228
本当に
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 35

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

vanish almost entirely: あらかた消えてしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 67
not entirely serious: これはさすがに真顔ばかりでもなしに
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 16
isn’t entirely surprised: さほどおどろかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
ignore sb entirely: (人を)黙殺する
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 69
ignore ... entirely: 〜にかまわない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 340
entirely fictitious list: 大嘘のリスト
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 358
entirely by chance: ふとした拍子に
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 72
entirely antiseptic: 冷徹無比
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 242
be entirely purposeless: 徒労ではない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
be entirely lost: 絶体絶命の人間
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 123
be entirely correct: 一つも間違ってはいない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 133
you may entirely rely on me: 安心してまかせてくれたまえ
you may entirely rely on me: 安心してまかせてもらいたい
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 34
won’t be shamed entirely with sb: (人の)前で恥をかきたくない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 222
will be disgraced entirely: 面目が丸つぶれになる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 212
when ... it’s entirely by accident: 〜するのは、うっかり手違いした時だけだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 29
what sb say is not entirely nonsense: (人の)言葉には、否定し切れないものがある
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 156
the remark is entirely uncalculated: 口から出まかせ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 80
the family will be disgraced entirely: うちはもう世間に顔向けできない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 386
that’s another matter entirely: それはまた別問題だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
seem so entirely alone: 言いようもなく孤独に見える
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 276
sb’s shoes are ready to fall off sb’s feet entirely: 靴なんかいつ分解して、足から消えてなくなるかわからない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 473
said one, not entirely to oneself: 〜とつぶやいた。それは必ずしも独り言ではなかった
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 177
not entirely clear what one feel ... about: 何が〜なのか自分でもよくわからないままに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
not entirely certain of ...: 〜をそれほど当てにできずにいる
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 86
leave sb entirely to sbself: (人に)まかせっぱなしだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 202
it is entirely for your own sake that I am speaking: ぼくの話だって、きみを思えばこそなのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 217
have not entirely gone: 一部には残っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
entirely attributable to ... altogether: ひとえに〜による
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 21
do not understand about entirely: 理解のおよばない
do not seem entirely out of the question: 〜といわれてもおかしくないような気がする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
depend entirely on ...: 決め手は〜
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 219
chase sb out of ... entirely: (人を)〜から追い払ってしまう
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
be not entirely worthless: まんざらすてたものではない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 207
be not entirely sold on the lover theory: 愛人説には半信半疑だ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 79
be not entirely beyond reproach: どうしても罪がないとは言われない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
be entirely without guile: およそ悪意というものを持たず
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 45
be entirely up to sb: (人の)気分しだいのことだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 238
be entirely taken up with ...: 〜に心を奪われている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 36
be entirely satisfied with ...: 〜に気が済む
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 179
be entirely out of place in that magazine: 凡そこの雑誌には不似合いのものである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 9
be entirely different from ...: 〜とちがう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 47
be entirely appropriate for sb to do: (人が)〜してもおかしくない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 50
be entirely and utterly monogamous: 一夫一婦主義をかたくなに守り通している
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 89
be entirely absorbed in one’s own thought: 思索に心をうばわれている
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 22
be almost entirely lacking in any real desires or ambitions: なまなましい欲望とか覇気とかがほとんど見られない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 455
assure sb that the pleasure is entirely one’s: 願ってもないことだと請け合う
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 35
a place entirely dedicated to wine: まさにワイン一色の町
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 216
refuse categorically, absolutely, in toto and entirely: あたまっから、徹頭徹尾、まるっきり、完全に拒否する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 112
That antipathy was about to disappear entirely: たがいのへだては、もはや完全になくなろうとしていた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 89
one’s English threaten to desert one entirely: その英語はすっかり怪しくなる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 149
Smiley said, ignoring this display entirely: 相手のしぐさにかまわずスマイリーはいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 340
be driven out of business entirely: 市場から消え去る
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
be content to entrust sth entirely to ...: 〜を〜のなすがままに任せる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 147
Indeed, could anyone be more entirely lost than I?: まったくのところ、あの時のぼくほど、絶体絶命の人間は、またとあったろうか
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 123
may be entirely merited: 至当なのかもしれない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 102
a new print entirely: これまでとまったくちがった足跡
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 127
Or a computer file can be entirely private: さらには、ある種のファイルをまったく非公開にすることもできる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 92
say entirely reasonably: まったく感情をまじえずにいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 325
remove oneself entirely from sb’s case: (人の)治療からすっかり手を引く
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 289
a future representing something entirely new: 何かまったく新しいものを体現する未来
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 36
do not seem entirely satisfied: よく呑み込めないらしい
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 54
be entirely under sb’s spell: 完全に(人に)のまれてしまう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 290
one’s tastes strike sb as entirely too trendy: (人は)(人の)浮ついた当世風の趣味にはまったく感心しない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 257
is not entirely surprised: さほどおどろかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
ツイート