× Q 翻訳訳語辞典
sign   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あらわれ
   
take sb’s graciousness as a sign that ...: 〜(人の)寛大さを〜のあらわれと見る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
take ... as a sign of sb’s good intentions: 〜を(人の)誠意のあらわれととる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 64
a sign that one believed one could do: 〜する自信のあらわれ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
a sign of concern: 心労のあらわれ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 42
いい加減
   
show signs of wear: もういい加減ガタが来ている 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 13
かけら
   
signs of human tenderness: 人間味のかけら ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 329
きざし
   
doubtless it is a sign a desire to rebel against or challenge something: なにかに対する反抗か挑戦のきざしなのだろう 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 92
けしき
   
signs of doing: 〜するけしき 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 7
show not the slightest sing of doing: なかなか〜するけしきもない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 182
けはい
   
without the slightest sign of ...: 一向〜のけはいもない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 98
しぐさ
   
a sign of intense pleasure: 異常な喜びの余りのしぐさ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 76
しるし
   
some minute sign of hesitation: わずかなためらいのしるし トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
signs of life: 生きているしるし トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
そぶり
   
sign of eagerness: 急いたそぶり ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 109
give no sign that ...: 〜したそぶりを見せない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 587
とる
   
take sth as a sign of ...: 〜を〜のあらわれととる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 42
らしく
   
misconstrue sb’s preoccupation as a sign of illness: (人が)外観からは実際気分の好くない病人らしく見える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 246

サイン
   
signed photos: サイン入り写真 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
never caught the sign: サインなど見たためしのない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
give sb a thumbs-up sign: 親指を立てて祝福のサインを送ってよこす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 113
a giant neon sign with letters of screaming scarlet: けばけばしい緋文字のネオンサイン スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
サインする
   
sign a release: 権利放棄書にサインする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
サイン入り
   
It wasn't just signed; it was signed to Brian: これはただのサイン入りカードではないのだ。これはブライアンにあててサインされたカードなのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
プレート
   
The sign there, of course, read OPEN: ドアにはプレートがかかっていた。そのプレートに「営業中」の三文字が書かれていたことはいうまでもない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
offensive sign: けしからんプレート アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 188
ポスター
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 165

暗示
   
be not one to put faith in signs and superstitions: 何の暗示も迷信も信じない女だ 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 122
案内板
   
a sign point to ...: 〜の案内板がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
看板
   
garish signs sporting mention of ...: 〜を宣伝するけばけばしい看板 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 207
a sign that announces the obvious: 自明の理ともいえる文句を書きつけた看板 オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 137
a long rectangular yellow-metal street sign: 通りの名前を書いた長方形の黄色い金属の看板 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
気色
   
show absolutely no sign of wanting to do: 〜しようとする気色を決して見せない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 233
気配
   
with no sign of ...: 〜の気配もないまま メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 43
there is no sign of ...: 〜の気配はどこにもない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 260
sing of hostilities: 攻撃の気配 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 90
sign of life: 人の気配 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 190
show no signs of rebellion: 反逆の気配を毛筋もみせない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
show no sign of illness: なかなか病気になる気配はない 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 9
show no sign of doing: 〜する気配を見せない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 247
search for tell-tale signs of watchers: それとわかる張り込みの気配はないかとさぐる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 27
repress all other signs of agitation: ほかに心の動揺らしい気配は、いっさい押えて見せない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 239
give troubling signs: 困ったことに、〜しそうな気配を見せている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
be showing signs of real stability: ようやく安定の気配が現われだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 344
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 202
傾向
   
a promising sign: いい傾向 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 209
契約金を提示する
   
sign sb for very little: (人に)雀の涙ほどの契約金を提示する ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 135
   
the CLOSED sign: 準備中の札 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
姿
   
be no sign of sb: (人の)姿はない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 412
手真似で伝える
   
書く
   
sign a recommendation: 推薦状を書く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 275
証拠
   
sure sign of slipshod housekeeping: 家事をちゃんとしていない証拠 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
sure sign: 何よりの証拠 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 18
be hardly the sign of ...: 〜の証拠になるわけがない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
a sure sign of ..: 〜しているときの証拠 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
情報
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 133
   
show unmistakable signs of playing out: はっきりと疲労の色を見せる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 34
one’s face showing signs of fatigue: 疲労の色のこい顔 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 21
振り出す
   
the checks have been signed by sb: 小切手は(人が)振り出したもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
身ぶり
   
give wild signs: おおげさな身ぶりをしてみせる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 390
   
show signs of abuse: 暴力の跡がある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 214
no sign of tears on one’s face: 涙の跡はない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 28
跡形
   
there is no sign of ...: 〜は跡形もなく消えている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
先触れ
   
There were signs he said: 春の先触れはないでもない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 32
前触れ
   
In retrospect, that had been the first sign: あとから考えれば、これが最初の前触れだった 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
兆し
   
the country’s economy was showing signs of recovery: 復興の兆しはみせていた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
兆候
   
warning signs: 危険の兆候 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 27
somehow, despite all these signs one managed to do: さまざまな不吉な兆候を抱えながらも〜することができた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
徴候
   
an encouraging sign: いい徴候 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 308
a nasty sign: あまりいい徴候でない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 352
貼り紙
   
sign announcing that ...: 〜という貼り紙 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 171
如く
   
take ... as a sign of sb’s self-confidence: 〜が一種の自信の如く映る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 209
反映
   
be another sign of the startling interest in early automatons: これもまたかつてのからくり人形に対する驚くほどの関心の高まりの反映である ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 79
表の札
   
'You forgot to turn your sign over, buddy,' Hugh heard himself say: 「あんた、表の札を裏返しにするの、忘れてるよ」ヒューは、われ知らずそんな言葉を口にしていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
表現
   
with suitable signs of appreciation: しかるべき好意の表現とともに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 74
表情
   
there are no obvious signs of discomfort among people: 人々にそんな苦悶の表情は認められない メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 76
予測させる要素
   
sign of collapse: 崩壊を予測させる要素 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 24
様子
   
show all the signs of doing: 〜という様子をかくさない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
様相
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
立て札
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 85

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sign the lease: 賃借契約をすます
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 276
sign sb off: 命を売り渡すサインをする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 179
sign out sth: 支給してもらう
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 91
positive signs of reconstruction: 復興の緒
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 263
give no sign: そぶりは見せない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 160
give no sign: なんの反応もしめさない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 287
bear the sign: 札を掲げる
a good sign: 幸先がいい
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 197
without the least sign of realizing what is really happening: これが本当はどういうことか一向にわかっていない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 86
without sign of hearing: そんな言葉は耳にもいれず
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 163
without any sign of recognition: よくわかっていない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
without any sign of recognition: 知らん顔をして
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 373
without any particular sign of indigestion: さして消化不良を起こすこともなく
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 86
with no sign of concern: 何の懸念も見せずに
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 46
with no sign of any survivors: 人影は見えず
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 241
with all the signs of ...: いかにも〜という感じの
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 234
this is a very bad sign: これは悪い雲ゆきだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 111
these signs of sb’s activity: こうした活躍ぶり
there was no sign of sb: (人の)姿は見えなかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 223
there is not the slightest sign of suspicion in sb’s eyes: (人が)少しも疑い深い眼を向けない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
there is no sign that ...: 〜した痕跡がまったく目につかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 53
there is no sign of sb: (人の)影もない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 429
there is no sign of sb: (人の)姿がまったく見当たらない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 234
there is no sign of sb: 影もかたちもない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 172
there is no sign of sb: 影も形もない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 112
there is no sign of life: 人がいるような気配は感じられない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 400
there is no sign of him: あいつ、どこへ消えたのかもうゐない、いくら見まはしても
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 163
there is no sign of ...: 〜の姿は見えない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 21
there is no sign of ...: 〜は影も形もない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 212
there is no sign of ...: 〜らしいものは見えない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 112
there is no noticeable sign of illness: 病的な頽廃は目立たない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 127
there are no signs that ...: 〜とは認められない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 168
there are few signs of people: 人影がすくない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 169
there’s no sign of sb anywhere: (人を)さっぱり見かけない
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 65
the garish signs flogging bargains: にぎにぎしいバーゲン広告
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
the flowers show signs of wilting: 花が萎れる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 168
the first sign of ... comes within moments of sb’s arriving back home: (人が)帰宅してすぐに〜がわかる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 386
take this as a good sign: 幸先がいいぞと感じる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 155
signs of unintentional irreverence: うっかり礼を欠くところ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
sign up to be ...: 〜に志願する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
sign sb a cheque: 祝儀をはずむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
sign out for nine-thirty: 外出時間を九時半までとる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 56
sign it all away behind sb’s back: (人の)知らぬまになにもかも譲り渡す
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 50
show signs of irritation: (人の)癇が高じてくる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 264
show signs of ...: 〜ようになっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 294
show not a sign of even vague offense: 立腹のかけらすらあらわれていない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
show no signs of leaving: 腰を上げない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
show no sign of leveling off: 成長ぶりがまた凄まじい
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 178
see no sign of sb: (人の)姿は見えない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
say with signs of angry apprehension: カッとなりながらも、幾分心配そうに言う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 287
resign from one’s post as a sign of responsibility: 責任をとって職を辞する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 59
outward signs of derision: 露骨な嘲笑
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
notice the first sign of boredom appearing on the face of sb: (人の)顔にわずかでもあきあきした色がながれるのを見る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 66
not a good sign: こりゃ見込みなしだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 122
no sign of sb: 影も形もない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 235
make the sign of the cross: 十字を切る
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 33
make sign of the cross: 胸に十字を切る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 405
make no sign of recognition: 相手に気づかぬふりをする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 218
give no sign that ...: まるで〜の様子をしめさない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 320
give no sign of having doing: 〜したそぶりも見せない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 346
give no sign of caring: (人は)どこ吹く風だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 138
get signed into ...: 〜と契約を結ぶ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
for someone of such fame to sign: ファンにサインを求められるような有名人にしては
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 168
do with no sign of strain whatsoever: 〜して息も切れなければ、目暈も感じない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
do not show any signs of enthusiasm: 気乗薄の体である
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 27
do not show any signs of ...: 〜の気づかいはない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 181
being given an exam in a course one have not signed: 選択していなかった科目の試験を受けさせられている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
be signed onto the floor for fifteen minutes: 十五分だけ立会場に入ることを許可される
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 277
be no sign of sb: なかなか現れない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 253
be no sign of anyone on the street: 路上には人っ子一人見当らない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 203
be no sign of anyone else being there: 人影がない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 317
be like a painted sign: 絵に描いたようにあらわれている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
any sign of belligerence: ちょっとでも喧嘩腰になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
a sign of absorption: 熱中している証拠
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 155
one’s skin is touched with the sign of aging: 肌の衰えがある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 397
display no sign of agitation: 取りみだしもせず
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 226
wear the peace-sign around one’s neck: ピース・マークのネックレスをつけている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
the faulty beer sign with its neon blinking: 故障したネオンがまたたいているビールの広告
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 322
sign the card for eight hours: 八時間分の就業カードにサインする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
so as to reveal no sign of one’s own chagrin: おのれの苦々しさをけどられないように
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 57
co-sign for ...: 〜の保証人なる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
exchange views with sb by means of a complicated sort of sign language that seems to involve the use of every joint in one’s body.: (人と)手ぶり足ぶりチャンポンな言葉で応酬する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 165
consider sth a sign of fair weather and favorable winds: 〜にとっては〜は晴天と順風の印になっている
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 87
crush the first sign of liberalism: 自由主義を萌芽のうちに摘みとる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 208
a sign that the dawn is near: 昧爽の遠くないしるし
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 91
Anne swept by disdainfully, without look or sign of hearing: アンは見さげはてたというように、ふり向きもせずそんな言葉は耳にもいれず、さっそうと通りすぎてしまった
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 163
be the absolutely positive sign of enormous virility: 生殖力が旺盛なしるしだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 176
experimentally sb make the sign of the Cross: 試みに手で十字架の形をこしらえる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 54
show a fleeting sign of pain: 苦痛の色が走る
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 19
They showed no sign of going: 二人は立ち去る気配を見せなかった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 247
hopeful sign: 希望のもてる徴候
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
tend to keep a close look-out for the slightest sign of ...: どんな形でもいいから〜が見たくてたまらない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 13
make a kind of sign to sb: 何やら(人に)合図を送る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 251
There was no sign of life: 生き物の気配はどこにもない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 260
be no sign of life in sb: (人が)こときれている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 195
Maybe you want to sign me a cheque?: さあどうだ、おれに祝儀をはずむ気はないか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
modern sign: 気のきいた看板
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 47
ツイート