× Q 翻訳訳語辞典
level   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あたり
   
to the level of ...: 〜のあたりまで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
ならす
   
level off a piece of rough ground: 凸凹の地面をならす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17

クラス
   
move sb up to the next level: つぎのクラスに上げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
レベル
   
lift one’s voice above its weary level: くたびれた声より一段レベルをあげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
at the sectoral level: 分野別レベルで ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10

血中濃度
   
continued elevated adrenaline levels: アドレナリンの血中濃度を高めたままにしておくと プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
向ける
   
level suspicious eyes on sth: 〜のほうへ不審の目を向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 101
高さ
   
raise one’s hands steadily until they are level with one’s chest: 掌をジリジリと胸の高さまでもちあげてみせる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 54
焼野原と化す
   
be leveled by bombs falling from the sky: 空襲に遭って焼野原と化す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 196
振り向ける
   
level the full iciness of one’s heart at sb: 冷たい心のありたけを〜に振り向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
level the full iciness of one’s heart at sb: 冷たい心のありたけを(人に)振り向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 139
真横まで
   
draw level: 真横までくる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 404
数値
   
show a very high level of adrenaline: アドレナリンの数値が非常に高い プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
対等な
   
level playing field: 対等な競争の場 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 87
馴らす
   
level off the cinders: 灰を掻き馴らす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 50
平静
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137
平静な
   
level expression: 平静な表情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
落ち着き払った
   
speak in a level voice: 落ち着き払った声でいう デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 64
率直
   
level sincere: いかにも率直で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
率直に
   
level with sb: (ひとに)率直にいう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 178
冷静な
   
labor to control oneself under sb’s level state: (人の)冷静な視線をあびて、かろうじて自分を抑えている アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 43

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

on the level: うそじゃない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 153
on the level: ほんとに
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 106
on one level: どこかに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 62
on one level: 見方によって
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 45
level with: 直線隊形になって
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 465
level out: 水平姿勢に移る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 448
level out: 水平飛行に移る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
level off: 水平飛行に転じる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 387
level ground: 平地
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 186
level a gun: 鉄砲をつきつける
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 298
high-level negotiations: 高官同士の交渉
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 39
draw level with sb: 横に並ぶ
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 21
at the level of ...: 〜ほどの
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 41
at every level: どう考えても
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
a level monotone: 抑揚のない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 50
walk down from street level into ...: 通りから階段をおりて〜に入っていく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
to increase our level of intimacy: お近づきのしるしに
tiered levels of the pits: 階段状のピット
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
their eyes were on a level: 両者の目線は一直線である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 313
the Ground is extremely smooth and level: 地面は非常に平滑である
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 45
show no sign of leveling off: 成長ぶりがまた凄まじい
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 178
on some level one recognize that ...: 頭のどこかで〜と薄々わかっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 277
on some dim level: 漠然とながら
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 153
on some deep level: どこか深い部分で
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
on one level sb’s life probably seems to go in good place: (人の)人生は、外目には、けっこう順調にいっているように見えるかもしれない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 547
move faster at low level than anything ever made: かつてどんな機も飛んだことのない低空を増速疾駆する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
level a finger at sb: 人指し指をまっすぐ突きつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
keep one’s chin level: 顎をぐっと引く
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 44
I want it level: 隠しごとはだめだぞ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 53
give sb a level look of real sadness: 心からの悲しみを見せて(人を)みつめている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 332
explain, one’s tone carefully level: あくまでも無表情に説明する
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 78
do one’s level best to do: できるかぎり〜する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 35
could level with the kid: あの娘をまともな人間にしてもらいたものだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 47
continue to remain level: いつまでも平坦なのだ
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 10
be on the level: まじめである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 445
be cautious of pointed leaves at eye level: 尖った葉に目を突かれぬように用心しいしい
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 76
be built below the street level: 地下につくってある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
at about the level of ...: 〜にもおさおさ劣らない〜だ
at AA feet above ground level: 地上AAフィートで
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
at a new level of intensity: ひときわ高く
an intern working at the lower levels: 下積みの研究員
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 32
advance above the level of ...: 〜以上の職につく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
adjust to the new adrenaline level: 血管に流れるアドレナリンに体が馴れる
a modest enough level of composure: ささやかな余裕
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 224
achieve one’s own entry-level position in sensitive posts: 国家機密に関わるところで下級職につく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
have finally achieved a modest enough level of composure in sb’s marriage that ...: 〜夫婦にもやっと〜のささやかな余裕ができた
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 224
at sea level: 海面すれすれに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
high-level attention: お偉方のご来訪
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
cadre of middle- and upper-level managers: 管理職
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 221
clearance level: 閲覧可能な地位
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 198
sth and the rain combines to a deafening level: (物と)雨音とのコーラスですごくうるさい
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 60
interest sb on some more or less debased level: (人に)何がしかの劣情をもよおさせる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 131
From deck level the seas now were more than impressive: 甲板の高さから見る波は、ものすごいなどというものではなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 127
labor to control oneself under sb’s level stare: (人の)冷静な視線をあびて、かろうじて自分を抑えている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 43
At Grayson's level it can't even be adequately explained to a layman: これだけレベルが高いと、一般の人にきちんと説明するのは至難の業です
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 278
each level the length of one city block: それぞれの階が町の一ブロックほどの大きさがある
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 38
the lowest level switch: 末端レベルのスイッチ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 273
on a more prosaic level: いささか平凡ながら
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 36
notch up one A-level: A級試験にパスする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 15
rather level black eyebrows: ほとんどまっすぐな黒い眉
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 294
slip from level to level: 高く低く自在に翔ける
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 10
split-level:中二階
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 31
split-level home: 吹き抜けのある家
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 311
He crouched, level to the table, displaying an Asian suppleness: 彼はテーブルとおなじ高さにしゃがんで、アジア人風恭順をしめした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 68executive
Tweet