× Q 翻訳訳語辞典
breath   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
そよ
   
there is not a breath of wind: 風はそよともない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 335
ため息
   
let one’s breath out audibly: ふうっとため息をつく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 301

呼吸
   
catch one’s breath: 呼吸を整える タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 136
breathe easily: 呼吸はすがすがしい べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 108
   
in the same breath: その同じ口から サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 15
   
with booze on one’s breath: 酒臭い息をしたまま ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
with bated breath: 息をつめて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
when sb pause to take breath: (人が)息を継いでいるすきに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 21
wait with bated breath for sight of the catch: 獲物をひと目みようと息を殺して待ちうける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
take deep breath: 大きく息を吸いこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
take a long breath: 深々と息を吸う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
take a furious breath: 激しく抗議しようとして息を大きく吸い込む デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 333
take a deep, happy breath: 気分よく大きく息を吸う デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 482
take a deep breath: 肩で大きく息をする 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 97
take a deep breath: 大きな息をする 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 170
take a breath or two: ハアっと息をつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
take a breath: 息をつく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 268
stop for a moment in order to regain one’s breath: 言葉を切って、息を整える グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 15
sb’s last breath: 末期の息 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
sb’s breath puffs through sb’s throat: 息が喉を抜ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
sb’s breath exhales gently through the teeth: 歯のすきまから息が安らかに抜け出る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
say something that take away sb’s breath: (人の)息のとまるようなことを言う 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
rising pace of one’s breath: (人の)速まる息づかい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 172
puff clouds of frosted breath into ...: 〜に凍った白い息を吹きつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
out of breath: 息をぜいぜいと切らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
one’s breath catches in one’s throat: (人は)息を呑む スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
on sb’s breath: 吐く息に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 112
like a breath cut off: まるで息が途絶えたように プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
let out one’s breath in a long sigh: 長いためいきとともに、(人は)大きく息を吐く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
lean back to take a breath: 背もたれに倚りかかって息をつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
it quite seems to take one’s breath away: ほんとに息が止まるかと思うほどだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 34
in one breath: 一息でつづけざまに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
hold one’s breath over sth’s beauty: (人は)〜の美しさに息を呑む 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 50
hold one’s breath: 「あ」と息をのむ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
hold one’s breath: じっと息をひそめる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 403
hold one’s breath: 息をころす イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 320
hold one’s breath: 息をつめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
hold one’s breath: 息をとめる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
hold one’s breath: 息を殺す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
get breath: 息をつく サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 308
feel like holding one’s breath: 息がつまる思いだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
exhalation of breath: 吐く息 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
emit a heavy breath: 重い息を吐く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
draw some breath: ぐっと息をつめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
draw in breath over one’s teeth in a harsh, whistling gasp: 耳ざわりな口笛のような音をたてて歯のあいだから大きく息を吸いこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
draw breath between one’s words: 息さえ言葉のひまひまに吸う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
draw breath: 大きく息を吸う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 367
draw a breath: ふうっと息を吸う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
develop a wheezy little breath that punctuates every word: 一語ごとにゼイゼイと息をつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
catch one’s breath sharply: ハッと息を呑む ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 300
catch one’s breath: 息を整える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 302
catch one’s breath: 息を呑む スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
be so short of breath one could faint: 息がきれて失神せんばかりになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
be out of breath: 息を切らしている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 39
be heaving slightly as if one were out of breath: 荒い息のなかでこきざみにふるえている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
be all out of breath: すっかり息切らす サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 262
息つぎ
   
a momentary breath pause: ごく一瞬の息つぎの間 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408
息づかい
   
a heavy breath: 重苦しい息づかい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 328
息をする
   
breath through one’s nose: 鼻で息をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 224
breath heavily: 大きい息をしている 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 82
息吹
   
breath of early summer: 初夏の息吹 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 29
吐く息
   
My breath was fogging the windows and I turned the engine over for heat: 吐く息で車の窓が曇ってきたので、わたしは暖房のためにエンジンをかけた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
吐息
   
let out a long-drawn breath: 長い吐息をひとつつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
Kent nodded and let out a long breath: ケントはうなずいて長い吐息をついた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 31
hot breath: 熱い吐息 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114
溜息
   
can hear the breath go out of sb: (人の)溜息が聞こえる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 33

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

under one’s breath: こっそり
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 291
under one’s breath: 声を潜めて
taking long breath: 大きな呼吸を一つフーッと吹いて
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 259
say under his breath: つぶやく
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 76
say between breaths: あえぎあえぎ言う
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 87
hold one’s breath: 期待する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 79
hold one’s breath: 息を詰める
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 84
get one’s breath: ひと息入れる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 11
gasp for breath: 息をはずませる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 104
gasp for breath: 窒息しそうになる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 140
fight for breath: あえぐ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
fight for breath: 呼吸が困難になる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
draw one’s last breath: 死ぬ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 179
catch one’s breath: ぐっと黙る
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 145
catch one’s breath: 息をのむ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 448
breath quickly: 呼吸が荒い
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 394
breath mint: 臭い消しのミント
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
breath heavily: 呼吸を乱す
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 425
breath heavily: 息を荒げる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 154
breath heavily: 大きく息をあえがせる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 323
breath deeply: 胸いっぱいに吸いこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
between breaths: 息せききりながら
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 151
ask under one’s breath: つぶやく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 67
a breath of heat: 熱気
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
under one’s breath one whispers: (人は)無言でひとりごちる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
there is scarcely a breath of wind: そよとも風はない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 46
talk about sb with bated breath: 〜のこととなると話しぶりまでちがう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 128
take a deep breath then stop dead: ぎょっとして動きがとまる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 21
take a deep breath of air: 空気を吸いこんでみる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 104
take a deep breath: ごくん、とつばを飲む
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 27
take a deep breath: 大きく深呼吸する
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 83
take a deep breath: 大きく吐息をつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
take a breath of pure enjoyment: 喜びで胸を一杯にふくらます
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 217
swear under one’s breath: ひそめた声で悪態をつく
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 38
stop for a breath: ひと息つく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 191
snarl softly under one’s breath: しかし聞きとれないような低い声で唸る
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 198
shoot past sb like a breath: (人の)横を風のようにすり抜ける
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 396
say, all out of breath: 息を弾ませる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 304
say under one’s breath: 小声で答える
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 352
say under one’s breath: 声をひそめてひとりごちる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
say sb, breathing asthmatically: (人は)喉をぜいぜい鳴らしていう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 68
say cruelly under one’s breath: ひややかにつぶやく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 277
right in the same damn breath: その同じ口の下から
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 194
quite take sb’s breath away: (人は)度肝を抜かれる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 165
not a breath expels anywhere: 全員が息を押し殺して静まり返る
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 12
mutter under one’s breath: ひっそりとつぶやく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
let out one’s breath in a long, tortured sigh: (人は)苦しげなためいきを長々と吐く
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
let one’s breath out in a long, whistling sigh: 喉の奥をひゅうっと鳴らし、(人は)長い長い吐息をつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
it quite seems to take one’s breath away: いまにも息がとまりそうだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
in the same breath as ...: 〜と一緒くたに
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 250
in the same breath: 言葉を切らずに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 255
in the next breath: そう思う端から
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 294
hum ... under one’s breath: 〜の歌詞を口ずさむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
hot breath fills the air around sb: 人いきれで暑い
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 142
hold one’s breath to keep out the vile, stupefying fumes of the drug: いまわしい目のくらむような麻薬の煙をなるべく吸わないようにする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 164
have a sense of having wasted words and breath: 口をきいただけ損をした気がする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 56
grumble under one’s breath: ぼそっとぶつやく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
gasping and sobbing for breath: ぜいぜいはあはあと息を切らす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 307
gasp desperately for breath: 息も絶えだえに
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 19
enthrall the eye and take away the breath: 目をそばだてるに足る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 263
don’t waste your breath on sb: (人に)文句をいうな
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 214
curse under one’s breath: ひくい声でののしる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 77
catch one’s breath in a sob: 固唾をのみ、すすり泣く
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 133
breathe the deep, relaxed breath of sleep: 心地よさそうな寝息を立てる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 25
breath in rhythm with ...: 〜に呼吸を合わせる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 40
breath in devout relief: 心からほっとする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 112
breath heavily through one’s nose: ひくひくと鼻孔から息をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 33
breath a sigh of relief: ほうっと溜息をつく
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 23
be short of breath: 息を弾ませる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 209
be not even out of breath: けろっとしたものだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 273
apologize to sb and thank sb in the same breath: 詫びと礼を一緒に言う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
almost take an easy breath: 急に気が軽くなるのを感じる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 69
add in the same breath: 一息に言う
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 66
a puff of a breath: ふうっと息を吐く
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 31
a performance take one’s breath away: 胸のすくような勝利
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 56
a little out of breath: 少し息をはずませながら
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 17
be all out of breath: すっかり息を切らす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 262
bad breath: 臭い息
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 194
with bated breath: 息をつめる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 16
catch one’s breath: 荒い息遣いがしずまる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 20
catch enough breath: ようやく機嫌を直す
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 167
The old man's breath grew labored as he began to climb the creaking stairway: 老人はやがて、きしむ階段を息を弾ませながらのぼり出したが、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 128
I answered curtly in one breath: ぼくはひと息にぶっきら棒に言った
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 126
taking a deep breath: ふっと大きく息をする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 61
taking a few deep breath: 大きく息をつく
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 14
take a deep breath: 大きく息をする
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 160
exhale a long deep breath of air: 大きく息を吐く
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 96
she demanded, all in the same breath: 言葉を切らずにたずねた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 255
suck in a deep breath distasteful as this is: 厭わしい空気ではあるが、そこでひとつ深呼吸する
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 93
draw a long breath: ふかぶかと息をすいこむ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 151
draw a long breath: といきをつく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 275
draw one’s breath in an astonished gasp: 驚きのあまりはっと呼吸をのむ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 162
draw in one’s breath sharply: はっと息を呑む
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 255
each step take one’s breath away: 一歩登っては息をきらす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 222
be so short of breath one can faint: 息がきれて失神せんばかりになる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
finally take a deep breath and say: やっと深い息をついて、言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 573
one’s reputation hang around sb like bad breath: (人の)周りには、悪い評判がまるで臭い息のようにぷんぷん漂っている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 194
hold one’s breath in silence: 息をこらして黙っている
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 47
ツイート