× Q 翻訳訳語辞典
one   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あて
   
there is no one to do: 〜するあてがない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 203
ある
   
one glorious night: ある夢のような晩 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 96
いずれかの
   
at one of the table: いずれかのテーブルに メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 149
いったい
   
ordinance of the Republic One and Indivisible of Liberty, Equality, Fraternity or Death: 自由、平等、友愛、しからずんば死という、一体不可分の共和国の法令 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 190
えらく
   
be one mean SOB: えらく陰険なやろうだ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
ことば
   
get the one that has struck home: 急所をゆいたことばに思いあたる キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 133
この種の病人
   
sb’s handwriting shows none of the hesitancy which one might expect: この種の病人に見るふるえが少しも筆の運を乱していない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
これっきり
   
that’s one wish that came true: 願いごとがかなったなんてあとにも先にもこれっきりだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 56
さる
   
one of Cavaillon’s busiest cafes: カヴァイヨンでも指折りのさるカフェ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 168
たぐい
   
one of those creatures that ...: 〜のたぐいの女 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
たった一つの
   
taking from sb sb’s one privacy, the night: (人から)たった一つの秘密の慰めである夜をうばってしまう ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 105
たった一度の
   
judge sb by one letter: たった一度の手紙できめつける レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 10
たとえひとつでも
   
give one honest answer: たとえひとつでも正直な答えがいえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
だれやら
   
from this place far away one comes walking towards sb: はるかかなたから、だれやら、こちらへ向かって歩いてくる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 37
ところ
   
a tough one: むずかしいところ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
どちらか
   
one of us: 我々のどちらか カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 47
one of us: 私たちのどちらかが カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 352
one of the boys: 息子たちのどちらか ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 191
calling forth one of two basic emotions: 基本的なふたつの感情のどちらかを誘発する フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 14
どっちか
   
one of us: どっちか 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
どれか
   
one of ...: 〜のどれか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 296
なかにひとり
   
one ... in particular: なかにひとり、変わった〜がいてさ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
なんぴと
   
The chief among these is that one must not arrive first: ルールの第一条は、なんぴとも最初の客になってはならないという項目である スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
ひとつ
   
examine sth one at a time: 〜をひとつずつ検討する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 75
be apparently one of those ...: どうやらこれもそのひとつらしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
... and ... become a part of each other so that they are one: 〜と〜とがぴたりと一つになる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
ひとつには
   
this is one reason why ...: 〜には、ひとつにはそれがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
ひとつの
   
did do one thing: 少なくともひとつの結果を生んだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
ひとり
   
sb be the only one left from those days: 当時の生き残りは(人)ひとり タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
one of them: なかにひとりぐらい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 382
have gone off one by one to college: ひとりまたひとりと大学へ巣立っていった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
be the one with something to lose: 損をするのは(人)ひとりだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 243
ほう
   
be one of ...: (人は)〜のほうだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 263
みな
   
no one wishes to contemplate: みなが早く忘れたがっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 354
もう一度
   
turn for one last look: 去り際にもう一度ふりかえってみる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
もの
   
even the healthy ones do: どんなに達者なものでも〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
やつ
   
formidable one: したたかなやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511

   
one day: 或時 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
   
play one on one: 一対一の勝負 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
only one step away from giving utterance to those other words: ...: そう言うことは、もう一歩のところで危うくも〜と言ってしまうのと同じこと 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
一か所の
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 85
一回
   
one for both of them: 一回でふたり分 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 155
一件
   
one thing at a time: 用事は一度に一件ずつ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 232
一人
   
the only one left: 最後の一人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 486
一人きりの
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 148
一張羅の
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 233
一度
   
one seizure means sb is ready for another.: 一度発作が起こったとすれば、もう一度起こったとしても不思議はない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
一本
   
it is one of sb’s better movies: (人の)映画のなかでも、よくできてる一本 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
every one of them: 一本残らず デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
一本の
   
after only one movie: たった一本の映画に出ただけで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 219
一枚
   
remove one of one’s business cards: 名刺を一枚抜きとる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
一面
   
one of the walls: 壁の一面 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
   
there seems to be no one near us: その近所に私ら二人より外にない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
指折りの
   
one of the foremost pitchers: 指折りの好投手 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 122
持ち主
   
a straightforward one: まっすぐな心の持ち主 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
手合い
   
the ones with medium-expensive cars: 中程度の乗用車に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 168
女性
   
But Fiona was not one to adhere to complicated views of human intention: だが、フィオナは人間の意図の複雑さをじっくり考えるような女性ではない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
人間
   
the ordinary can give one the greatest happiness: 平凡であることが人間にとって一番、幸福なのだ 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 21
no one up here has to hear any more: うちの人間の耳に入れてはいかん トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 197
a rare one: 貴重な人間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
   
ones in the trap: 袋の鼠 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 509
相手
   
sth tell people that sb is not one to be trifled with: 〜は、気安くは冷やかしにくい相手であることを教える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 370
be no one sb knows: (人)としては会ったこともない相手だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
息がかかってた男
   
one of yours: おまえの息がかかってた男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 454
他人
   
One could seldom be certain how Dixon truly felt: ディクソンが実際はどう感じているのか、他人にはめったにわからない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 40
誰か
   
one of the Mets people: メッツの誰か プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 24
   
be a proud and ambitious one: プライドの高い野心的な男だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 38
張本人
   
the first one to do: まっ先に〜する張本人 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 27
be the one to do: 〜した張本人である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 275
   
the ones who need to be told: 人に指図されねばならん奴 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
the ones who figure it out all by themselves: 自分の頭で考える奴 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
筆頭
   
one thing that sb doesn’t wish for is ...: (人の)欲しくないものの筆頭は〜だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 22
   
a cheap one made in Japan: 和製の下等な品 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 95
   
one knee: 片ひざ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
go down on one knee: 片ひざつく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 47
片方
   
one of the players: 対局者の片方 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
片方の
   
be loosely slung over one shoulder: 片方の肩に無造作にひっかけている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
本人
   
I’m one that has spoken to a King: これが王さまにじきじきに口をきいた本人だ、このわしが ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 115
唯一
   
one consolation: 唯一気慰め ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 191
one and only: 唯一無二の トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
唯一最大の
   
his one ambition in life: 彼の人生唯一最大の望み ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
ツイート