× 翻訳訳語辞典
hit   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あおる
   
hit the vodka: ウォトカをあおる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
あたる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 107
おさまる
   
hit one’s glove: (人の)ミットにおさまる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
おそう
   
suddenly be hit by indescribable loneliness: 言いようのない寂しさにおそわれる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 87
およぶ
   
You're not going to get hit with the shit on this, either: この件で、おまえにゴタゴタがおよぶようなことはさせないからな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
きく
   
He'd only had three beers, but they had hit him hard: ビールを三本飲んだだけなのに、それがいやにきいてしまったのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
ぐさりと突き刺さる
   
the words hit sb: 言葉、(人に)ぐさりと突き刺さる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 134
こと
   
hard hit: とんだこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 291
ころがす
   
hit a two-hopper: ツーバウンドのゴロをころがす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
つく
   
hit the high spots: 痛いところをつく トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 37
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 182
つける
   
one’s head hit the pillow: 枕に頭をつける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
なぐる
   
hit sb: (人を)なぐる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
はじきとばす
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 301
はねる
   
be hit by a truck: トラックにはねられる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
ひっぱたく
   
hit sb: (人を)ひっぱたく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 170
ふっと記憶がよみがえる
   
hit one: ふっと記憶がよみがえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
ぶちまける
   
ぶっ叩く
   
hit everything within reach: 手当たり次第、なんでもかんでもぶっ叩く ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 89
ぶつ
   
be hit between the eyes with ...: 〜でおでこをごつんと一発ぶたれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 274
ぶつかる
   
hit up against ...: 〜にぶつかる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 12
hit the pole hard on sb’s left shoulder: 左肩から電柱にぶつかる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 76
hit the deck: 板ばりの床にぶつかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 364
ぶつける
   
hit oneself in the foot: 足にぶつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 133
hit one’s head hard on ...: 〜にしたたか頭をぶつける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 162
ぶんなぐる
   
feel like being hit with a board: 板きれでぶんなぐられたような感じだ バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 37
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
ぶん殴る
   
get a scar where sb hit me with a Coca-Cola bottle: コーラの瓶でぶん殴られた痕が残る カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 14
よぎる
   
another terrifying thought hit sb: べつの不安がよぎる フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 56

ゴロ
   
a sharp infield hit: 痛烈な内野ゴロ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 328
バットを振る
   
hit well: バットがよく振れている ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 360
ヒット
   
get the first hit off sb: (人)から最初にヒットを打つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 321
ピンとくる
   
it hit sb: ピンとくる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 382
ピンと来る
   
hit sb: ピンと来る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 26
ボールをとらえる
   
hit well: ものの見事にボールをとらえる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 443

  引きあてる
   
hit the cosmic jackpot: 宇宙的規模の大当たりを引きあてる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 166
押す
   
hit the buzzer: ブザーを押す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 91
殴りつける
   
hit sb in the face until sb beg one to stop: もう勘弁してくれと(人が)懇願するまでばしばしと顔を殴りつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
拡がる
   
a craze for collecting sb hit ...: 〜の蒐集熱が〜に拡がる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 78
寄る
   
hit ... for a quick one: (場所)に寄って軽く一杯ひっかけてくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
気づかせてくれる
   
hit on something that ...: 〜ことを気づかせてくれる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 290
迎える
   
hit a menopausal age in life: 人生の閉経期を迎える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
言いあてる
   
hit on a very vital truth: すばらしい真理を言いあてる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 120
効く
   
be hitting sb: 効きはじめている クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 420
荒らす
   
hit this building: このビルを荒らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 253
殺し
   
mob hit: マフィアの殺し クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
思いつき
   
just sort of hit one all of a sudden and one try it: ちょっとした思いつきでやる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 149
手を上げる
   
have never hit anyone in one’s life: 生まれてから一度もひとに手を上げたころはない フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 73
襲撃する
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 59
出る
   
hit the street: 街に出る ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 151
尋ねあてる
   
hit the pre-war caches of petrol and water: 戦前にガソリンや水をたくわえておいた場所を尋ねあてる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 164
閃く
   
instinct hits sb hard: 直感が閃く エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 267
打ちかかる
   
hit at sb with one’s open hand: 平手で(人に)打ちかかる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
打つ
   
so hard to hit: 打ち崩せない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
打撃
   
be hardest hit: 最も大きな打撃を受けている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
体を突く
   
be hit: 体を突かれる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 106
叩く
   
hit sth with ...: 〜(物を)叩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 221
hit sb oneself: この手で(人を)叩きのめす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
着く
   
hit ...: (場所)に着く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
直撃する
   
sail up and hit ...: ぐおーんと浮き上がって〜を直撃する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
One hit a pipe: 一球はパイプを直撃しました プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
hit square on its nose: 機首が地面を直撃する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
hit sb like a bolt: 稲妻のように(人を)直撃する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
当たり
   
hit or miss: 当たり外れ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 33
当たる
   
sth hits sb in the face: (物が)まともに(人の)顔に当たる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 343
到達する
   
hit that original goal: もともとのゴールに到達する ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 136
踏みつける
   
hit the gas: アクセルを踏みつける デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 38
踏む
   
hit the gas: アクセルを踏む デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 165
突いている
   
hit all the high points: 要点はのこらず突いている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 456
突く
   
hit the nail on the head: 核心を突く ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 262
突っかかる
   
don’t hit sb: (人に)突っかからないほうがいい ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 358
突入する
   
突如ひらめく
   
hit one: 突如ひらめく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
突如気づく
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 48
来る
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 127
落ちる
   
see sth hit the floor then roll under the stove: (物が)床に落ちてレンジの下まで転げていく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
落ち着く
   
hit a town: ある町に落ちつく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
落下する
   
hit the ground: 地上に落下する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
hit the ground: 地面に落下する アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 72
Tweet