× Q 翻訳訳語辞典
anywhere   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ことごとく
   
Import substitution did not work anywhere it was tried: しかし、「輸入代替」の試みはことごとく失敗に終わった サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 296
ところかまわず
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 124
どこにも
   
nobody around anywhere: どこにも人影がない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
どこまで行っても
   
anywhere in the world: 地球上をどこまで行っても 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 54

広い世界のどこに
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

island miles from anywhere: 孤島
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 308
will go everywhere and anywhere: どこにでも出没する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138
this jaw-wagging doesn’t seem to be leading anywhere: こんなたわごとをつづけていてもらちはあかない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 144
this isn’t getting us anywhere: これじゃラチがあかん
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 90
there are no children anywhere to be seen: 人っ子ひとり見えない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 86
the tears are running anywhere: 涙があふれ出る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
never go anywhere without sth: 出かけるときにはいつも持っていく
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 169
I think her anywhere between sixteen and thirty: 十六歳から三十歳までの間なら、いくつにでもとれる年かっこうだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 21
have never placed a bet anywhere else: どこへ出かけようがギャンブルとは無縁だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
don’t find sb anywhere: (人の)姿が見えない
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 98
could have been anywhere any time: 時間と場所にさほどの意味があるわけでもない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 12
can not locate sth anywhere: どこに隠し込んでしまったのか一向に見つからない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 72
before sb have a pot to piss in anywhere: (人が)、小便ひとつできる土地も持たなかったころに
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 22
be anywhere near ...: 〜の近くにいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
I always get those vomity kind of cabs if I go anywhere late at night: 夜おそくどっかへ行こうとすると、僕は、きまったように、こんなへどの臭いのする車にぶつかるんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
could have been anywhere any time: 時間と場所にさほどの意味があるさけでもない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 12
don’t walk anywhere if sb can possibly avoid it: どこへ行くときも、できるだけ歩くのを避けようとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
But there was no blood anywhere in the apartment: だがこのアパートメント内のどこにも血の跡はない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
not a breath expels anywhere: 全員が息を押し殺して静まり返る
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 12
That evening when I returned to the flat, I couldn't find Masu anywhere: その夕暮、アパートに帰るとマスの姿が見えません
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 98
things shouldn’t get around anywhere: 秘密が洩れないようにする
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 69
be never going to get anywhere: 立つ瀬がない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 121
don’t go anywhere without sb: どこへ行くのも(人と)いっしょだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
be in no position to go anywhere one likes: 自分の自由意志で何処へも行ける身体ではない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
go anywhere instantly: あっという間にどこへでも行く
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 73
anywhere along the line: 途中
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 19
Each could be located anywhere on the face of the globe: 地球上のどこに立地しても、条件はほとんど変わらない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 68
anywhere near sth: 〜界隈のどこを捜したって
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 6
roam anywhere: 勝手放題、好きなことをする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 231
don’t see sb anywhere: (人が)どこにも見当たらない
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 93
I saw it once myself, and there isn't more beautiful old festival anywhere: 私も一度拝見したが、あんな美しい古雅なお祭りはない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 21
there is no sense anywhere: 何もかも辻褄の合わないことばかりだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 297
there’s no sign of sb anywhere: (人を)さっぱり見かけない
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 65
Still not a soul about anywhere: あたりにはあいかわらず人気はなく、
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 192